【RMオークション】 モントレーにフェラーリ250GTOが登場

この記事は2分で読めます

【RMオークション】 モントレーにフェラーリ250GTOが登場

あわせて読みたい記事:【RMオークション】 生産2台のマクラーレンF1LM 価格は?

あわせて読みたい記事:【RMオークション】66年ル・マン表彰台のフォードGT40が登場

あわせて読みたい記事:【フェラーリ】史上最高額で取引された1963年モデルのスペック

海外オークション「サザビー」の「RMオークション モントレー」に伝説のスーパーカー「フェラーリ 250 GTO」が出品されます。名車である「フェラーリ・250GTO」は、スカリエッティがデザインし、組み立てたアルミボディのフォルムは1962年から1964年までの生産期間中ほとんど変わりませんでした。なお、「フェラーリ・250GTO」には「330LMベルリネッタ」のスタイルを模したワンオフが1台存在します。

また、シリーズ生産車の最後の3台は、ミドエンジンの「250LM」スポーツレーシングカーに非常によく似た、ピニンファリーナがデザイン、スカリエッティが組み立てを担当したボディが架装されています。さらに、初期型のうち4台は1964年に後期型ボディに載せ替えられたことがわかっています。確かに全体のフォルムは大幅に変わることはありませんでしたが、生産期間中、細部の変更は多岐にわたります。

パワーユニットは、各バンクに1本のカムシャフトを持つジョアッキーノ・コロンボ設計の3リッターV12エンジンです。250テスタロッサ仕様と基本的には同じです。73mm x 58.8mmのボア・ストロークも共通でしたが、潤滑はドライサンプに変更されています。社内コードネームは「ティーポ168 Comp/62」です。プラグはVバンクの外側に配されており、ツインチョークのウェバー38 DCNキャブレターを6基装着しています。点火を受け持つのは2基のコイル、ディストリビューターはエンジンにマウントされており、公表出力は300bhpとなっていました。同クラスでは事実上敵なしで、現役最後の年にようやく「ACコブラ(はるかに大排気量のV8エンジンを搭載)」に捕まえられたにすぎません。「フェラーリ・250GTO」が国際レースで挙げた成功は枚挙に暇がありません。その勝利の一部は下記のようになっています。

  • 1963年と64年のトゥール・ド・フランスで優勝。
  • 1962年、63年、1964年のタルガ・フローリオでGTクラス優勝。
  • 1962年と63年のグッドウッドにおけるツゥーリスト・トロフィで優勝。
  • 1962年と63年のルマンでGTカテゴリー優勝。
  • 1963年と64年のニュルブルクリンク1000kmでGTカテゴリー優勝。

「フェラーリ 250 GTO」は1962年から1964年にかけて生産された希少な自動車で、生産数はわずか36台ですが、今回出品されるのは「シャシーNo.3413」が刻まれたシリーズにおいて3番目に生産されたマシンとのことです。

1962年にイタリア・シチリア島で開催されたタルガ・フローリオ選手権(GT3.0)で勝利するなどの輝かしい戦績を収めています。数多くのレースで激戦を繰り広げたマシンではありながら、オリジナルのエンジン、ギアボックス、リアアクスルが残っている点も加味して、4500万ドルほどで落札されるだろうと高い評価を出しています。

数多くの希少車を扱ってきたサザビーですが「フェラーリ 250 GTO」のオークションは2018年8月24日から25日かけておこなわれます。推定される落札価格は4500万ドル(約49億5000万円)ですが、過去には1963年に生産されたモデルが5200万ドル(当時のレートで約50億円)で落札されており、今回はいくらで落札されるのか注目です。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。