【SEMA 2017】MINIが特別カラーの「クーパーS」発表

この記事は2分で読めます

【SEMA 2017】MINIが特別カラーの「クーパーS」発表

あわせて読みたい記事:【SEMA 2017】ブガッティより速い、ゲンバラポルシェ登場

あわせて読みたい記事:【SEMA 2017】世界最速のヘネシー ヴェノム F5が登場

あわせて読みたい記事:【SEMA 2017】ダッジチャージャー1969カスタムが渋い

カスタムカーが注目を集める「SEMA ショー」ですが、自動車メーカーの純正のカスタマイズモデルも多く出展されます。「MINI」は、今年の「SEMAショー2017」で「アイス・ブルー」カラーを復刻した「クーパーS」のアメリカの市場向け特別仕様車を発表しました。実は、この「アイス・ブルー」のボディカラーは2013年以来姿を消していたものでした。しかし今回の「SEMA ショー 2017」における発表を通して、ボディタイプは3ドア・ハッチバックに限り「MINI クーパー」と「MINIクーパーS」のグレードに設定されるということです。そして、「SEMAショー2017」に展示されたのは「MINI クーパーS」モデルの方で、「アイス・ブルー」のボディ・カラーに、「ルーフ」や「17インチ・ホイール」、「ヘッドライト」と「テールライト」の周囲が「ブラック」のカラーリングが施された仕様となっています。さらに、特別な「オレンジ」カラーの「サイド・ストライプ」、「ドアミラー」、「ホイール・キャップ」が組み合わされた仕様です。このモデルのインテリアは「カーボンブラック」カラーのレザー仕様となっています。「パノラミック・サンルーフ」や、「6.5インチ・ディスプレイ」の「MINI Conected」も標準で装備されています。「MINI クーパー」モデルの方は「ルーフ」と「ドアミラー」が「ホワイト」のカラーリングとなっており、「15インチ・ホイール」は「シルバー」のカラーリングになり、「ボンネット」に「ホワイト」のストライプが入っています。価格は「MINI クーパーS」が「2万9,450ドル(約338万円)」から、「MINI クーパー」は、「2万4,950ドル(約286万円)」からとなっています。販売限定台数や販売期間には特に明らかにされていないということです。なお、このカラーは、日本国内でも「MINI クーパー」のみではありますが、400台の限定モデルとして2017年9月に発売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。