【RMオークション】希少カウンタックLP400SシリーズⅡ登場

この記事は2分で読めます

【RMオークション】希少カウンタックLP400SシリーズⅡ登場

あわせて読みたい記事:【RMオークション】日本の旧車も出品され世界的人気で価格が上昇

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】ミュージアムに展示される映画に登場したモデル

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2017年ベストバージョン

「RMサザビーズ」が開催するオークションにおいて、「ランボルギーニ・カウンタック LP400S シリーズⅡ」が登場する予定とのことで注目されています。というのも「ランボルギーニ・カウンタックLP400SシリーズⅡ」の生産台数は105台のみで、この個体はレストアに2,800万円以上を費やしている、とのことだからです。ボディには「ランボルギーニ」社の伝説的テストドライバーを務めた「バレンチノ・バルボーニ」氏のサインが入り、走行距離は35,000km、とされています。この「ランボルギーニ・カウンタック」のヒストリーを振り返ると、その当時のインパクトの強さを伺い知ることができます。


「ランボルギーニ・カウンタックのヒストリー」

「ランボルギーニ・カウンタック」は1971年にジュネーブ・モーターショーにて発表されたスーパーカーでした。エクステリアデザインは「マルチェロ・ガンディーニ」氏で、「ガルウイング(正確にはシザースドア)」を持ち、とにかく低いウェッジシェイプが特徴のマシンでした。「パオロ・スタンツァーニ」氏による設計を持ち、スペースフレームにアルミパネルを採用するという、当時としては画期的な構造を持っています。搭載されているエンジンは、4リッターのV型12気筒で、このエンジンを縦にマウントしています。この「縦置き」をイタリア語で表記したものが「LP」ということになります。

  • countach11

そのドアやスタイリング、ホイールアーチの形状、エンジンマウント方式が現代の「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」にまで引き継がれていることを考えると、いかに優れたデザインそして構造を持っていたかがわかります。実は、当時から4WDレイアウトを想定した設計がなされていたと言われているから驚きです。

  • countach5

「ランボルギーニ・カウンタック LP400S シリーズ2」

では、「ランボルギーニ・カウンタック LP400S シリーズ2」とは、どのようなモデルとして登場したのでしょうか。「ランボルギーニ・カウンタック」は1971年の発表ですが、実際の発売は「LP400」として1974年に行われています。プロトタイプ発表から改良が加えられたということになります。1971年に発表されたプロトタイプ「LP500」はのちの市販車(4リッター)とは異なる、5リッターV型12気筒エンジンを搭載しており、これはカナダの石油王にしてF1チームのオーナー、「ウォルター・ウルフ」氏の手に渡っています。

  • countach8

そして同氏は、この「カウンタック」のパフォーマンスを向上させるために「ランボルギーニ」社のエンジニア、「ジャンパオロ・ダラーラ」氏(この方は、後にレーシングカーコンストラクターとして有名になりました)と相談し、サスペンションのジオメトリ変更と幅広タイヤの装着、それに伴うワイドボディ化がなされることになりました。

  • countach9

これは「LP500S」もしくは「ウォルター・ウルフ・カウンタック」と呼ばれますが、のちに「ウォルター・ウルフ」氏は自身の「カウンタック」と同じ仕様の「カウンタック」を発売してはどうかと「ランボルギーニ」社へと持ちかけ、その後発売されたのがこの「LP400S」というもモデルになったというヒストリーを持っています。その名の通りエンジンは4リッターのままではあるものの、足回りやボディは「ウォルター・ウルフ・カウンタック」と同一だとされています。なお、「ランボルギーニ・カウンタック LP400S シリーズⅢ」以降はルーフが3センチ高くなっています。ですから「カウンタック」本来のデザインを持っているのは「シリーズⅡまで」ということになります。そのようなわけで、今回の個体は相当に貴重なものであるということもわかります。

  • countach10

「バレンチノ・バルボーニ」氏のサインが刻まれています。

  • countach3

メーターは「ランボルギーニ・カウンタックLP400SシリーズⅡ」から7連(それまでは8連)になっています。

  • countach2

メーターはイエーガー製が採用されていました。

  • countach

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。