【RMオークション】生産15台のフェラーリ308ラリー仕様登場

この記事は2分で読めます

【RMオークション】生産15台のフェラーリ308ラリー仕様登場

あわせて読みたい記事:【RMオークション】希少カウンタックLP400SシリーズⅡ登場

あわせて読みたい記事:【フェラーリ】史上最高額で取引された1963年モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

1978年から1985年の間にわずかに15台が製造されたといわれているのが、「フェラーリ・308GTB」のラリーカーへとコンバートされたマシンです。この大変、貴重な「フェラーリ・308GTBラリーカー」がオークションに登場ということです。15台の製造のうち、この個体は1983年に「Pro Motorsport」チームへとデリバリーされたものです。パワーユニットとなるエンジンは3リッターのV型8気筒エンジンです。ラリー仕様のチューニングとセッティングによって最大出力は300psを発生するエンジンに仕上げられています。またボディパネルはレース用に軽量なものへと変更され、内装の軽量化とあわせて「標準モデルに比べて40kg軽量」だとされています。シャシーナンバーは「18869」で、デリバリーされた1983年には5つのレースに勝利し、翌年にもさらに5つの勝利を記録しています。なんとスパニッシュ・ラリー・チャンピオンシップのタイトルも獲得しているヒストリーを持っています。

  • ferrari7

考えてみると「フェラーリ」社とラリーというとあまり関係性がないようにも思えますが、「元祖スペチアーレ」とも言える「フェラーリ・288GTO」はもともとグループBラリーのホモロゲーション取得のために造られたモデルでした。ちなみに「フェラーリ・288GTO」は1984年発表で生産は272台となっています。「フェラーリ・288GTO」のエンジンは2.8リッターで、エンジン搭載方法も横置きから縦置きとなるなど大きな変更が加えられています。

  • ferrari3

しかし、「フェラーリ・288GTO」は、当時大きな人気を博していたグループBへの参戦を前提としていたにもかかわらず、ライバルたちに比べて戦闘力が低く、実際には参戦を考えておらず「フェラーリによるパフォーマンス」だったともされています。

  • ferrari6

その後、グループB自体はマシンの過激化、そしてもはや扱えないレベルに達したマシンが事故を起こしたことに起因して「廃止」となり、「フェラーリ・288GTO」はグループBには参戦することなく終ることになった経緯があります。

  • ferrari2

なお、「ミケロット」が「フェラーリ・288GTO」の戦闘力を高めた「288GTOエボルツィオーネ」を制作しており、こちらの走行データは「フェラーリ・F40」へと生かされたと言われています。そして今回出品される「フェラーリ・308GTB」をラリーカーへとコンバートしたのが「ミケロット」ということで、この「フェラーリ・308GTB」はある意味では「フェラーリ・288GTO」、「フェラーリ・F40へとつながる」血脈を持っていると言ってもよく、そのため今回のオークションにおいても最高で1億3000万円ほどの高値がつくだろう、と予想されているようです。

  • ferrari1

ドアミラーは「ビタローニ」製が取り付けられています。ミラーの下部にはラリーカーという性質上か、振動に備えた補強がなされることになっています。

  • ferrari5

給油口はリアのクォーターに取り付けられています。

  • ferrari4

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。