【フォルクスワーゲン】キューベルワーゲン、タイプ2などEVで復活

この記事は2分で読めます

【フォルクスワーゲン】キューベルワーゲン、タイプ2などEVで復活

あわせて読みたい記事:【SEMA 2017】世界最速のヘネシー ヴェノム F5が登場

あわせて読みたい記事:【ポルシェ】不変のデザインとフラット6エンジンの空冷~水冷の系譜

あわせて読みたい記事:【トミーカイラZZ EVモデル】GLM製スペックはNSX以上?

「フォルクスワーゲン(VW)」が、世界中で広く愛されたマイクロバスの「タイプ2」を電気自動車「I.D. Buzz」として復活させる計画をすでに発表しています。そして今回、さらに別の象徴的なモデルが将来的に電動化される可能性が見えてきたのです。マニアックなクルマ好きはご存知かもしれませんが、ジープのようなコンバーチブルのドイツ軍用車「キューベルワーゲン」です。アメリカでは民生仕様として「スィング」という名前で販売されていたクルマです。アメリカの自動車メディア『Car and Driver』のインタビュー記事によると、「フォルクスワーゲン(VW)」の「ハーバート・ディエス」CEOは、「キューベルワーゲン」が、同社の電気自動車専用プラットフォーム「モジュラー・エレクトリック・ドライブ(MEB)」と相性が良いと語ったということです。さらに「デューンバギー」など他にも過去の名車を電動化して復活させるアイディアを持っているようです(ただし水陸両用車「シュビムワーゲン」は除く)。

「フォルクスワーゲン(VW)」は、マイクロバスの「I.D. Buzz」やクロスオーバーの「I.D. Crozz」といった市販化が予定されている電気自動車に、MEBを共通モジュール・シャシーとして使用しています。「VW」は過去の排出ガス不正問題を払拭するため、10年以内に30車種の新型電気自動車を市場投入する計画です。しかし、「ディエス」CEOは、「VW」の代名詞的モデル「ビートル」を電動化に切り替える件については「まだ決定ではない」と述べているということです。

「MEBは適応性に優れている。後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動のいずれにも対応できるため、コンセプト案の幅はかなり広がる。キューベルワーゲンは記憶にないかもしれないが、スィングは素晴らしいクルマだった。他にもバギーなどのキットカーや、そしてバスには様々な派生モデルがある。歴史的なモデルから非常に多くのエキサイティングなコンセプト案が生まれてくるので、ビートルを電動化する必要はない」と「ディエス」CEOは『Car and Driver』の取材で述べています。

「VW」は過去に2種類の「キューベルワーゲン」を製造しています。第2次世界大戦中、「フェルディナンド・ポルシェ」氏が手掛けた「タイプ82」と、1968年~1983年に西ドイツの軍用車として製造され、民生用としても販売された「タイプ181」です。

今後の発表を楽しみにしたいところです。

そして、クルマ好きが注目している「I.D.BUZZ」にも目を移してみましょう。

そのデザインモチーフは、もはや説明するまでもないかもしれないが、皆さんご存じの「タイプ2(通称ワーゲンバス)」です。パワーユニットは、前後にモーターが配された4WDであることや、のシステムパワーは275kW/374馬力と高出力であること、600kmの航続距離を誇ること、そして完全自動運転を備えていることなど、多くのトピックが存在するが、やはり旧来のフォルクスワーゲンファンならばそのエクステリアデザインに注目するでしょう。

電気自動車といえば空気抵抗を意識したフォルムが採用されがちだが、明らかに空気抵抗の大きい箱型のボディを採用してまでワーゲンバスのイメージを踏襲したところには頭の下がる思いであり、さらに前後のウインドウの上部には、どう考えても空気抵抗を増大させそうな「ひさし」まで再現されるこだわりっぷりなのです。また、EVであるにもかかわらず、リアのクォーターパネルにはリヤに空冷エンジンが乗っていた名残を思わせるスリットが入れられていることも秀逸さがうかがえます。

インテリアデザインは、白を基調としたシートにウッド調の床、そしてガラスルーフと解放感溢れる空間が広がっています。実際に乗り込むと床下にバッテリーが敷き詰められていることからフロアが高く、見た目ほど頭上に余裕がなかったが、シートに座ってしまえば一切気にならないレベルのようです。運転席のアクセルペダルには「再生」マーク、ブレーキペダルには「一時停止」マークが描かれているなど、遊び心があふれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。