【ロールスロイス・志村けん仕様】 ファントムをファンが乗り継ぐ

この記事は2分で読めます

【ロールスロイス・志村けん仕様】 ファントムをファンが乗り継ぐ

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】スピンオフ含めたシリーズ人気ランキング公開

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村けんさん(享年70)の四十九日を迎えた16日、愛車だった英国の高級車ロールス・ロイスの最高級バージョン「ファントム」を乗り継ぐ人が決まったことが分かった。ディーラーを通して買い手を募っていた。

乗り継がれる車は、2003年に発売された第7世代のファントムのブラック。新車では最低でも5000万~6000万円はする超高級車だ。志村さんは07年に購入し、運転手付きの移動車として使っていた。東京・銀座など夜の街で飲んでいる時は、ひときわ目立つこの車が近くに停車。多くの通行人の目を引いていた。長く愛用していただけに、13年で走行した距離は約14万キロに及ぶ。だが正規ディーラーが定期的にメンテナンスしており、乗ったことがある人は「とても奇麗に手入れされていた」と明かした。市場価格は1000万円前後とみられる。スポニチ本紙の取材では、志村さんの親族がディーラーに売却を相談。関係者は「一般人が容易に乗りこなせる車ではないため、志村さんを支えた付き人3人の退職金代わりにと売却を決めたようです」と話している。10人以上が購入に名乗りを上げ、その中から男性ファンが乗り継ぐことに決まった。

ディーラーの社長は16日、取材に対して「個人情報に関わることなので、何もお答えできません」と話した。関係者は「購入したのは日本の西の方に住むファンの男性と聞いている」と話している。

ファントム 英ロールス・ロイスが1929年に発売。同社を買収したドイツのBMWが2003年、第7世代を発売した。ロールス・ロイスの最高級サルーン。パルテノン神殿をモチーフにしたデザインと観音開きのドアが特徴。第7世代の総排気量は6749cc。日本の芸能人ではビートたけし美川憲一が所有していたとされる。現在は第8世代。

《10日に親族で法要 16日が四十九日》16日は志村さんの四十九日。兄・知之さんは東村山市の自宅でインターホン越しに「10日に親族で(四十九日の)法要を終えました」と、すでに済ませたことを明かした。「市内のお墓に納骨も済ませました」とも話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。