「HONDA・CB400T(HAWK-II)」 愛称はバブツー

この記事は3分で読めます

「HONDA・CB400T(HAWK-II)」

「HONDA・CB400T(HAWK-II)」は、1980年代に大人気となった「湘南爆走族」の親衛隊長:石川晃の愛車と知られているモデルであり、「ホークII」「バブII(集合管マフラーを装着するとバブッ!バブッ!という排気音がする。)」、初期型はタンクのデザインから「ヤカン」という愛称で呼ばれているモデルです。

「CB400FOUR」以上のポテンシャルを秘めていました。

実は、デビューの1977年当時はクラスのライバル車と比べると高性能マシンとして人気のモデルでした。

 

デザイン:「ジャパニーズスタイル」

originate01.blog.fc2.com cb400t

(出典:originate01.blog.fc2.com)

ホンダには既に「HONDA・400FOUR」がカフェレーサースタイルでデビューしており、「CB400T」には独自のデザインが求められてました。

そのような中、ダイヤモンドフレームの上にガソリンタンクは「やかん」のような丸いデザイン、ハンドルはアップハンドルとし、シートは分厚いロール&タックシートとし、「CB400FOUR」を短く太くしたようなデザインでした。

そして、マフラーは左右2本出しのメガホンマフラーを装着しており、ヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルをミックスしたような「CB400T」独自のジャパニーズスタイルが特徴です。

originate01.blog.fc2.com cb400t1

(出典:originate01.blog.fc2.com)

サスペンションは、フロントにテレスコピックを採用しキャスター角を27°に設定し、リアにスイングアームを採用し、印象的な5本キャストのコムスターホイールには、タイヤはフロント:3.60S、リア:4.10Sの太めの幅のタイヤを履かせています。

ブレーキは、フロントはシングルディスクにリアは、ドラムを採用していました。

全体的に車体中央に重心が集中しており、安定感のあるハンドリング特性と扱いやすい車体に仕上がっています。

 

「ヨンフォア」よりも高出力なエンジン

www.bikebros.co.jp cb400t

(出典:www.bikebros.co.jp)

「CB400T」に搭載される排気量:395cc 空冷4サイクル 並列2気筒 SOHC 3バルブの「CB400TE型」エンジンは、、「ヨンフォア」よりもパワーのあるエンジンでした。

このエンジンには、バランサーが装備され、吸気バルブ:2、排気バルブ:1とし、ボア×ストローク:70.5mm×50.6mmの超ショートストローク、圧縮比:9.3:1に設計されました。

そして、CDI点火システムと強制開閉タイプのCVキャブレターを2基搭載し、高回転までスムーズに吹け上がる特性となっており、「ヨンフォア」が最大出力:37PS(408cc)/36PS(398cc)だったのに対して最大出力:40PS/9,500rpm、最大トルク:3.2kgm/8,000rpmの高出力を発生していました。

 

「バブII」のポテンシャル

blog-route.net CB400t

(出典:blog-route.net)

扱いやすい優秀なエンジンは、「ジャパニーズスタイル」デザインからは、予想に反する最高速を誇りました。

40PSのパワーから最高速は、161km/hに達し、0-400m加速は、14.22秒を記録するほどのポテンシャルを誇っていました。

「HONDA・CB400T(HAWK-II)」スペック

  • 全長×全幅×全高:2,150mm × 840mm × 1,180mm
  • ホイールベース:1,390mm
  • エンジン:空冷4サイクル 並列2気筒 SOHC 3バルブ「CB400TE型」
  • 排気量・ボア × ストローク:395cc・70,5mm × 50.6mm
  • 圧縮比:9.3:1
  • 最大出力:40PS / 9,500rpm
  • 最大トルク:3.2kgm / 8,000rpm
  • トランスミッション:5速
  • キャブレター:CV型キャブレター×2基
  • 車両重量:181kg

 

カスタムモデル

www.banban-bike.com cb400t

(出典:www.banban-bike.com)

www.banban-bike.com cb400t1

(出典:www.banban-bike.com)

www.gppbike.com cb400t

(出典:www.gppbike.com)

hm.cmkit.com cb400t

(出典:hm.cmkit.com)

www.webike.net cb400t

(出典:www.webike.net)

www.mbok.jp cb400t

(出典:www.mbok.jp)

定番カスタムともいえる「集合管」に変更したいところです。

5万円前後からマフラーを探せますが、旧車なので専門店で扱っています。

 

現在の中古車相場

新車価格は、319,000円でしたが、現在の中古車相場は50万円-100万円となっています。

人気だった「ホークII」も今や旧車でタマ数も激減しており、これからも価格高騰が予想されます。

 

まとめ

独自の「ジャパニーズスタイル」のデザインを持ち、3バルブの2気筒エンジンを搭載という独特の存在感を放つ「CB400T(HAWK-II)」は、「ヨンフォア」よりも高性能なポテンシャルを秘めており、特有の排気音で乗ったものを虜にする名車です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。