【RUF CTR3クラブスポーツ】世界で7台の希少モデルが競売

この記事は2分で読めます

【RUF CTR3クラブスポーツ】世界で7台の希少モデルが競売

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・959SC】カネパ(Canepa)仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【トミーカイラ R33型GT-R】生産34台の希少モデルが存在

あわせて読みたい記事:【コンセプトモデル:スポーツカー編】市販が期待された車リスト1

毎回、高額落札されている「RMサザビーズ(RM Sotheby’s)」開催のオークションにて、「RUF CTR3 クラブスポーツ」が登場予定とのことです。「RUF(ルーフ)」は「ポルシェ」の「チューニングメーカー」としても知られますが、もちらん「自動車メーカー」のひとつであり、「RUF(ルーフ)」は、純正以上の最高のクルマをつくるため、もっとも信頼できる「ポルシェ」からパーツやコンポーネントの供給を受け、独自のモデルを製造しています。そのために、当然ですが「RUF(ルーフ)」の製造したクルマは「ルーフ」という全く別物のクルマであって「ポルシェ」ではないということです。

そして、今回オークションに登場する「RUF CTR3 クラブスポーツ」は、997型世代の「ポルシェ・911」のプラットフォームやパーツを使用しています。しかし「ミッドシップ」とするために車体後半を作り変え、全長が11インチ(28センチ)もカスタマイズが施されて延長されたものです。それまで「ルーフ」は「ポルシェ」の「構造」を大きく変えることはなく製造してきました。しかし、この「RUF CTR3 クラブスポーツ」では方向性を一気に変えており、「ルーフ」にとってはエポックメイキングなモデルだと言えそうです。その後にカーボンモノコック採用、第四世代のCTRを発表しています。「RUF CTR3」の「車体後半」は新型モデルの「フォードGT」のプラットフォームを製造した「マルティマティック」社との共同作業によるもので、完全にオリジナルの設計を持っています。ルーフ(屋根)にはインテーク(シュノーケル)があります。

エンジン本体は「ポルシェ」の3.8リッター・フラットシックスを「ルーフ」がチューンしたもので、ツインターボによって加給され777psを発生し、もちろんこれはリアアクスルの前に搭載されています。トランスミッションは6速マニュアルのほか7速デュアルクラッチが用意され、駆動輪は後輪のみとなっています。トップスピードは370km/hというポテンシャルを備えています。

大型のリアウイングは角度調整式を採用しています。

今回の個体はそのCTRの中でもとりわけスパルタンな「RUF CTR3 クラブスポーツ」で、ボディカラーはオークグリーンです。
なお「クラブスポーツ」はわずか7台しか生産されていない、とのことです。

リアのデザインでの大きな変更はテールランプが「ポルシェ・911」のものではなく、「ポルシェ・ケイマン/ボクスター」用となっています。

シュノーケルから入ったエアは巨大なインダクションボックスを介してエンジン(タービン)へつながっています。
頑強そうなブロックに取り付けられているのは、インボード式リアサスペンションです。


「RUF CTR3 クラブスポーツ」:スペック

  • エンジン形式:水平対向6気筒 ツインターボエンジン
  • 排気量:3,746cc
  • レイアウト:MR
  • 最高出力:572 kW (777 PS) / 7,100 rpm
  • 最大トルク:980 Nm / 4,000 rpm
  • トランスミッション:6MT / DCT
  • 駆動方式:RWD
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,445 mm × 1,944 mm × 1,200 mm
  • ホイールベース:2,625 mm
  • 車両重量 (DIN規格):1,520 kg
  • ブレーキシステム(F/R):6 ピストンキャリパー φ380mm セラミックコンポジットディスク
  • 最高速度:370 km/h
  • 販売価格(ベースモデル):¥ 99,800,000

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。