【RMオークション】66年ル・マン表彰台のフォードGT40が登場

この記事は2分で読めます

【RMオークション】66年ル・マン表彰台のフォードGT40が登場

あわせて読みたい記事:【RMオークション】日本の旧車も出品され世界的人気で価格が上昇

あわせて読みたい記事:【0-100km/h最速 ランキング】FRで加速最速ベスト10

あわせて読みたい記事:【国産・限定モデル】 生産台数30台以下の激レア&高額ベスト5

「フォード・GT40」といえば、名車中の名車ですが、実は1960年代、「フォード」社は企業イメージ向上のために、モータースポーツの分野で活躍することが有効であると結論付け、当時のル・マン24時間レースでは敵なしでその地位を確立していたスクーデリア・フェラーリを買収することにしたものの交渉は決裂し、失敗に終わるというヒストリーがあったのでした。その後、「フォード」社は、自社のエンジンを供給しているイギリスの「ローラ・カーズ」社と提携し、「ローラ・マーク6(ローラ・GT)」をベースとして、シャーシ製作に「アビー・パネルズ」社、ボディ設計に「スペシャライズドモールディング」社を抜擢し、新たにイギリスに設立された「フォード・アドバンスド・ビークルズ」社の製作により、「GT40」の開発が始まりました。1964年に「マーク1」が完成し「フォード・GT」というモデル名で発表されました。今では、「フォード・GT40」と呼ばれていますが、これは車高が40インチ(1,016mm)しかないことから呼ばれるようになった非公式のモデル名です。

完成した「マーク1」のスペックとしては、スチール製モノコックシャーシに、軽量のファイバーボディをかぶせ、エンジンはインディカー用に開発されていた、アルミ製の4.7L V型8気筒 OHV(最高出力:350PS)をミッドシップに搭載していました。空力などの微調整を行い最終的な性能は最高時速330km/hというものだったようです。その後「マーク1」のシャーシを強化し、加えてエンジンを4.2Lからシェルビー製の7.0Lへ変更し、最高出力:475PSまでに上げられた「マーク2」が登場しています。キャブレターをウェーバー(現マニエッティ・マレリ)製からホーリー製に変更し、また、ル・マンのレギュレーション変更に伴い、スペアタイアを搭載するためのスペースを確保するため、フロントノーズのデザインが変更されていました。

  • (出典:gt40.net)

この「マーク2」モデルは1966年のル・マン24時間耐久レースに参戦し、8台が「マーク2」のワークスマシンとして、5台が「マーク1」のプライベーターとして出場し、結果は、ブルース・マクラーレン/クリス・エイモン組が優勝、さらに1-3位をGT40が独占しました。

そして、この「フォード・GT40 マーク2」は、シャシーナンバー「P/1016」で1966年のルマン24時間耐久レースで「ロニー・バックナム」、「ディック・ハッチャーソン」が348周を走り切り、3位でフィニッシュした個体です。しかも、2003年のぺブルビーチエレガンスコンテストで賞を受賞した個体です。RMオークション・モントレー(2018年8月24日から)に出品される予定となっており、予想落札価格は、13億円以上となっています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。