【SEMA 2017】世界最速のヘネシー ヴェノム F5が登場

この記事は2分で読めます

【SEMA 2017】世界最速のヘネシー ヴェノム F5が登場

あわせて読みたい記事:【SEMA 2017】ダッジチャージャー1969カスタムが渋い

あわせて読みたい記事:【ヘネシー ヴェノムGT】「スティーブン・タイラー」仕様・価格

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

アメリカの「ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング」社は、11月1日、アメリカのラスベガスで開催中の「SEMAショー2017」において、新型ハイパーカー『ヘネシー ヴェノム F5』を発表しました。

この「ヘネシー ヴェノム F5」は、開発コンセプトとして「世界最速のロードカー」を目指して開発されたハイパーカーです。そして、車名の「F5」とは、「竜巻(トルネード)」の規模を表す等級の最高ランク、「F5」に由来したものです。ちなみに「藤田スケール」によると、この「F5」レベルの竜巻の風速は、「261~318mph(約420~512km/h)」に達するというということです。

「ヘネシー ヴェノム F5」では、新開発の7.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンにツインターボを装着しており、エクステリアデザインを空気抵抗係数を示すCd値0.33のエアロダイナミクスボディとしています。パワーユニットは、最大出力:1,600hp以上を引き出すハイパフォーマンスエンジンスペックです。これに組み合わされるトランスミッションはパドルシフト付き7速シングルクラッチとなっています。

カーボンファイバー製ボディを採用するなどして、車両重量は1,338kgに抑えられています。この車体重量:1,338kgというのは、ライバルの1,996kgの「ブガッティ・シロン」より658kgも軽く、しかも出力は100馬力も上の数字を叩き出しています。そして、そのポテンシャルは、0-300km/hまでの加速に要するのはたった10秒で、これは現存するどのF1マシンよりも速い、とのことです。パワーウェイトレシオについては、「1:1」を誇る「ケーニグセグOne:1」を凌駕し、「0.83」という前代未聞の領域に達しています。

この「ヘネシー ヴェノム F5」の動力性能は、0~300km/h加速が10秒以下であり、急加速と急制動を行う0~400~0km/hは、30秒以内の性能を誇っています。なお、同じ内容だと「ブガッティ・シロン」は41.2秒、それを破った「ケーニグセグ・アゲーラRS」は36.44秒となっています。最高速は、「300mph(約483km/h)」に到達するということです。

なお、「ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング」社は「ヘネシー ヴェノム F5」を24台生産する計画としており、販売価格は「160万ドル(約1億8,230万円)」と公表しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。