【RMオークション】 ポルシェ・928ケーニッヒ仕様のスペック

この記事は3分で読めます

【RMオークション】 ポルシェ・928ケーニッヒ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

あわせて読みたい記事:【映画に登場した国産名車】ヒット映画でインパクトを残した劇中車

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

ポルシェの中でもFRという駆動方式を採用している「ポルシェ・928」は、1978年モデルから量産が開始されました。そして「ポルシェ・928」の開発では、軽量構造に焦点が当てられました。そのためドア、フロントフェンダー、ボンネットはスチールではなくアルミニウムを採用しています。ボディに一体化されたプラスチック製バンパーの背面にはアルミニウム素材のパーツが組み込まれ、8km/h以下の速度で衝突した場合には損傷することなく復元します。またフロントフェンダーには、丸型の電動ポップアップヘッドライトを装備しており、丸みを持たせたハッチバックスタイルは、リアリッドの大型ウインドウが存在感を放っています。


「パワーユニットとなるエンジン」

「ポルシェ・928」は、シリンダーバンク角90°の水冷式V8エンジンを搭載しています。排気量は初期モデルの4.5リッターから最終的に5.4リッターまで増大されました。エンジンの動力は、トランスアクスル方式によって駆動輪に伝達されます。またエアロダイナミクスを向上させるめ、「ポルシェ・928 S」モデル(1979年モデル)以降、フロントおよびリアスポイラーが装備されました。さらにリアアクスルには、全体的に新設計が施されました。ヴァイザッハアクスルの名で知られるダブルウィッシュボーンサスペンションの特徴は、トーインを安定化させる機能です。このメカニズムはパッシブリアホイールステアリングとして機能し、グランツーリスモの優れた安全性に大きく貢献します。


「ポルシェ・928」:モデル経緯

928(1978-82年モデル)
リアスポイラーの無い丸みを帯びたリアエンドは、見紛うことのない928の際立つ特徴です。またこのモデルは後の派生モデルとは異なり、フロントおよびリアスポイラーを装備していません。928の4.5リッターエンジンは、240PSの最高出力を生み出しました。

928 S(1980-86年モデル)
928 Sはブラックのフロントおよびリアスポイラー、ボディカラー同色のサイドプロテクションストリップ、そしてサイドインジケーターライトを装備。エンジンの排気量は初期の4.7リッターから5.0リッター(1986年モデル)まで増大しました。最高出力は、300PSから1984年モデルでは310PSを実現。触媒コンバータが採用された1986年モデルでは288PSとなりました。

928 S4(1987-91年モデル)
928 S4はエアインテークを備えた丸みのあるフロントエプロンが印象的です。傾斜したリアエンドではフラッシュサーフェスデザインのワイドなテールライト、後方に突き出たブラックのリアスポイラーが視線を引きつけます。5.0リッターエンジンを搭載し、最高出力320PSを発揮しました。


「ポルシェ・928ケーニッヒ仕様」

「ポルシェ・928」、しかも「ケーニッヒ仕様」」がRMサザビーズ開催のオークションに登場予定とのことです。この「ケーニッヒ(KOENIG SPECIALS)」は1980-1990年代に一斉を風靡したドイツのチューナーで、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ・メルセデス・ベンツ等をチューン/カスタムすることで知られまいます。カスタムとしては、大型のブリスターフェンダーをはじめとするエアロキットとフルチューン仕様のエンジンスペック。です。日本だとバブル期に大量に入ってきており、当時は時折見かける存在という感じでした。

「ケーニッヒ」の設立は1974年で、創立者の「ウィリー・キング」氏が自身の所有する「フェラーリ・365GT4 BB」の性能に満足しなかったためとされています。「フェラーリ」でもカスタムも行っており、これは当時存命だった「エンツォ・フェラーリ」氏が弁護士を通じて「これはフェラーリとは呼べん。すぐにフェラーリのエンブレムを外せ」と通告を行った個体もありました。そして今回は「ポルシェ・928」が登場ということになりますが、これは「中東スペック」とのことなので、納車されたのは中東なのかもしれません。

また最近になって約180万円ほどを投じレストアを行っており、フロントウインドウの交換やボディの再ペイントを含む整備がなされ、コンディションは上々とのことです。

走行距離は17,118kmとなっており、予想落札価格は最高で750万円程度と見られています。

そして前から見るとまだ「普通」ではあるものの、後ろから見ると過激なエクステリアデザインとなっています。ノーマルの「ポルシェ・928]は全幅1,845mmとなっています。

ホイールは昔なつかし、メッシュデザインのBBSせいとなっています。なお、リアフェンダー前には大きなダクトが口を開けていますが、ここに「フェラーリ・テスタロッサ」のような「フィン」が追加されたものもあります。エンジンはポルシェ製V8のままとなっており、オリジナルが重視されています。

ヘッドライトは「ポップアップ」。ちなみにこれはポルシェ純正パーツです。

また「ポルシェ・928」は1977年-1995年まで製造されたロングラン製品で、最終的には「ポルシェ・928GTS」にまで発展しています。
これは5.4リッターV8/340馬力、最高時速は294km/hというスペックです。

インテリアに目を移すと「カーステレオ」が目に入ります。

パイオニア製のカセットデッキです。

さらに懐かしい「車載電話」も投資されています。

シートやカーペットは薄いグレー。

トランスミッションはAT(これもポルシェ純正)です。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。