【ランキング】スバル:WRXシリーズ歴代最強モデル・ベスト 5

この記事は5分で読めます

【ランキング】スバル:WRXシリーズ歴代最強モデル・ベスト 5

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

あわせて読みたい記事:【WRC:1990年代編】日本メーカーがラリーで輝いていた時代

あわせて読みたい記事:【セリカGT-FOUR】ST205のWRC・パイクスピーク戦績

「スバル」の名車「インプレッサ」、「WRX」のファンであればテーマの一つとして考えるのが「歴代最強のWRXとは?」というものかもしれません。現在であれば「ニュルブルクリンク」のサーキットを走られば「S207」が最強であることは明らかですが、ミニサーキットや氷上コースなどの速度域が低いステージでは、歴代最軽量の初代GC8型がいまだに最新モデルよりも速かったりするという事実があったりもします。ということで、おそらくこのうちのいずれかを最強と推す意見が多数派であると思われるモデルを「ベスト5」としてランキングしています。


第5位:「初代インプレッサ WRX Type RA STi Ver.Ⅲ」

あわせて読みたい記事:【インプレッサ 22B STi】伝説の限定マシンのスペックとは

まず5位には初代モデルの「GC8型」から「Ver.Ⅲ」のType RAがランクインしています。普通に考えると「GC8型」の最強モデルは、限定モデルの「22B」を第一に挙げたくなるところですが、WRカーのワークスレプリカとして誕生した「22B」は同時にプレミアムカー色が強く、乗ってみると強烈なインパクトを与えるモデルではないということです。そうした特性やレプリカモデルである「22B」は「もっとも偉大なWRX」ではあるが最強となると少し違うとの判断からランキングから外されています。

「Ver.Ⅲ」は、エンジンがマスター4に変わって280馬力に到達したアプライドD型で、新井敏弘選手をして「出力特性がピーキーで扱いにくい反面、乗りこなした時の戦闘力は最強」と言わしめ、全日本ラリーでチャンピオンを獲得したモデルです。歴代WRXで唯一の2ドアクーペの派生モデルも追加されるなど、最強の「GC8」としてランクインしています。


「E-GC8型:インプレッサ WRX type RA STi Ver.III」:スペック

  • 年式:1996年
  • 型式:E-GC8型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,340mm × 1,690mm × 1,405mm
  • ホイールベース:2,520mm
  • トレッド(F/R):1,470mm / 1,460mm
  • エンジン型式:EJ20
  • エンジン形式:水平対向4気筒 DOHC 16バルブICターボ
  • 排気量:1,994cc
  • 最高出力:280PS / 6.500rpm
  • 最大トルク:35.0kgm / 4.000rpm
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / ストラット
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク

第4位:「インプレッサ WRX S202 STi Version」

2代目モデルの「GDB型」は衝突安全性の向上と引き換えに車重が激増し、競技車両RAでも実戦における戦闘力が低下するという大問題に直面したモデルでした。これに深刻な危機感を抱いた当時の開発陣はアプライドB型で早くも大改良を実施しています。ルーフパネルやトランクリッド、各ガラスの薄板化などで90kgもの軽量化を実現。さらに車高ダウンやサスペンションジオメトリーの変更など、2年目とは思えない大改良を施したスペックCを導入しました。

これをベースモデルにチタンマフラーや超軽量ブレーキローターなどで、さらにバネ下やシャシー下部の重量を軽減し、最高出力:320馬力の高性能エンジンを搭載したのが「S202」でした。パワーウェイトレシオはいまだ歴代WRX最強の4.15kg/PSを誇っています。


「GH-GDB型:インプレッサ WRX S202 STi」:スペック

  • 年式:2002年
  • 型式:GH-GDB型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,405mm × 1,730mm × 1,425mm
  • ホイールベース:2,540mm
  • トレッド(F/R):1,490mm / 1,485mm
  • エンジン型式:EJ20
  • エンジン形式:水平対向4気筒 DOHC 16バルブ ICターボ
  • 排気量:1,994cc
  • 最高出力:320PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:39.2kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / ストラット
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク /ベンチレーテッドディスク

第3位:「2代目 インプレッサ WRX STI spec C TYPE RA-R」

2代目モデルのGD系WRXの最終型に設定された限定車です。「GDB」は重量増とともに駆動系のハイテク化が進んだ宿敵ランエボとの勝負に苦戦するという大問題に直面したり、フロントマスクが不評で2度もフェイスリフトを実施するなど苦難続きのモデルでした。その鬱憤を晴らすかのように、最後になってトンでもない入魂モデルを送り出しました。

ブレーキには「WRX」シリーズ初のブレンボ製専用モノブロック対向6ポッドキャリパーや18インチ32mm厚の2ピースグループドディスクローターで武装しました。操縦性は実戦での戦闘力を重視した玄人向けのセッティングで、乗りこなすにはテールスライドコントロールのスキルが求められたなど、「危険な香りが漂う最後のWRX」とも言われているモデルです。


「GH-GDB型:インプレッサ WRX STi SPEC C type RA-R」:スペック

  • 年式:2006年
  • 型式:GH-GDB型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,475mm × 1,740mm × 1,410mm
  • ホイールベース:2,540mm
  • トレッド(F/R):1,490mm / 1,500mm
  • エンジン型式:EJ20
  • エンジン形式:水平対向4気筒 DOHC 16バルブICターボ
  • 排気量:1,994cc
  • 最高出力:320PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:44.0kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / ストラット
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク

第2位:「インプレッサ WRX R205 STi」

「S203」以降のSTIコンプリートカーはプレミアム路線を強め、3代目モデルのGRB/GVB型のSTI車は「甘美な乗り味」をさらに徹底追及しました。その一方で、WRCからの撤退や宿敵ランエボが進化を止めたこともあり、戦闘力の向上は頭打ちとなってしまった感が否めないものの、「R205」には「本気でニュルの頂点を目指す」レースマシンのオーラが漂っています。

暖気前では車検に通らない可能性が高いとされるほど勇ましい爆音サウンドは実に戦闘的であったといわれています。乗り味面でのプレミアム感では「S207」以上であり、カーボンルーフを採用したことなどが再評価される「S206」や、「GVB型」最終型に設定された「WRX STI tS TYPE RA」も悩ましい名車ながら、「R205」はラリーで勝つために採用したハッチバックボディ最強のWRXとしてランクインしています。


「CBA-GRB型:インプレッサ WRX R205 STi」:スペック

  • 年式:2010年
  • 型式:CBA-GRB型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,415mm × 1,795mm × 1,465mm
  • ホイールベース:2,625mm
  • トレッド(F/R):1,535mm / 1,545mm
  • エンジン型式:EJ20
  • エンジン形式:水平対向4気筒 DOHC 16バルブICターボ
  • 排気量:1,994cc
  • 最高出力:320PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:44.0kgm / 4.000rpm
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク

第1位:「WRX STi S207 NBR CHALLENGE PACKAGE」

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

カーナビと諸経費込みで700万円にも達する価格や、スバル車史上初の抽選販売で即時完売したなど、未来永劫にわたって語り継がれるであろう伝説の数々を残したモデルです。「ニュルブルクリンク24時間レース」の優勝記念モデルということで、競技向け車両として生み出されたわけではないが、その乗り味は極めて戦闘的です。

いかにもレーシングカー的なソリッド感に満ちているエクステリアです。何気ない日常の中でもニュル優勝マシンのナンバー付き車であることを実感しながら悦に浸れるのは、高倍率の抽選に当選したオーナーの特権でしょう。発売されて1年以上過ぎてもなお、新車販売価格以上の高値で流通していることも含め、歴代WRX STI最強となっています。


「CBA-VAB型:WRX STi S207 NBR CHALLENGE PACKAGE」:スペック

  • 年式:2015年
  • 型式:CBA-VAB型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,635mm × 1,795mm × 1,470mm
  • ホイールベース:2,650mm
  • トレッド(F/R):1,535mm / 1,550mm
  • エンジン型式:EJ20
  • エンジン形式:水平対向4気筒 DOHC 16バルブ ICターボ
  • 排気量:1,994cc
  • 最高出力:328PS / 7.200rpm
  • 最大トルク:44.0kgm / 3.200rpm~4.400rpm
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:6MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。