【フェラーリF187】エンツォの最後のF1マシンがオークション

この記事は3分で読めます

【フェラーリF187】エンツォの最後のF1マシンがオークション

あわせて読みたい記事:【マクラーレン MP4/8】モナコ最多勝記録のセナのマシンが競売

あわせて読みたい記事:【ル・マン24時間耐久レース】日本メーカー参戦マシンを振り返る

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】 シルエットフォーミュラで無敵だったマシン

時折、F1マシンがオークションに出品され話題となりますが、今回は1987年のフェラーリF1マシンがオークションに登場予定とのことです。 この個体は「ミケーレ・アルボレート」氏が当時ドライブした「フェラーリF1/87(F187)」で、「エンツォ・フェラーリ」氏が関与した最後のF1マシン、と言われています(エンツォ・フェラーリは1988年に死去しています)。

パワーユニットとなるエンジンは、1.500ccにターボを装着した、90度V型6気筒エンジンで、リストリクター付きの状態で、最高出力:950ps(予選スペック)、決勝では最高出力:880psを発生するエンジンです。設計したのは「グスタフ・ブルナー」氏、改良を行なったのは天才デザイナーといわれる「ジョン・バーナード」氏が行っています。完全に新設計のマシンとなり、エンジンもそれまでのバンク角120度から90度となって、ギアボックスも縦置きになったマシンでした。今回、オークションへと出品されるのは「シャシーナンバー 100」で、「ミケーレ・アルボレート」氏は、これでハンガリーGP、イタリアGP、オーストラリアGP、ポルトガルGPを走行した車両、とされています(F187自体はシャシーナンバー95から101までとなっています)。

オークションは「Bonhams」によって開催され、予想落札価格は最高で1億円ということです。高額ではあるものの、F1マシンとしてはさほど高い方ではなく、やはり「アイルトン・セナ」、「ミハエル・シューマッハ」のドライブしたマシンに比べると安価なほうでしょう(アイルトン・セナなどのマシンとなると7-8億円)。

このマシンをドライブした「ミケーレ・アルボレート」氏にも注目してみると実に不運なドライバーだったようです。ドライビングテクニックには非常に優れたものを持ち、シフトチェンジスキルは「世界一」と言われたほどのドライバーでした。キャリアとしては、まずF3からF1にステップアップし1981年にティレルよりデビューしています。その後1984年にフェラーリへ移籍することになり、これは「エンツォ・フェラーリに気に入られたため」とも言われます。もちろんこれにはその才能も影響していますが、「イアタリア人であった」ことが大きく関係していたと言われ、実際にフェラーリのF1ドライバーにイタリア人が起用されるのは1973年以来となり、フェラーリファンもこれには熱狂したそうです。ただしこの時期フェラーリはいいF1マシンを作れずに低迷していた時期でもあり、せっかくのスキルを活かせないままに「ミケーレ・アルボレート」はフェラーリを放出され、その後ティレルへ復帰しています。しかし、契約金はゼロで、ウィリアムズとの交渉がうまくゆかずシートを失いそうにもなりましたし、さらにフットワーク、ローラへとどんどん弱小チームへと籍を移すことになっていったドライバーです。時期と運が悪かったとしかいいようのないドライバーだったのが、「ミケーレ・アルボレート」だったのです。なお、「ミケーレ・アルボレート」は2001年のル・マンへ向けたテストを行なっている際に事故死(マシンはアウディR8)してしまいました。44歳の若さでその生涯を閉じています。


「フェラーリ・F187」:スペック

シャーシ (F187):

  • シャーシ名:F187
  • ホイールベース:2,800 mm
  • 前トレッド:1,796 mm
  • 後トレッド:1,668 mm
  • ブレーキキャリパー:ブレンボ製
  • ブレーキディスク/パッド:ブレンボ/SEP
  • タイヤ:グッドイヤー
  • ギヤボックス:6速縦置マニュアル

エンジン(F187):

  • エンジン名:Tipo033
  • エンジン形式:90度 V型6気筒ターボ
  • シリンダーブロック:鋳鉄製
  • スパークプラグ:チャンピオン
  • 燃料・潤滑油:Agip

フェラーリ・F187:成績

新開発のエンジンの信頼性が極めて低く、2台あわせて出走32回中19回のリタイアを喫したマシンです。しかし、後半戦は熟成とともに成績が向上し、ラスト2戦は「ゲルハルト・ベルガー」が連続ポール・トゥ・ウィンで締めくくっています。最終戦は2位でゴールしたロータスの「アイルトン・セナ」が失格となったため、「ミケーレ・アルボレート」が2位に繰り上がり、フェラーリのワンツーフィニッシュとなっています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。