【SEMAショー2018】1968年式チャージャー・コンセプト

この記事は2分で読めます

【SEMAショー2018】1968年式チャージャー・コンセプト

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】チャレンジャーSpeedKore仕様

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】日産370Z改クラブスポーツ23とは

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】シボレーのラグナ、C10、K10登場

2018年10月30日から開催されている世界最大級のカーイベント「SEMAショー2018」において、「FCA」のカスタムパーツ部門にあたる「モパー」は、最高出力1000馬力を誇る新しいヘミエンジンを積んだ「1968年式:ダッジ・スーパーチャージャー・コンセプト」を公開しました。1968年の「ダッジ・チャージャー」というモデルは、現在の「FCA」によって構築された最も象徴的な車両の1つです。

ちなみに1966年に誕生した「ダッジ・チャージャー」は「ダッジ」のホットな「ファストバック」スタイルのエントリーカーで、ほかにも当時のトレンドであるヘッドライトが隠れているスタイルを取り入れていれたデザインを採用し、「ダッジ・コロネット」をベースモデルとしてデビューしました。しかし、初代モデルの「ダッジ・チャージャー」は、あまりぱっとせず、37,000 台あまりしか売れなかったというヒストリーがあります。しかし、1968年になると「ダッジ」は、クルマのデザインを一新して、芸術作品を作り出したのです。それが「1968年モデル」と知られている、「ダッジ・チャージャー」のなかでももっともルックスがいいクルマとして現在でも人気のあるモデルです。エクステリアデザインは、まずボディが「セミ・ファストバック」に変更され、ユニークな「コークボトル型」となっていました。このモデルチェンジは成功を奏し、売上も 96,000 以上を記録しました。そして、その中でも「R/T」グレードは、高性能バージョンで、ヘビーデューティなブレーキ、スタビライザー付きサスペンション、スプリング、トーションバーが装着されていました。また、「R/T」モデルには、かの有名な4,400 rpm / 375 ps を出力する「440 キュービック・マグナム」V型8気筒エンジンが搭載されていました。また、「ダッジ・チャージャー」は1971年から1972年まで「スーパー・ビー」というマッスルカーのベースにもなったことでも知られています。このハイパワーエンジンを積んだ「ダッジ・チャージャー」は、「NASCAR」などのアメリカンレースでの使用を意識したモデルチェンジがなされるようになっていきました。

こうした経緯のある「1968年モデル」の「ダッジ・チャージャー」を現行の「ダッジ・チャージャー SRT」と「ダッジ・チャレンジャー SRT」の最新の要素で再現され、モパーブランドの新しいヘレファント426スーパージャージド・モパー・クレート・ヘミエンジンを搭載しているというカスタムマシンへと変貌を遂げているのです。


「1968年式:ダッジ・スーパーチャージャー・コンセプト:エクステリアデザイン」

オリジナルのドアハンドルとドリップレールは削り取られ、スムージングされ、スッキリした外観を作り出しているのがポイントです。前面ドア通気窓は取り除かれ、ワンピースのサイドガラスに交換されています。さらに1971年のダスターミラーは、より現代的なエクステリアデザインとなっています。


「1968年式:ダッジ・スーパーチャージャー・コンセプト:7つの特徴」

・デ・グリージョというグレーメタリックの特別塗装

・ボンネット上の特大エアスクープ

・ホイールベースを117インチから119インチに延長

・5インチ拡大されたトレッド

・前3.5インチ/後2.5インチ低められたボディ

・最高出力:1000ps

・最大トルク:131.3kgm

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。