【ポルシェ 908-04 RSR】コンセプトのレンダリング公開

この記事は2分で読めます

【ポルシェ 908-04 RSR】コンセプトのレンダリング公開

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

あわせて読みたい記事:【SEMA 2017】世界最速のヘネシー ヴェノム F5が登場

あわせて読みたい記事:【デヴェル シックスティーン】5000ps・500キロオーバーのハイパーカー

「ポルシェ 908-04 RSR」がコンセプトモデルとして公開されることになりました。というのもデザイナーや写真家3名で構成される「ポルシェ・ヴィジョンGTチーム(Tom Wheatleyさん、Alan Derosierさん、Marcos Beltraoさん)」の手によってデザインされコンセプトモデルとして公認されたいうのが、「Porsche 908-04 RSR」なのです。実際、この「ポルシェ・ヴィジョンGTチーム」は、当初「ポルシェ」社とは無関係の集まりであり、趣味の範囲で自分たちの考えを映像や画像として表現するレンダリングでしたが、「ポルシェ」本社のマーケティングチームがコンセプトを公認し「ポルシェ」社との共同作業を行うことになりました。その結果として今回新しく一連のレンダリングを公開することになったというものです。

ちなみに、「ポルシェ・ヴィジョンGTチーム」の「Marcos Beltrao」氏は、「QOROS(ミニのデザイナー、マーティン・ヒルデブランド氏がチーフデザイナーを務める)」のリードモデラーという肩書を持っているということです。

「ポルシェ 908」という名称から考えるとモチーフは「ポルシェ 907」と思われます。そして、「ポルシェ907」というレーシングマシンは1967年に実戦投入されました。戦績は1968年には1-2-3フィニッシュを達成するなど「ポルシェ」のレース史においても燦然と輝く名車なのです。

パワーユニットとなるエンジンは排気量:1,991ccと排気量:2,195ccであり、ル・マン専用に開発されたということもあって高速走行性能を重視してロングテール(後にショートテールも登場)のエクステリアデザインとなっていました。

そして、公開された「ポルシェ 908-04 RSR」ですが現代の「ポルシェ(レースカー含む)」に採用される「クワッドLED」を装備しています。

カラーバリエーションは、「ブラック」、「レッド」のバージョンもデザインされています。「ポルシェ 919ハイブリッド」同様のアディダス、DMG MORI等のスポンサーロゴも再現されています。エンジンのある位置には「ポルシェ 918ハイブリッド」や「ポルシェ 917」のデザインを残しています。こうしてエクステリアデザインを見ると、「ポルシェ」の過去のレーシングカーそれぞれのエクステリアデザインを取り入れているようです。

インテリアに目を向けるとコクピットにはドライバー名がありますが、これはチームに参加したメンバーの名前のようです。さらにコクピット内部は、「ポルシェ 907」は「ル・マン専用」ということで、周回方向(右コーナーが多い)を考慮し右ハンドルを採用(1968年)していましたが、このレンダリングでもそれを再現しています。

ステアリングホイールには「+・-」と記されたロッカースイッチがあり、しかし右手にはシフトレバーのようなものも装備しています。「ポルシェ」のレーシングカーにおいて、過去には(軽量性を追求して)バルサ材のシフトノブを持つものがありましたが、それを再現しているようです。この「シフトレバー」は、この「ポルシェ 908-4RSR」には必要が無いものと思われるものの、おそらくは「オマージュ」として取り付けたということのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。