【令和に残すスーパーカー】1980年代~1990年代編・その1

この記事は12分で読めます

下記クリックで好きな項目に移動

【令和に残すスーパーカー】1980年代~1990年代編・その1

あわせて読みたい記事:【令和に残す平成の名車たち:1】スポーツカー編のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【日本モータースポーツ】伝説を残したレーシングマシンを振り返る

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

これまで数多くのスーパーカーといわれる車たちが世界中のファンを魅了してきました。「ランボルギーニ・カウンタック」や「フェラーリ・F40」など時を経てもインパクトのあるエクステリアデザインやハイスペックなポテンシャルは色褪せることのなく現在も愛されています。「昭和」、「平成」と多くの車たちが各国の自動車メーカーからデビューしてきましたが、ここでは「令和」という時代においても輝き続けるスーパーカーを振り返りたいと思います。


「FERRARI 288GTO:フェラーリ 288GTO」:1984年

1984年のジュネーブ・ショーで発表されたのが、「フェラーリ 288GTO」です。「GTO」の「O」はイタリア語のOmologato(ホモロゲーション)を意味しています。このマシンは、グループBマシンによるレースに参戦するため、ホモロゲーションに合わせて開発されていました。当初は単に「GTO」と呼ばれましたが、1960年代前半のモータースポーツシーンで活躍した往年の名車「フェラーリ・250GTO」と区別するため、2.8Lの8気筒を搭載しているから「フェラーリ・288GTO」と呼ばれるようになったということです。エクステリアデザインは、「フェラーリ・308GTB」に似たクーペボディですが、グループBのホモロゲーションに合わせて、コンペティションを前提としてカーボンやノーメックスなど新素材を採用しています。鋼管スペースフレーム+樹脂製ボディという基本構造は初期の308GTBと共通するものの、GTBでは横置きのV8ユニットは288GTOではリアアクスル前方に縦置きされ、ホイールベースも110mm延長されています。搭載されているV8ユニットはツインターボ化され、400ps/50.6kgmという当時としては驚くべきパワースペックを発揮しています。車両重量1160kgに押さえられたボディを、0-400mを12.7秒で加速させ、最高速度は305km/hというポテンシャルでした。それでもリアフェンダーや3本のルーバー、そしてダックテールなどはかつての「250GTO」を彷彿とさせます。しかし、「フェラーリ・288GTO」が参戦するはずだったグループBレースは開催されず、そのメカニズムは「フェラーリ・F40」に継承されることになっていきます。

  • 「フェラーリ・288GTO(1984年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4290×1910×1120mm
  • ホイールベース:2450mm
  • 重量:1160kg
  • エンジン種類:V8 DOHCツインターボ
  • 排気量:2855cc
  • 最高出力:400ps/7000rpm
  • 最大トルク:50.6kgm/3800rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前225/55VR16・後265/50VR16

「FERRARI Testarossa:フェラーリ・テスタロッサ」:1984年

1984年のパリ・ショー(通称:パリ・サロン)で、フェラーリのフラッグシップであった「フェラーリ・512BB」の後継車としてデビューしたのが、「フェラーリ・テスタロッサ」でした。このクルマは、世界最速のロードカーを目指して開発されました。1950年代末に活躍した「250TR」や「500TR(TRとはテスタロッサの略)」といった往年の名車から継承した車名“テスタロッサ”はイタリア語で「赤い頭」を意味し、歴代のテスタロッサ同様にエンジンのヘッドカバーは赤く塗られています。ミッドシップ搭載されるそのエンジンは、5Lの水平対向12気筒DOHC。4バルブ化され、最高出力は「512BB」より50psアップした390psを発生します。ポテンシャルは最高速度は290km/h、0-100km/h加速は5.8秒、0-1000m加速は24.1秒。ピニンファリーナとスカリエッティのコンビが生み出したボディは、ドアとルーフこそ安全上の理由からスチール製だが、基本的にはアルミ製です。注目すべきエクステリアデザインは、サイドのスリット入りエアインテークと2本ステーのアウターミラーです。

  • 「フェラーリ・テスタロッサ(1984年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4485×1980×1130mm
  • ホイールベース:2550mm
  • 重量:1600kg
  • エンジン種類:水平対向12 DOHC
  • 排気量:4942cc
  • 最高出力:390ps/6300rpm
  • 最大トルク:50.0kgm/4500rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前225/50VR16・後255/50VR16

「FERRARI F40:フェラーリ・F40」:1987年

1984年に発表されたグループBマシンである、「フェラーリ・288GTO」の延長線上にあるマシンですが、進化型と呼ぶには大きな隔たりを感じさせるモデルです。大きく張り出したオーバーフェンダーや巨大なリアウイングを備えたボディのデザインは、当時のほかのフェラーリ車同様ピニンファリーナの手にによるものです。ミッドシップ搭載される3LのV8DOHCはツインターボとインタークーラーが装着され、478psの最高出力と58.8kgmの最大トルクを発生し、5速MTで後輪のみを駆動。最高速度は324km/h、0-200km/h加速は12.0秒、0-1000m加速は21.0秒と公表されていました。

  • 「フェラーリ F40(1987年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4430×1980×1130mm
  • ホイールベース:2450mm
  • エンジン:2936cc、V型8気筒、DOHC、32バルブ、ウェーバー-マレリ製電子制御、IHI製ターボチャージャー×2基
  • 最高出力:478bhp/7000rpm
  • 最大トルク:58.8kgm/4000rpm
  • 変速機:前進5段MT+後退、後輪駆動 ステアリング:ラック・ピニオン
  • サスペンション(前後):ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、テレスコピック・ダンパー、アンチロールバー
  • ブレーキ:ベンチレーテッド・ディスク
  • タイヤサイズ:前245/40ZR17・後335/35ZR17
  • 車両重量:1100kg
  • 最高速度:323km/h 0-100km/h:3.7秒(公称)

「PORSCHE 959:ポルシェ 959」:1987年

1983年のフランクフルト・モーターショー(IAA)でポルシェが発表したのが、“グルッペB”というコンセプトカーです。このモデルは、「ポルシェ・911」を4WD化したプロトタイプでした。そしてグルッペBは「911・4WD」へと改良熟成されて、1984年のパリ〜ダカールで総合優勝を飾りました。グルッペBはさらに進化して、1985年のIAAでカタログモデルの「ポルシェ・959」としてデビューすることになりました。エクステリアは「ポルシェ・911」のボディをモディファイしただけのように見えるものの、じつはルーフなどを除いて大半は専用に新設計されていました。ドアとボンネットはアルミ製で、ボディパネルにはケブラーやCFRP(炭素繊維強化プラスティック)などが多用されています。パワーユニットは、2.85Lの水平対向6気筒。ヘッドは4バルブDOHC化され、しかもヘッドのみ水冷化されていたのです。ツインターボも装着して、450psと51.0kgmを発生。ボルグワーナー製の6速MTや多板クラッチ式フルタイム4WDなど、当時のポルシェが持つ先進技術のすべてが投入され、誰でも全天候で快適な高速移動が可能になっていました。

  • 「ポルシェ959(1987年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4260×1840×1280mm
  • ホイールベース:2270mm
  • 重量:1450kg
  • エンジン種類:水平対向6 DOHCツインターボ
  • 排気量:2850cc
  • 最高出力:450ps/6500rpm
  • 最大トルク:51.0kgm/5500rpm
  • トランスミッション:6速MT
  • 駆動方式:リアエンジン フルタイム4WD
  • タイヤサイズ:前235/45VR17・後255/40VR17

「PININFARINA Mythos:ピニンファリーナ・ミトス」:1989年

1989年の東京モーターショーで発表された、「ピニンファリーナ・ミトス」。当時は蜜月関係にあったフェラーリとピニンファリーナは、量産車だけでなく多くのショーカーやコンセプトカーを世に送り出していた。1984年に発表されたフェラーリ・ピニン以来、5年ぶりにピニンファリーナの名を冠したフェラーリでした。ベース車両はテスタロッサですが、イタリア語でオープン2シーターを意味するバルケッタを基本コンセプトとした。あえてソフトトップや折りたたみハードトップなどを与えなかったのは、かつてスポーツカーとレーシングカーが近かった時代のレーシング・フェラーリの多くが、ピニンファリーナの手になるバルケッタ・ボディだったことへの回帰を表現したかったということです。パワーユニットはベースとなったテスタロッサからパワーアップされることはなく、4942ccの排気量はもちろん、390ps/50.0kgmというパワースペックや、ミッションや駆動方式に変更はありません。車速が100km/h以上になるとフロントのリップスポイラーが30mmせり出し、同時にリアウイングが30cmアップするといった空力デバイスも装着されていました。ミトスは生産を目的としたモデルではなかったものの、このコンセプトは1995年にデビューした「フェラーリ F50」に引き継がれたとされています

  • 「ピニンファリーナ・ミトス(1989年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4305×2110×1055mm
  • ホイールベース:2550mm
  • 重量:1250kg
  • エンジン種類:水平対向12 DOHC
  • 排気量:4942cc
  • 最高出力:390ps/6300rpm
  • 最大トルク:50.0kgm/4500rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前245/40ZR17・後335/35ZR17

「CIZETA V16T:チゼータ V16T」:1989年

「チゼータ V16T」は、1988年にアメリカのビバリーヒルズで初公開されたマシンです。正式名称は「チゼータ モロダー V16T」というモデル名です。チゼータとは同社の設立者であり、元ランボルギーニのクラウディオ・ザンポーリ(Claudio Zampolli)のイニシャル“CZ”をイタリア語読みした音からきています。エンジンは6LのV型16気筒DOHCを横置きミッドシップ搭載し、ミッションは縦置きされることから、V16Tという車名が与えられたということです。希少なV16エンジンはオリジナルとされ、550psと55.0kgmを発生。最高速度は328km/h、0-100km/h加速は4.2秒と公表されています。ボディデザインはディアブロなどと同じマルチェロ・ガンディーニの作。フェラーリ・テスタロッサから影響を受けたようなボディサイドのフィンや上下2段のダブルリトラクタブルヘッドランプなどを採用しましたが、ドアはシザーズドアではなく普通のスイングドアでした。V16Tは15台生産されましたが、チゼータ社はバブル景気の崩壊後、一度倒産。しかしザンポーリはアメリカで再びチゼータ オートモービル USAを設立し、現在もV16Tを受注生産しているということです。

  • 「チゼータ V16T(1989年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4440×2060×1115mm
  • ホイールベース:2690mm
  • 重量:1700kg
  • エンジン種類:V16 DOHC
  • 排気量:5995cc
  • 最高出力:550ps/8000rpm
  • 最大トルク:55.0kgm/6000rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:横置き(ミッションは縦置き)ミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前245/40ZR17・後335/35ZR17

「DE TOMASO Pantera:デ・トマソ パンテーラ」:1990年

1970年代のニューヨーク・ショーでデ・トマソのスーパーカー3作目として誕生したパンテーラは、第一次スーパーカーブームを牽引した一台でした。その後、1990年のトリノ・ショーで一見フルモデルチェンジかと思われるほどのビッグマイナーチェンジを受けて登場したのです。バンパー一体型のフロントスポイラーやF40を意識したような大型リアウイング、そしてマセラティ・シャマルなどに用いられたフロントウインドー下のスポイラーなどが装着されていました。そのモディファイは、ランボルギーニ・ディアブロなどを手がけた鬼才マルチェロ・ガンディーニの手になると言われています。しかし、シャシやパワーユニットなど基本的な部分はまったく変わっていません。それでもミッドシップに搭載されるフォード製4.9LのOHVは305ps/46.0kgmまでパワーアップされ、公称の最高速度は270km/hというポテンシャでした。インテリアは本革やウッドパネルを採用して豪華な雰囲気になり、ボディにはタルガトップも用意されていました。

  • 「デトマソ・パンテーラ(1990年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4365×1980×1100mm
  • ホイールベース:2515mm
  • 重量:1420kg
  • エンジン種類:V8 OHV
  • 排気量:4942cc
  • 最高出力:305ps/5800rpm
  • 最大トルク:46.0kgm/3700rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前235/45ZR17・後335/35ZR17

「LAMBORGHINI Diablo:ランボルギーニ・ディアブロ」:1990年

1990年1月、スーパーカーの代名詞的存在だったカウンタックの後継車として生まれたモデルが、「ディアブロ」でした。その車名はイタリア語で「悪魔」を意味していますが、伝説の闘牛の名前でもあります。ボディデザインは、ベルトーネ時代にカウンタックのスタイリングにも携わった、鬼才マルチェロ・ガンディーニが手掛けています。直線的なデザインのカウンタックに比べると、カドの取れた少し曲線も使ったデザインとなってはいますが、シザーズドアやボディサイドのエアインテークなど、全体的なフォルムからディテールまでカウンタックを継承していました。デビュー当初は5.7LのV12DOHCをミッドシップ搭載して後輪のみを駆動していました。デビュー当初の公称スペックでは、最高速度が325km/h、0-100km/h加速が4.1秒、0-1000m加速が20.7秒。1991年にはビスカスカップリング式フルタイム4WDを採用したVTも追加設定。エンジンも最終型では6Lへアップ。リトラクタブル式ヘッドランプも後期型では固定式に変更されましたが、これには「日産:Z32型フェアレディZ」のものが流用されていてます。

  • 「ランボルギーニ・ディアブロ(1990年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4460×2040×1100mm
  • ホイールベース:2650mm
  • 重量:1650kg
  • エンジン種類:V12 DOHC
  • 排気量:5703cc
  • 最高出力:492ps/7000rpm
  • 最大トルク:59.1kgm/5200rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前245/40ZR17・後335/35ZR17

「BUGATTI EB110:ブガッティ EB110」:1991年

ブガッティが1991年に「ブガッティ・アウトモビリSpA」としてイタリアで復活し、創設者エットーレ・ブガッティの生誕110周年を記念して、「ブガッティEB110」を発表。モデル名の「EB」はエットーレ・ブガッティのイニシャル、110は生誕110周年を意味しています。30年以上のブランクを経て名門を復活させたEB110は、ミッドシップに搭載される3.5LのV12DOHCは吸気2/排気3の5バルブで、4個のIHI製小型ターボを組み合わせ、パワースペックは、GTと呼ばれるノーマルが560ps/63.0kgm、軽量化されたSS(スーパースポーツの略)では611ps/66.3kgmを発生しました。6速ミッションはエンジン前方に縦置きされ、センターデフを介して前後アクスルにパワーを振りわけるフルタイム4WDを採用していました。シャシはカーボン製で、ボディデザインの基本はガンディーニが担当しています。GTの動力性能は、最高速が350km/h以上、0-100km/h加速が3.5秒、0-1000m加速が20.7秒と発表されていました。しかしブガッティ・アウトモビリSpAは1995年に倒産し、EB110は同社が発売した唯一のモデルとなりました。

  • 「ブガッティ EB110(1991年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4400×1940×1125mm
  • ホイールベース:2550mm
  • 重量:1620kg
  • エンジン種類:V12 5バルブDOHCクワッドターボ
  • 排気量:3500cc
  • 最高出力:560ps/8000rpm
  • 最大トルク:63.0kgm/3750rpm
  • トランスミッション:6速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップ4WD
  • タイヤサイズ:前245/40R18・後325/30R18

「ITALDESIGN Nazca:イタルデザイン・ナツカ」:1991年

1991年のジュネーブ・モーターショーにイタルデザインが送り出した、「ナツカ M12」。イタルデザイン本来の姿であるカロッツェリアとして、デザインスタディのショーカーではなく少量生産車を目指していました。デザインを手がけたのは、イタルデザインの総帥ジョルジョ・ジウジアーロの長男であるファブリツィオ・ジウジアーロでした。カーボンケブラー製のモノコックボディに、パワーユニットはBMW850i用の5L V12SOHCをミッドシップ搭載しています。サスペンションは前後ダブルウイッシュボーンでリアはプッシュロッドタイプの横置きダンパー(電子制御可変式)。ブレーキにはF1用のブレンボ製キャリパー&ディスクがおごられるなど、基本構成は当時のグループCレーシングカーを思わせるほどのスペック。公称データは、最高速度は300km/h以上、0-100km/h加速は4.2秒。本革でフルトリムされたインテリアは、BMW 850iから譲り受けたメーターパネルや各種エレクトリックモニターなどによって、極めて高い快適性がもたらされていました。

  • 「イタルデザイン・ナツカ M12(1991年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4365×1990×1105mm
  • ホイールベース:2600mm
  • 重量:1100kg
  • エンジン種類:V12 SOHC
  • 排気量:2850cc
  • 最高出力:300ps/5200rpm
  • 最大トルク:45.9kgm/4100rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前235/40ZR18・後295/35ZR18

「VENTURI Challenge 400:ヴェンチュリ チャレンジ400」:1992年

1985年に設立されたフランスのスポーツカー・メーカー、「MVSヴェンチュリ」。MVSとはフランス語で「スポーツカー製造会社」を意味しています。1989年に社長が交代して単にヴェンチュリと社名を変え、1990年代にはF1のラルース・チームのオーナーにもなっていました。このヴェンチュリ社が1992年のパリ・モーターショーで発表したのが、「チャレンジ400」。従来までのミッドシップスポーツ、210/260をベースにしているものの、両サイドの大きなエアインテークやフェラーリ F40風にそびえ立つ巨大なリアウイングなど、過激なモディファイが施されています。パワーユニットはPRV(プジョー・ルノー・ボルボ)が共同開発した3L V6を縦置きミッドシップし、しかもベースのエンジンはSOHCだがヘッドを4バルブDOHC化して、さらに各バンクごとにターボ&インタークーラーを装着しています。パワースペックは最高出力400ps(車名はここに由来する)/最大トルク49.0kgm。公称の最高速度は350km/h。インテリアもメーターパネルなどにCFRPを採用し、スパルタンな雰囲気にまとめられています。「ヴェンチュリ チャレンジ400」は1993、1994年のル・マン24時間にも出場し、完走を果たしています。

  • 「ヴェンチュリ・チャレンジ400(1992年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4120×1990×1170mm
  • ホイールベース:2400mm
  • 重量:1450kg
  • エンジン種類:V6 DOHCツインターボ
  • 排気量:2975cc
  • 最高出力:400ps/6000rpm
  • 最大トルク:49.0kgm/3500rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前245/40ZR18・後285/35ZR18

「JAGUAR XJ220:ジャガー XJ220」:1992年

「ポルシェ959」や「フェラーリF40」を追うように、「ジャガー」社がスタートさせたプロジェクトが「XJ220」でした。1988年、バーミンガム・ショーでV12エンジンを搭載したプロトタイプを発表。車名が示すように、最高速は220mph(約350km/h)を目指していました。ライバルの6気筒や8気筒のターボエンジンに対して、当初はジャガー伝統の自然吸気V12ユニットを500psにチューンしてミッドシップ4WDとし、内装はコノリーレザーで…と計画していました。しかし、これらのアイテムを盛り込んでいくと車重は1700kgを超え、とても220mphで快適に走行することなど実現不可能となってしまうということで当時ル・マンなどで活躍した3.5LのV6ツインターボをデチューンして搭載し、駆動方式もRWDにするという、大幅な軌道修正が図られたモデルでした。それでもパワーは、542psと65.4kgmというパワースペックを誇り、最高速度は350km/h、0-100km/h加速は3.85秒、0-160km/h加速は8.0秒と発表されました。1991年の東京モーターショーで350台の限定発売と発表されましたが、最終的には280台ほどしか販売されなかったというモデルです。また、レーシングカーとしてル・マンなどにも参戦しています。

  • 「ジャガー XJ220(1992年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4930×2220×1150mm
  • ホイールベース:2640mm
  • 重量:1470kg
  • エンジン種類:V6 DOHCツインターボ
  • 排気量:3498cc
  • 最高出力:542ps/7000rpm
  • 最大トルク:65.4kgm/4500rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前245/45ZR17・後345/30ZR18

「McLAREN F1:マクラーレン F1」:1992年

1992年に、モナコでデビューした「マクラーレン F1」は、F1コンストラクターのマクラーレンが、ロードゴーイングスポーツの世界に参入した記念モデルでした。開発の陣頭指揮は、数多くのF1マシンをデザインしたゴードン・マーレー氏でした。全長4.3m足らず、全幅も1.8mあまりと、スーパーカーとしてはコンパクトなボディではあるものの、外皮や構造材に当時の(現在もほぼ変わらない)F1マシンに採用されているものと共通のCFRPを採用するなど、徹底した軽量化により車重は1140kgにおさえられていました。パワーユニットは、BMWから供給された6LのV12エンジンを4バルブDOHC化し、627ps/69.3kgmにチューンしてミッドシップ搭載していました。組み合わされるミッションは6速MTで、後輪のみを駆動し、最高速度は350km/hというポテンシャでしたル。運転席はクルマの中央に、その両脇にオフセットして2名分のパッセンジャーシートを備えるシートレイアウトがユニークでした。ちなみにルームミラーも左右に2つ備えられています。市販車にほぼ近い状態でル・マンの総合優勝も成し遂げるという偉業を成し遂げています。「マクラーレン F1」はデビュー当時、「究極のスーパーカー」であると同時に、自動車史がたどり着いた「究極の自動車」でもあるといわれました。

  • 「マクラーレン F1(1992年)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4290×1820×1140mm
  • ホイールベース:2720mm
  • 重量:1140kg
  • エンジン種類:V12 DOHC
  • 排気量:6064cc
  • 最高出力:627ps/7400rpm
  • 最大トルク:69.3kgm/4000-7000rpm
  • トランスミッション:6速MT
  • 駆動方式:縦置きミッドシップRWD
  • タイヤサイズ:前235/45ZR17・後315/45ZR17

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。