【インプレッサWRC】コリン・マクレーのワークスカーのスペック

この記事は2分で読めます

【インプレッサWRC】コリン・マクレーのワークスカーのスペック

あわせて読みたい記事:【トヨタ・222D】幻のMR2ラリー仕様は生産2台・スペックは

あわせて読みたい記事:【スタリオン4WDラリー】市販されなかった幻のスペシャルマシン

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ハコスカGT-Rレーシングのスペック・価値

世界中の希少車・名車が集まる海外の自動車オークション「シルバーストーン・オークション」に、「スバル・インプレッサ」が出品されます。もちろんただのインプレッサではありません。WRC(世界ラリー選手権)に出場した本物のラリーカー、ワークスマシンとなる「スバル・インプレッサWRカー」です。


「スバル・インプレッサWRカー」:ヒストリー

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 映画に登場のインプレッサWRXが競売に

この「スバル・インプレッサWRカー」のヒストリーは、2007年のWRCで「ペター・ソルベルグ(2003年チャンピオン)」が乗ったマシンとなっています。スバルは2008年までWRCに参戦していましたが、最後の年は5ドアハッチバックの新型に移行したため、通称:鷹目世代と呼ばれる「スバル・インプレッサWRカー」としてのラリーマシンであり、WRC参戦末期のポテンシャルとしては熟成された1台です。戦績としては6戦にわたって使用され、ポルトガルでは2位、ギリシャでは3位に入賞しました。

引退後のストーリーも濃いクルマで、2007年に「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」というイベントで走った際には、伝説のラリードライバー、故「コリン・マクレー」がハンドルを握りました。結果、この年の9月に事故で亡くなった故「コリン・マクレー」が、最後にその走りを披露した1台となりました。


「スバル・インプレッサWRカー」:スペック

あわせて読みたい記事:【WRCで活躍した国産4WDベースモデル】スペックと現在の価格

全長4425×全幅1800×全高1390mm、ホイールベース2545mm、車重1230kg。エンジンは排気量1944cc、水平対向4気筒DOHCインタークーラーターボ「EJ20」。最高出力は261kW(355ps)/5500rpm、最大トルクは588.4N・m(60.0kg-m)/4000rpm。トランスミッションは6速MT、駆動方式はフルタイム4WD。


「スバル・インプレッサWRカー」:価格

あわせて読みたい記事:【インプレッサ 22B STi】伝説の限定マシンのスペックとは

インテリアももちろんWRC世界ラリー選手権に参戦した仕様のままであり、手が入っていないところがないであろうスパルタンであり、なおかつフルロールケージで安全性も確保された「スバル・インプレッサWRカー」。このクルマは歴史に残るコレクターズカーですが、「本来の目的のためにまだ使える」コンディションだそうです。

これだけのヒストリーとファクトリー製作の本物の「スバル・インプレッサWRカー」でありながら、オークションでの落札価格は2500万円~3000万円と予想されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。