【RUF・CTRアニバーサリー】記念モデル発表!スペック・価格

この記事は5分で読めます

【RUF・CTRアニバーサリー】記念モデル発表!スペック・価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・911】 ニューモデル「992型」のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・911GT2RSクラブスポーツ】991最後の限定車

あわせて読みたい記事:【RUF CTR】ポルシェベース初代モデルのルーフの価値が高騰

2019年3月より開催される「スイス・ジュネーブモーターショー2019」。そのモーターショーで注目の一台が、「ポルシェ」をベースとした製造メーカーである「ルーフ・オートモービル(RUF Automobile GmbH)」から発表されます。これは、同社が1939年に設立されて今年で80周年を迎えるため、これを記念した特別モデルとして「CTRアニバーサリー(CTR Anniversary)」が発表されることということです。

「CTRアニバーサリー(CTR Anniversary)」は、2017年の「スイス・ジュネーブモーターショー」でもプロトタイプモデルとして発表され、デザインはレトロな1987年式のイエローバードにも見えますが、実際には「RUF」社における初となる自社開発のシャシーを採用しています。更にフロント・リヤにはスチール製クラッシュ構造を除き、主にカーボンファイバモノコックを採用し、車体パネルも全てカーボンファイバを使用しています。これにより、車体重量は1,200kgを実現し、2020年式の「ポルシェ」の新型「ポルシェ・911(992型)カレラ4S(911 Carrera 4S)」の1,582kgよりも382kgも軽くなるということです。

フェンダーに収まるホイールについては、19インチの鍛造アルミホイールを装着し、サイズはフロントが245/35R19、リヤが305/30R19となっています。ブレーキはカーボンセラミック・ブレーキを採用しているということです。また足回りについては、フロント・リヤにダブルウィッシュボーンを採用し、更には衝撃を吸収するためにプッシュロッドを採用しています。

パワートレインについては、排気量3.6L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力700hpを発揮させるハイスペックモデルです。パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は3.5秒未満、0-200km/hの加速時間は9秒未満、そして最高時速は360km/hにまで到達します。なお、販売台数や市販化については明らかにされていませんが、仮に販売されるのであれば、昨年発表された「CTRイエローバード」同様に1億円以上の価値を持つことは間違いないと思われます。

以下は、「CTR Anniversary」のプレスリリース内容となっています。

「CTR Anniversary」:プレスリリース

RUF TO UNVEIL FIRST PRODUCTION CTR ANNIVERSARY AND ALL-NEW RUF GT AT THE 89TH GENEVA AUTO SHOW

The prototype RUF CTR 2017, now known as the RUF CTR Anniversary.
RUF Automobile will unveil the first production example of the RUF CTR Anniversary as well as the RUF GT next month in Geneva, Switzerland, kicking off the manufacturer’s 80th anniversary.
Pfaffenhausen, Germany (February 20, 2019) – RUF Automobile GmbH, manufacturer and creator of bespoke sports cars that combine performance and suitability for everyday use, will unveil two cars at the 89th Geneva Auto Show on March 5 in Hall 5 at Stand 5030 of the Palexpo in Geneva, Switzerland. The first production example of the RUF CTR Anniversary, known in prototype form as the RUF CTR 2017, will be unveiled alongside the all-new RUF GT. The pair will act as anchors in the RUF booth alongside several other RUF models from throughout the companies 80-year history, including the eRuf which was presented at the Geneva motor show in 2009.

The first production example of the RUF CTR Anniversary will be delivered to its owner during the Geneva Auto Show. The model was first announced at the 2017 Geneva Auto Show on the 30th anniversary of the original CTR and produces 710 PS (700 BHP) from its twin-turbo 3.6L, flat-six engine. Weighing in at just 1,200 kilograms (2,640 pounds), the 2019 RUF CTR Anniversary has a top speed of 360 km/h (223 mph).

The all-new RUF GT is a Porsche 991-based model acting as an extension of the previous generation of the Porsche 911. The RUF GT features a 3.0 liter flat-six engine producing 522 PS (515 BHP), 645 Nm (476 ft-lbs) of torque and has a total weight of 1,450 kilograms (3,197 pounds). The launch-control equipped 7-speed double clutch gearbox helps the car accelerate from 0 to 62 mph in just 3.4 seconds. The duck tail generates high downforce and keeps the RUF GT stable at its top speed of 320 kph (199 mph).

“Each year we hope to push the technological envelope further, creating a more enjoyable, more usable and better performing sports car,” said Estonia Ruf, marketing director of RUF Automobile GmbH. “The two cars being unveiled in Geneva are the pinnacle of their respective niche in the car world. They are the best options when it comes to pure driving pleasure. That was the goal from the start.”

This year marks the 80th anniversary for RUF Automobile, originally founded by Alois Ruf Sr. in 1939. The company will be celebrating its anniversary throughout 2019 both in Pfaffenhausen and at events around the globe. Use the hashtag #80YearsOfRUF to join in celebrating on social media.

The exact time for the press conference will be announced soon.For more information on RUF automobiles, visit the RUF website at ruf-automobile.de/en/

ABOUT RUF AUTOMOBILE GMBH
In 1939, Alois Ruf Sr. first formed his company, AUTO RUF, as a general service garage. The company grew and in 1949 he added a gas station to the company complex. By 1955, Ruf Sr. recognized a need in Germany for a full-size tourist bus and challenged himself to build his own to run this as a separate business. In 1963, the company began specializing in Porsche vehicles, a direction that Alois Ruf Jr. vowed to continue when he assumed directorship of the company in 1974. In the following year, the first RUF-enhanced Porsche model made its debut. Now it is still family run by Alois and Estonia Ruf.

The Prototype RUF CTR Anniversary.

The eRuf, unveiled at the 2009 Geneva Motor Show, will be on display in the RUF stand.

2019 marks the 10th anniversary of RUF’s electric sports car debut.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。