【SEMAショー2018】復活の希少車BOSS429のスペック

この記事は2分で読めます

【SEMAショー2018】復活の希少車BOSS429のスペック

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】シビックタイプRレーシングコンセプトなど

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】限定モデルのスペック

アメリカ・ロサンゼルスで開催される「SEMAショー2018」において、アメリカンマッスルカーの中でも大変な希少モデルである「フォード・マスタング BOSS429」。その希少モデルをベースにしたコーチビルドモデルが登場するようです。ベースとなった「フォード・マスタング BOSS429」は、1969年から1970年の僅か2年間だけ生産された少量生産モデルですが、「フォード・マスタング BOSS429」は、1969年型と1970年型の2タイプが存在しています。しかし生産されていたのは1969年の春から1970年の夏までのほぼ1年間。そして生産台数はそれぞれ859台と499台と合計しても1,500台にも満たない生産台数でした。その理由はレース用ホモロゲーションモデルであったということです。また「フォード・マスタング BOSS429」はビッグブロックのヘミエンジンが搭載されて、カタログスペック上は375馬力であるものの、実際には600馬力近くあったと言われているモデルです。このヒストリーをもとに復活するために、今回このモデルをカスタムした「クラシック・レクリエーション」が、「Conterforceクラッチ」において完全カスタマイズした「マスタングBOSS429」は、モータースポーツから派生したオリジナルの排気量7.0L(429cuin)の自然吸気仕様V型8気筒エンジンを使用せず、更に強力ともいえる排気量8.4LでV型8気筒にスーパーチャージャー装着したエンジンを搭載するようです。しかも、その最高出力は、815hpを発揮するとのことです。

「クラシック・レクリエーション」によれば、今回登場する「マスタングBOSS429」は、現代のシャシーとエンジン技術を使用することで、更に加速性能や操作性も向上することができる、と説明しています。エクステリアは昔ながらの「マスタング」を忠実に再現していますが、もしこの個体が限定モデルとして市販化するとなれば、最低でも4,000万円は下らないといわれています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。