【西部警察】マシンRS-1(R30スカイライン)のアシェットの詳細

この記事は3分で読めます

【西部警察】マシンRS-1(R30スカイライン)のアシェットの詳細

あわせて読みたい記事:【スカイライン スーパーシルエット】サーキットの軌跡・スペック

あわせて読みたい記事:【首都高速トライアル1】劇中車TBO製R30スカイラインの仕様

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

数々の人気ダイキャストモデルカーをリリースしている「アシェット・コレクションズ・ジャパン」。今回は、往年のアクションドラマ「西部警察」(1979年~)シリーズで活躍した、大門軍団のスーパーパトカー「RS-1」のビッグモデル(全長58センチ)を組み立てられるマガジンシリーズ「週刊 西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる」を2月3日に創刊するということで注目となっています。


「西部警察:スカイライン RS-1」:概要

あわせて読みたい記事:【西部警察】マシンX:初代大門軍団特殊車両スカイラインジャパン

1980年代の刑事ドラマを振り返る上で「西部警察」は欠かすことが出来ないTVドラマです。しかも、登場する特殊車両は、「スカイライン」シリーズや「フェアレディZ」、「ガゼール」などの当時の人気モデルばかりが登場しています。今回は、これら「特殊車両」に注目してみたいと思います。「スカイライン」シリーズの中では、「DR30型:スカイラインRS」が、指揮および追跡・攻撃を目的とした指令車両の役目を持つ「RS-1」として登場していました。

  • (出典:autoc-one.jp)

登場は、「西部警察パートIII 第16話:大門軍団フォーメーション」からで、主に「タイショー」こと「山県新之助刑事」演じる「柴 俊夫」氏がステアリングを握ることが多かった特殊車両でした。当時の放送で以下のように解説されていました。「新たに日産自動車で設計・製作されたマシンは、いずれも高度にチューンナップされた最新式のターボエンジンを搭載した“スカイラインRSターボ”で、最高出力280馬力、最高速250km/h。この高性能に加え、攻撃車(RS-1)には「口径20mmのマシンガン」、および「アフターバーナー」による急加速装置を装備し、最高速度まで16.3秒で達します。」製作は日産プリンス販売のサービス部特殊車課、作業はトラック架装メーカーの倉田自動車(当時)で実施していたようです。当時はエアロパーツやチューニング、ハイテクデバイスが出始めたタイミングで、マシンの製作にはそのエッセンスが数多く盛り込まれたということです。


「西部警察:スカイライン RS-1」:スペック

  • (出典:autoc-one.jp)
  • 全長 × 全幅 × 全高:4.595 × 1.665 × 1.360mm
  • エンジン型式:FJ20ET
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC ターボ
  • 最高出力:190ps / 6.400rpm(ベースモデル)
  • 最大トルク:23.0kgm / 4.800rpm(ベースモデル)
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク
  • ホイール:エンケイメッシュ4
  • 最高速度:265km/h アフターバーナー作動時(ベースモデル:212km/h)
  • 0-400m加速:13.5秒(ベースモデル:15.2秒)
  • 0→100km/h加速:6.1秒(ベースモデル:7.5秒)
  • 車体重量:1.315kg
  • 主要装備:急加速装置アフターバーナー、2連装機銃、逆合成アパチャーレーダー(ISAR)、敵味方識別装置(IFF)、レーダーホーミング警戒装置(RHAWS)

「週刊 西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる」:概要

あわせて読みたい記事:【デアゴスティーニ】カスタム可能なケンメリGT-Rモデル化の詳細

創刊号が299円(税込)、2号以降が1999円(同)で、全100号というボリューム。2021年2月3日発売開始。

ちなみに今回、モデル化される「RS-1」は、日産自動車が1983年に発表した6代目スカイラインR30型(KDR30型)「ハードトップ2000ターボRS」をベースにしたマシン。撮影に使われた車体は当時のまま保存されているということです。

今回、石原プロモーション、日産自動車の監修のもと、現存車体を細部にわたって調査・解析し、精巧に1/8モデル化した。

毎号付属のパーツをガイドに沿って組み立てるだけで、初心者でも簡単に作ることができるという。完成した車体は、専用コントローラーを使って動かしたり光らせたり、サウンドを鳴らせる。

マガジンには、作品で活躍したスーパーマシン軍団を写真で解説する「スーパーマシン・メカニクス」、番組の内容を振り返る「西部警察ストーリー」、制作秘話のスタッフインタビューなどを収録する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。