【S30Z系TC24-B1Z改搭載】NA400psオーバー仕様

この記事は3分で読めます

【S30Z系TC24-B1Z改搭載】NA400psオーバー仕様

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【S30Z FuguZ】 ワイルドスピードの「サン・カン」仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

世界中にファンを持つ日本の名車として挙げられる「日産:フェアレディZ」。しかも、カスタムマシンとしても人気なのが初代モデルの「S30 / S31」のシリーズでしょう。漫画「湾岸ミッドナイト」においては最高速仕様の「悪魔のZ」として登場し、「L型」エンジンのチューニングの奥深さやこだわりを味わうことが出来ます。実際、モータースポーツで活躍し「BRE仕様Z」や「柳田春人仕様のZ」、「サファリラリーZ」などポテンシャルの高さも評価されていました。今回は現在でも多くのカスタムマシンが存在する「S30 / S31」の一台に注目です。ちなみに「240ZG」などの主要スペックは下記の通りです。


「ダットサン(日産):フェアレディZ(S30)」:スペック

  • 年式:1972年モデル
  • 型式:HS30H型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,305mm × 1,690mm × 1,285mm
  • ホイールベース:2,305mm
  • トレッド(F/R):1,355mm / 1,345mm
  • 車両重量:1,010kg
  • エンジン型式:L24(240Z/240ZG) / L20(Z/Z-L) / S20(Z432)
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC SUツインキャブ / 直列6気筒 DOHC ソレックス製3連キャブ(Z432)
  • 排気量:2,393cc(L24)/ 1,998cc(L20) / 1,989cc(S20)
  • ボア×ストローク:87.0mm×73.7mm(L24)/ 78.0mm×69.7mm(L20)/ 82.0mm×62.8mm(S20)
  • 圧縮比:8.8(L24)/ 9.5(L20/S20)
  • 最高出力:150PS / 5,600rpm (L24)130PS / 6.000rpm(L20) / 160PS / 7,000rpm(S20)
  • 最大トルク:21.0kgm / 4,800rpm(L24)17.5kgm / 4.400rpm(L20) / 18.0kgm / 5.600rpm(S20)
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / マクファーソンストラット
  • ブレーキ(F/R):ディスク / LTドラム
  • タイヤ(F/R):175HR14
  • 最高速度:210km/h
  • 0-400km/h加速:15.8秒
  • 0-100km/h加速:8.5秒

「S31型:TC24-B1Z改搭載」:スペック

今回、注目するカスタムマシンは、「OS技研」が開発したL28型エンジンベースのツインカムNAエンジン「TC24-B1Z」をオリジナルチューンし、2018年に排気量3,240cc(最高出力:420ps)までスペックアップした「S31型フェアレディZ改」です。


「パワーユニット」

モーテック制御のL型エンジンを搭載し、JDDA(ジャパニーズドラックバトル)ウエストでは3年連続クラス優勝を遂げた経歴を持つ、「S31型:フェアレディZ改」。2018年にスペックアップを狙ってパワーソースを一新したということです。搭載されたのは、「OS技研」のL型ツインカムヘッドが組み込まれた「TC24-B1Z」でした。ただし、コンプリート仕様をそのままではなく、「プロショップ・ナカガワ」社によるオリジナルチューニングでさらなるアップデートを敢行し、NAながら最高出力:420ps、最大トルク:42.5kgmという強烈なスペックに仕上げられているカスタムマシン。

なお、ポートは高効率化を狙ったストレートポート仕様を採用しています。ただし、そのままではインマニ&スロットルがボンネットと干渉するため、エンジンは角度を変えて直立搭載しています。オイル溜まりの角度が適合しなくなったことから、オイル潤滑は安定したドライサンプ方式へと変更されています。

ちなみに、高回転時に適正な油圧とするためのプーリー比が不明だったため、実走での油圧をモーテックでモニタリングしてセットアップを行ったということです。インマニの53φの6連スロットルはOS技研の試作品ということです。

インジェクターには霧化の良い12ポートタイプを使い、モーテックでシーケンシャル制御。ECUはモーテックのm84を採用。点火&燃料系の気筒別制御やロガー機能を充実させるため、エンジン後方からクランク角に加えカム角の信号も取り出している。

点火系はデスビが廃止されダイレクトイグニッションへと変更。1万回転オーバーでも正確な点火を実現するということです。こうして完成したNAフルチューン仕様ですが、そのポテンシャルは想像以上のもので、これまでのベストタイムは10秒78だったが、TC24-B1Z改に換装した直後のシェイクダウンで10秒48と、いきなりベストタイムを更新しています。今後セットアップを煮詰めれば、NAのまま9秒台入りは間違いなく達成するだろうとのことです。

ちなみに、OS技研のツインカムエンジンは高回転域もスムーズで自然と1万回転近くまわる性能を持っています。そんな高性能エンジンだからこそ、高精度な電子制御を取り入れることでポテンシャルを余すことなく引き出すことができるということです。


「S31型:フェアレディZ改」:カスタムスペック

■エンジン:OS技研 TC24-B1Z(オリジナルチューン・直立搭載)、試作6連スロットル、専用インマニ(ストレートポート)/ワンオフエキマニ、カムシャフト(IN/EX320度11mmリフト)/MORE DRIVE 89.5φピストン、86mmストローククランク、コンロッド/モーテックm84/サード12ホールインジェクター(550cc×6)/トラスト アルミラジエター ■ドライブトレイン:トラスト6速シーケンシャル/MORE DRIVE カーボンツイン(オフセットフライホイール) ■サスペンション:テイン スペシャライズダンパー(6kg/mm)/MORE DRIVE パイプアーム ■ブレーキ:F ウィルウッドキャリパー R AE86キャリパー&ローター ■ホイール:ウェルド ドラッグライト(15インチ) ■タイヤ:フージャー(F フロントランナー R ドラッグスリック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。