【A70スープラ】t-getA70 04style MIYABI

この記事は3分で読めます

【A70スープラ】t-getA70 04style MIYABI

あわせて読みたい記事:【スカイラインジャパン】RB30トップシークレット仕様スペック

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン】2020東京国際カスタムカーコンテスト受賞車

あわせて読みたい記事:【リバティウォーク】 R34スーパーシルエット東京オートサロン

2020年の東京オートサロンで「t-get」社のブースで注目されていたカスタムマシンが、「A70 04styleーMIYABIー」のモデル名が付けられている「トヨタ:スープラ(JZA70型)」。開発コンセプトは「速く、そして美しく」をコンセプトに仕上げられたマシン。「A70系スープラ」を選んだきっかけは映画「ワイルドスピード」の影響ということです。最初はドレスアップからスタートし、その後ドラッグレースでのタイムアップのためのチューニングを加えて、17年間かけて理想のマシンを追求しカスタマイズされています。


「エクステリアデザイン:NSX純正カラー」

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

エクステリアでのカスタマイズは、ヘッドライトがホンダNSXのリトラクタブルシステムを移植してシャープなフロントフェイスにカスタマイズ。ボディカラーも同じくNSX純正のライムグリーンメタリックでオールペン。エアロパーツはS2製リップにボメックス製のカナード、タカセスタウト製ボンネットという組み合わせ。

サイドステップはS2製で、シザーズドア化で圧倒的な迫力を獲得している。リヤセクションはフルリニューアル。ボトム部はドゥーラック製のバンパーをベースに、アブフラッグ製ディフューザーを追加。ドラッグウイングは純正ラインを生かすように鉄板でワンオフ製作。レクサスLFーAをイメージしたというセンター3本出しのマフラーもワンオフ品。

4連LEDランプを埋め込んだコンビネーションランプ。装着しているホイール&タイヤは展示用の仕様で、フロントがストリート走行用のKrenze LXZ(9.5J×20)に235サイズのニットー、リヤがドラッグ用のWELD(15×8)に27×11.5サイズのフージャードラッグスリックとなっていた。


「パワーユニット:2JZ改」

このマシンは、2015年の東京オートサロンに出展経験があるということですが、当時からさらにレベルアップを果たしている。もっとも大きな変更が、オーバーホールを兼ねて昨年実施されたハイレベルなエンジンチューニング。

3.0Lの「2JZ型エンジン」はHKSピストンと東名コンロッドを組み込んで強化されています。ヘッドにはHKSハイカムが組まれている。組み合わされるタービンはGCGのギャレットGTX2871Rツインで、大容量サージタンクや85φビッグスロットルなど補機類もグレードアップ。そこのNOSシステムも追加して、最高出力850psを絞り出している。


「インテリア:A80スープラ仕様」

ダッシュボードはA80系スープラのものを加工してインストール。

オプティトロン化したTRDの320km/hスケールメーターと、6連装のデフィ製追加メーターが独自のコクピット感を演出している。ステアリングはモモレース320φ、シートはレカロSR-7をチョイスしている。


「A70型:スープラt-get仕様」:スペック

  • ■Powertrain: 2JZ-GTE(3067cc) パワー:850ps/6500rpm トルク:90kgm/5000rpm ■エンジン:GT2871Rツイン/鍛造ピストン/H断面コンロッド/カムIN264EX264/ハイパワーイグニッションシステム/サージKIT/Φ85スロットル/1000ccインジェクター/NOS KIT ■マフラー:ワンオフ センタートリプル ■エキマニ:来夢コレクション ワンオフ  ■ミッション:JZA80 GETRAG V160 ■クラッチ:OS R3C ■デフ:JZA80 3.266 / CUSCO LSD typeRS
  • ■Exterior: ■エアロキット:S2 04style■ボディカラー:NSX/S2000 ライムグリーンメタリック■その他外装:NSXリトラ移植/ワンオフドラッグウイング&4連テールガーニッシュ/IPF丸形LEDテール
  • ■Interior: ■シート:RECARO SR-7 LASSIC2 GN/BK■ステアリング:MOMO RACE Φ320■メーター:TRD320Km(ゼフィール工房オプティトロン化)/Defi Link ADVANCE BF■オーディオ:carrozzeria TS-C07A■カーナビ:carrozzeria AVIC-VH0009■その他
  • 内装:JZA80 ダッシュボード移植/サイトウロールケージ
  • ■Footwork: ■サスペンションキット:HKS HYPER MAXⅡ■ブレーキ:DIXCEL/HURSTラインロック ■ホイール:Kranze LXZ/WELD Vitesse(F 20×9.5/18×8,R 20×10.5/15×8)  ■タイヤ:NITTO/Hoosier(F 235/225 R 275/27×11.5)
  • ■最高速:300km/h
  • ■ドラッグレース:11.5秒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。