【シェルビー・シリーズ2ロードスター】 年間生産4台限定モデル

この記事は2分で読めます

【シェルビー・シリーズ2ロードスター】 年間生産4台限定モデル

あわせて読みたい記事:【コブラジェット・マスタング】フォードが68台限定モデルを発表

あわせて読みたい記事:【国産・限定モデル】 生産台数30台以下の激レア&高額ベスト5

あわせて読みたい記事:【ブガッティ EB110】限定15台エドニス・フェニーチェ詳細

「シェルビー・アメリカン」社は、伝説的な1967年型の「フォード・シェルビー GT500 スーパースネーク」を復刻させる予定のようですが、さらに、最高出力が800hp以上というスペックを誇り、超軽量な新型スーパーカーの「シリーズ2」ロードスターも一緒に、南カリフォルニアの本社で行われたイベントで公開しました。

「シェルビー・シリーズ2ロードスター」

  • (出典:jp.autoblog.com)

「シェルビー」が「clean sheet car(真新しいシートから作られたクルマ)」と呼ぶコンバーチブル・ロードスターである「シリーズ2」は全てシェルビー製で、既存のモデルやシャシーをベースにしていないということです。車両重量は、2,860ポンド(約1,293kg)と軽量な「シリーズ1」の後継モデルとなっています。数年前に「シリーズ」1の残っていたシャシーや部品を買い取り、アルミニウム、カーボンファイバー、そして初のチタン製ボディを持つスポーツカーを数量限定生産しようとしていた「ウィンガード・モータースポーツ」社と「シェルビー」の提携によって開発されました。

  • (出典:jp.autoblog.com)

「シェルビー・アメリカン」の「ゲーリー・パターソン」社長はプレスリリースで次のように述べています。「我が社と提携するウィンガード・モータースポーツ社の創設者であるボブ・ウィンガード氏は、アルミニウムやカーボンファイバー製の部品を最大限に活用することで、クルマの重量を減らすことに成功しました。彼はさらに、サスペンション、ブレーキ、ドライブトレインを改良し、シリーズ1の倍以上に最高出力を引き上げることを可能にしたのです。シリーズ2はシリーズ1よりも12%以上軽量化され、800hpを超える最高出力を発生します」とコメントしています。

  • (出典:jp.autoblog.com)

標準モデルのドライブトレインは、ZF製5速トランスアクスルのトルクチューブが、キャロル・シェルビー・エンジン・カンパニー製「427 FE」エンジンまたはフォード製「427 Windsor」エンジンに組み合わされたマルチディスク・クラッチ・システムに接続する仕様ですが、その他のエンジンも搭載可能のようです。シャシーは独自のアルミニウム製ハニカム材によるモノコック・フレームをベースに、バネ下重量を最小限に抑えるよう設計されたカンチレバー式前後サスペンションと、特別にチューンされたPenske Shocks製ショックアブソーバーを備えています。対抗6ピストンのブレーキ・キャリパーや、19インチのモノブロック・ホイールに履くミシュラン「Pilot Sport Cup 2」タイヤを装備するが、カップホルダーは装備されていないということです。

  • (出典:jp.autoblog.com)

オーダーによって製造される「シリーズ2」は、1台ずつ全てが独自で仕様が異なるようです。カーボンファイバー製のシートを装備するインテリアはオーナーの好みに合わせて仕立てられ、アルミニウム製のボディはブラッシュ仕上げ、ポリッシュ仕上げ、塗装仕上げから選べ、シェルビーのレーシング・ストライプが入るということです。部品や塗装などには1年間の保証期間が設定されています。年間わずか4台のみが製造される予定だが、販売価格は明らかにされていません。「シェルビー」によると、注文した人はラスベガス近郊のスプリング・マウンテン・レースウェイで週末に行われるトレーニング・セッションに参加できるようです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。