【湘南爆走族】実写版に登場する人物と劇中旧車車種のスペック一覧

この記事は6分で読めます

【湘南爆走族】実写版に登場する人物と劇中旧車車種のスペック一覧

あわせて読みたい記事:【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

現在でもファンの多い暴走族マンガ「湘南爆走族」。というものの抗争シーンよりも友情メインとしたギャグマンガ。しかし、このマンガでバイクに興味をもったファンも多い。それぞれ登場するバイクは名車ばかりで改造も個性豊か。現在では、登場仕様や「湘南爆走族」のレプリカ仕様も多く存在。そんな「湘南爆走族」に登場する旧車のバイクや車に注目です。


「湘南爆走族」:概要

あわせて読みたい記事:【シャコタンブギ】登場車種の1980年代仕様カスタムを振り返る

神奈川県の湘南海岸を舞台とし、2代目リーダーの「江口洋助」をはじめとする暴走族「湘南爆走族」メンバー5人と、地獄の軍団など他の暴走族などの登場人物やグループを中心に友情や恋愛などを描いた漫画です。ギャグの割合が多いものの、喧嘩やバイクバトルなどの描写、グループ間の抗争などシリアスなストーリーもあります。連載ではギャグメインで一話毎に単発で完結するのが基本ですが、江口と権田のタイマン勝負、ボクシングに打ち込む権田のエピソード、族同士の抗争編など、シリアスな展開の数話に渡る長編もある。

1982年3月、『少年KING』3号で読み切りとして登場。その後、同年12月、正式に連載が開始。単行本は全16巻、別巻全1巻。1987年に江口洋介主演で、実写映画化され、それに平行してOVAも12作製作されており、主題歌は元横浜銀蝿の翔、HOUND DOG、LOUDNESS、Mr.Children、杉山清貴、実写で主演した「江口洋介」などが歌っている。エンディング曲は「田中律子」も参加。


「実写版/湘南爆走族」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

神奈川県茅ケ崎にある波打際高校。放課後の手芸部部室に、女生徒たちとフランス刺繍に励む紫色のリーゼント頭の江口洋助の姿があった。彼は手芸部部長としてのやさしい顔と湘南暴走族のリーダーとしての超つよい顔の二つの面も持っていた。間もなく仲間の呼び出しに単車の待つ校庭へ出向く江口。数分後、湘南の潮風の中、江口、親衛隊長の晃、丸川、桜井、旗持ち原沢の略して“湘爆”こと、湘南爆走族はマシンをぶっ飛ばしていた。途中、路上で隊員勧誘のためのプロモーションビデオの撮影に大忙しの宿命のライバル“地獄の軍団”にガンくれて、彼らはラーメンショップじぇんとる麺をめざす。そこのマスター茂岡は、湘爆の初代親衛隊長である。金欠で一杯のラーメンをとりあう湘爆のメンバーたち。その頃、横浜をおさえた荒くれ集団“横浜御伽”は湘南進出をもくらみ、他グループの席巻を開始した。まずは湘南を爆走中遭遇した地獄の軍団を叩きのめし、リーダーの権田を病院送りに。また、晃は恋人民子とデート中、民子にチョッカイを出した彼女の中学の先輩だという横浜御伽の神林と乱闘になる。一方、横浜へ銀色の刺繍糸を買いに出た江口と副部長津山の前にも御伽の面々が現われ、喧嘩を売って来た。とうとう御伽から挑戦状が叩きつけられた。それを受けた晃はひとりで決着をつけると長者ヶ崎へ向かう。御伽のリーダー城崎の妹・奈美は前々から江口に憧れていて決闘をやめさせようと波打際高校を訪れた。長老ヶ崎へと単車を走らせる湘爆たち。それを病院の窓から見つけた権田も抜け出し、地獄の軍団も向かった。闘いの結果、江口と城崎のきもだめしで結着をつけることになり、江口の勇気に城崎は負けた。


「湘南爆走族」:江口洋助

あわせて読みたい記事:【江口洋介】湘南爆走族に登場する愛車のスズキGS400湘爆仕様

江口 洋助(えぐち ようすけ):江口洋介(実写版)、アニメ版:声 – 翔(第1作)、塩沢兼人(2作目以降)

湘南爆走族2代目リーダー。紫色のリーゼントパーマ(通称スーパーリーゼント)が特徴。学ランは洋ランにドカン。手芸の腕はプロ級で、波打際高校第26代目総番にして、第26代目手芸部部長。通称「手芸のえっちゃん」。バイクのテクニックや喧嘩の強さは常軌を逸しており、湘南周辺だけなく、他の地域にまで「紫トサカ(リーゼント)の滅茶苦茶強い男」としてその名は知れ渡っている。中学時代から喧嘩は強かったが(不良を何十人も相手にして1人で勝つなど)、いたって普通で不良とは縁遠い存在。手芸店へ買い物に行く途中、彼の自転車の運転技術が後継者を探していた「桃山マコ」の目に留まり、2代目リーダーを襲名する。字が下手で、手芸部に入部する際に書いた入部届の名前を、先代の部長に「ミエロシ ヒツジスケ」(ミエロシ羊助→江口洋助)と読まれている。

愛車は「スズキ・GS400改ファイアパターン仕様」と「ヤマハ・パッソル」。自分の愛車をフレームから組み立てるなど、バイクに詳しくメンバーのバイクの調子が悪い時は彼が面倒を見ている。


「湘南爆走族」:石川晃

あわせて読みたい記事:【織田裕二】湘南爆走族に登場する愛車ホンダCB400Tホーク2

石川 晃:実写版/織田裕二 アニメ:声 – 塩沢兼人(第1作)、山口健(2作目以降)

湘南爆走族親衛隊長。太い眉毛に3色メッシュが特徴。学ランは短ランにボンタン。元・赤潮中学の番格。血の気が多く短気、中学時代は先生・生徒見境無く暴力を振るい孤立、友達も居なかったためギターで寂しさを紛らわす一面も。しかし波打際高校に入学後、一匹狼である彼が唯一憧れ、参加を夢見ていた初代湘爆が解散し、無名の江口が2代目を継いだ事に納得がいかず、(一方的に)リーダーおよび波高番格の座を賭けてタイマンを挑むが敗北を喫す。江口に心酔した彼は、2代目湘南爆走族に参加。その後、自分を変えようと努力し、以前のような見境無く暴力を振るう事も無くなり、湘爆のメンバーたちと悪乗りに興じたりしている。通称「弾丸小僧」。愛車はCB400T改。実家は八百屋で、父親は元ヤクザ。ケイバポマードを愛用。趣味は人生ゲーム。機械音痴らしく、家電品を触るとなぜか壊してしまう。妹(杏奈)がおり、こちらも眉毛が太い。江口洋助と石川晃の関係は、「光と影」とも言われる。


「湘南爆走族」:丸川 角児

あわせて読みたい記事:【村沢寿彦】湘南爆走族に登場の愛車カワサキKH400丸川角児仕様

丸川角児:実写版 – 村沢寿彦 / アニメ版 – 佐藤正治

湘南爆走族特攻隊長。モヒカン頭が最大の特徴。学ランは洋ランにボンタン。元・師用中学の番格。普段はひょうきんな性格で、中学時代の後輩や友人からの信頼も厚い。その反面、何度か女の子を紹介してもらっているが上手くいかないなど、女関係では良い目にあったことがない。しかし、下級生女子などからの人気はあり、作中では毎年正月には特定の女の子から年賀状をもらっていることも明らかになっている。また、考え事をすると口から飲んでいたもの(コーヒーなど)を戻す癖がある。通称「踊るケンカ屋」。愛車はKH400改ロケットカウル仕様。モヒカン頭は初代特攻隊長譲りだが、誰よりも目立つゆえ標的にされやすい。これは喧嘩するのなら俺から狙えという、特攻隊長としての決意表明であり、ヘルメットまでもモヒカン仕様である。オレンジポマードを愛用。弟と妹がいる。


「湘南爆走族」:桜井 信二

あわせて読みたい記事:【佐藤健】湘南爆走族に登場の愛車スズキGT380桜井信二仕様

桜井信二:実写版 – 佐藤健/アニメ版 – 山口健(第1作)、目黒光祐(2作目以降)

ポイントは、角刈り頭と防塵マスク、糸目(細い目)、学ランは短ランにドカン。元・近遠中学の番格。メンバー5人の中で唯一肩書きを持たず最も目立たないが、本人いわくチームの隠し味。やさしそうな顔とは裏腹に喧嘩は強い。実家は新聞屋。愛車は「スズキ・GT380」の初期型モデル。普段はサングラスに防塵マスクと全く表情がわからない扮装をしている。原沢の彼女・渚に対し、もし自分が最初に出会っていたらと考えるなど恋愛に興味がある。原沢といい勝負の硬派で、丸川とナンパに興じるもとんでも無い行動に出てしまう。しかし、そんな彼も江口に告白できない飯村さんの相談役を務めたり、下級生の女の子にファンがいたりと女性に渋みを感じさせるキャラに成長。


「湘南爆走族」:原沢 良美

あわせて読みたい記事:【我王銀次】湘南爆走族登場のブタケツローレル原沢良美仕様の価格

実写版 – 我王銀次 / 声 – 郷里大輔

湘南爆走族リーダー補佐。アフロリーゼント、口髭、体格の大きさ(原作の設定では182cm)が特徴。学ランは洋ランにドカン。元・近遠中学の番格。実家の商売が工務店のせいか、怪力無双のパワーを持つ。通称「怒涛の怪腕」。メンバーの中で最もオッサン臭く、桜井信二の父親と間違われたことも。江口と初対面した時、喧嘩を売って蹴り1発で倒される。江口と石川のタイマン後、誰よりも早く江口に頭を下げ2代目湘爆に参加した。親父がうるさいため免許は持たず、いつも桜井の後ろに乗り旗持ちをしていたが(一度、津山よし子や三好民子と一緒に原付免許を取ろうとしたことがあったが、江口が面白半分から原付に乗って大暴れしたせいで二人が免許の取得を止めたため、自身も取得を諦めている)、4輪免許はチーム内最速で取得し卒業式には車(ローレル)で乗り付ける。褌愛好者。渚という可愛い彼女がいて、遠距離恋愛中。バイタリスヘアリキッド愛用。


「地獄の軍団」:権田 二毛作

あわせて読みたい記事:【翔】湘南爆走族に登場する愛車のヤマハRZ350地獄の軍団仕様

あわせて読みたい記事:【翔】湘南爆走族に登場の愛車カワサキGPz400地獄の軍団仕様

権田 二毛作:実写版 – 翔 / 声 – 屋良有作

暴走族の地獄の軍団の二代目総長。園都成高校生徒会長兼ボクシング部の主将で校内ではかなりの人気者である。岸本葵という恋人がいる。海岸線にその名を轟かすほどのツッパリであるが、生真面目でバイトが趣味と意外な一面もあり、彼の青春はタイムカードで刻まれているともっぱらの噂である。江口と出くわすといつも喧嘩になるが、お互いに一目置いており良きライバル関係である。湘爆を倒し湘南No.1チームに躍り出ることが悲願であるが、連戦連敗でNo.2チームに甘んじている。上記の通り江口とのサシの勝負も連戦連敗だが、本気を出した場合の実力は拮抗している。初期は湘爆を策略で陥れようとしたりしたが、徐々にキャラクターも成長し、組織の面子をかけて一度だけ本気で戦ったタイマンでは決着がつかなかった。愛車は「ヤマハ・RZ350(初期型)」だったが、江口とのタイマンレースで大破し、必死になって稼いだバイト料で「カワサキ・GPz400」に買い換える。バルカンポマード愛用。


「地獄の軍団」:瀬島 渉

あわせて読みたい記事:【佐久間哲】湘南爆走族に登場する愛車ヤマハXJ400瀬島渉仕様

アニメ:声 – 大塚芳忠 実写版 – 佐久間哲

地獄の軍団・副総長。常に「呪」と書かれたマスクをかけている。園都成高校の生徒では無いが、常に園都成高に来ていて権田の身の回りの世話をしている。総長の権田がワンマンであるため、理不尽な命令が多く苦労が絶えない。愛車はヤマハの空冷4発の名車「ヤマハ・XJ400」。


「横浜御伽」:城崎挺士

あわせて読みたい記事:【竹内力】湘南爆走族に登場する愛車のカワサキZ400FXの仕様

映画「湘南爆走族」でライバルチームの族「横浜御伽(おとぎ)」のリーダー、「城崎挺士」役で出演している「竹内力」さん。横浜を潰して、湘南を潰すため「湘南爆走族」に喧嘩を売って、ラストは「江口洋介」さんが演じる「江口洋助」とタイマンレースでバトルします。愛車は名車「カワサキ・Z400FX」。


「横浜御伽」:城崎奈美

あわせて読みたい記事:【加藤麻里】湘南爆走族に登場する愛車のホンダVF400Fの仕様

映画「湘南爆走族」でライバルチームの族「横浜御伽(おとぎ)」のリーダー、「城崎挺士」役で出演している「竹内力」さんの妹役として出演しているのが、「城崎奈美」役の「加藤麻里」さん。横浜を潰して、湘南を潰すため「湘南爆走族」に喧嘩を売って、ラストは「江口洋介」さんが演じる「江口洋助」とタイマンレースでバトルする兄「城崎挺士」を見守り助けるために「湘南爆走族」に頼ります。愛車は「ホンダ・VF400F」の赤/白ボディカラー。カスタム内容はフルノーマル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。