【佐久間哲】湘南爆走族に登場する愛車ヤマハXJ400瀬島渉仕様

この記事は4分で読めます

【佐久間哲】湘南爆走族に登場する愛車ヤマハXJ400瀬島渉仕様

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

現在でもファンの多い暴走族マンガ「湘南爆走族」。というものの抗争シーンよりも友情メインとしたギャグマンガ。しかし、このマンガでバイクに興味をもったファンも多い。それぞれ登場するバイクは名車ばかりで改造も個性豊か。現在では、登場仕様や「湘南爆走族」のレプリカ仕様も多く存在。そんな「湘南爆走族」に登場するバイクに注目です。


「湘南爆走族」:概要

あわせて読みたい記事:【寛一郎】 湘南純愛組!の愛車カワサキ・ゼファー400鬼爆仕様

神奈川県の湘南海岸を舞台とし、2代目リーダーの「江口洋助」をはじめとする暴走族「湘南爆走族」メンバー5人と、地獄の軍団など他の暴走族などの登場人物やグループを中心に友情や恋愛などを描いた漫画です。ギャグの割合が多いものの、喧嘩やバイクバトルなどの描写、グループ間の抗争などシリアスなストーリーもあります。連載ではギャグメインで一話毎に単発で完結するのが基本ですが、江口と権田のタイマン勝負、ボクシングに打ち込む権田のエピソード、族同士の抗争編など、シリアスな展開の数話に渡る長編もある。

1982年3月、『少年KING』3号で読み切りとして登場。その後、同年12月、正式に連載が開始。単行本は全16巻、別巻全1巻。1987年に江口洋介主演で、実写映画化され、それに平行してOVAも12作製作されており、主題歌は元横浜銀蝿の翔、HOUND DOG、LOUDNESS、Mr.Children、杉山清貴、実写で主演した「江口洋介」などが歌っている。エンディング曲は「田中律子」も参加。


「実写版/湘南爆走族」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

神奈川県茅ケ崎にある波打際高校。放課後の手芸部部室に、女生徒たちとフランス刺繍に励む紫色のリーゼント頭の江口洋助の姿があった。彼は手芸部部長としてのやさしい顔と湘南暴走族のリーダーとしての超つよい顔の二つの面も持っていた。間もなく仲間の呼び出しに単車の待つ校庭へ出向く江口。数分後、湘南の潮風の中、江口、親衛隊長の晃、丸川、桜井、旗持ち原沢の略して“湘爆”こと、湘南爆走族はマシンをぶっ飛ばしていた。途中、路上で隊員勧誘のためのプロモーションビデオの撮影に大忙しの宿命のライバル“地獄の軍団”にガンくれて、彼らはラーメンショップじぇんとる麺をめざす。そこのマスター茂岡は、湘爆の初代親衛隊長である。金欠で一杯のラーメンをとりあう湘爆のメンバーたち。その頃、横浜をおさえた荒くれ集団“横浜御伽”は湘南進出をもくらみ、他グループの席巻を開始した。まずは湘南を爆走中遭遇した地獄の軍団を叩きのめし、リーダーの権田を病院送りに。また、晃は恋人民子とデート中、民子にチョッカイを出した彼女の中学の先輩だという横浜御伽の神林と乱闘になる。一方、横浜へ銀色の刺繍糸を買いに出た江口と副部長津山の前にも御伽の面々が現われ、喧嘩を売って来た。とうとう御伽から挑戦状が叩きつけられた。それを受けた晃はひとりで決着をつけると長者ヶ崎へ向かう。御伽のリーダー城崎の妹・奈美は前々から江口に憧れていて決闘をやめさせようと波打際高校を訪れた。長老ヶ崎へと単車を走らせる湘爆たち。それを病院の窓から見つけた権田も抜け出し、地獄の軍団も向かった。闘いの結果、江口と城崎のきもだめしで結着をつけることになり、江口の勇気に城崎は負けた。


「瀬島 渉」

あわせて読みたい記事:【翔】湘南爆走族に登場する愛車のヤマハRZ350地獄の軍団仕様

アニメ:声 – 大塚芳忠 実写版 – 佐久間哲

地獄の軍団・副総長。常に「呪」と書かれたマスクをかけている。園都成高校の生徒では無いが、常に園都成高に来ていて権田の身の回りの世話をしている。総長の権田がワンマンであるため、理不尽な命令が多く苦労が絶えない。愛車はヤマハの空冷4発の名車「ヤマハ・XJ400」。


「佐久間 哲さんのプロフィール」

  • 名前:佐久間 哲 さくま てつ
  • 本名:佐久間 哲(さくま さとる)
  • 生年月日:1967年9月7日
  • 出生地:日本・千葉県野田市
  • 身長:175cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:俳優
  • 事務所:アクトレインクラブ
  • 経歴:千葉県野田市出身。姉が居る。神田外語学院中退。本格デビュー作は1987年の映画『湘南爆走族』。かつては砂岡事務所にも所属していた。趣味は映画鑑賞。好きなスポーツは陸上競技、野球。

「瀬島 渉の愛車ヤマハXJ400地獄の軍団仕様」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】中村雛子の愛車ヤマハXJ400改小悪魔仕様

「湘南爆走族」に登場する「瀬島 渉」の愛車は、「ヤマハ・XJ400」。ボディカラーはブラック。ビキニカウルを装着し「地獄の軍団」ステッカーが貼り付けられています。


「ヤマハ・XJ400/XJ400D」:概要

あわせて読みたい記事:【江口洋介】湘南爆走族に登場する愛車のスズキGS400湘爆仕様

「ヤマハ・XJ(エックスジェイ)400」は、エックスジェイという表記を捩ってペケジェーと呼ぶ人もいる中型自動二輪。1980年6月にデビュー。400ccクラスのツインカム4気筒モデルとして先陣を切った1979年4月発売の「カワサキ・Z400FX」のライバル車としてヤマハとしては初となる400ccDOHC4気筒モデルです。搭載された空冷DOHC2バルブ4気筒エンジンには、SUキャブと4-1-2方式の集合マフラーを採用し、45馬力。当時から今日に受け継がれるヤマハの「軽量・スリム・コンパクト」という設計思想に基づいて、セルモーターやジェネレーターがシリンダーブロックの背後に配置されており、エンジンは並列2気筒なみのコンパクトサイズを実現。また、足つき性は良く、サスペンションのセッティングはややソフトながら、相応の安定性を発揮していた。XJ400はスタイルと操縦性にバランスが取れたヤマハらしい洗練されたスタイリング。

その後、「XJ400D 」が1981年6月発売。ポイントは、左右2本の4本出しマフラー(正確には4-2-4方式)とマフラー後端のクリフカット形状となっています。乾燥重量は180kg。YICSを装備し、XJ400(I型)よりも中速域の出力特性と燃費が向上。またフロントのディスクローターは穴開きとなりエンジンはブラックアウト、ミラーが角型、セミエア・タイプのフロントフォーク、リアアジャスタブルダンパを装備しています。


「ヤマハ・XJ400D」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2060/760/1130mm [2145/830/1135mm] {2100/725/1235mm}
  • シート高:785mm[760mm]{785mm}
  • 車軸距離:1405mm [1420mm] {1420mm}
  • 車体重量 :180kg(乾) {179kg(乾)}
  • 燃料消費率:52.0km/L [54.0km/L] ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:16.0L [13.0L] {19.0L}
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
  • 総排気量:398cc
  • 最高出力:45ps/10000rpm [42ps/10000rpm] {55ps/11500rpm}
  • 最高トルク:3.5kg-m/8000rpm [3.4kg-m/8000rpm] {3.5kg-m/10000rpm}
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前3.00S19-4PR 後110/90-18(61S) [前3.25S-19-4PR 後130/90-16(67S)] {前90/90-18(51H) 後110/90-18(61H) }
  • バッテリー:FB12A-A
  • プラグ:※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 D8EA/D7EAまたはX24ES-U{D8EA}
  • オイル容量:全容量2.9L 交換時2.2L フィルター交換時2.5L
  • スプロケ:前16|後45 {前16|後46}
  • チェーン サイズ:530|リンク104{サイズ520|リンク106}
  • 車体価格:452,000円(税別)[465,000円(税別)] {538,000円(税別)}
  • ※スペックはXJ400D
  • ※[]内はXJ400SPECIAL
  • ※{}内はXJ400ZS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。