【トヨタ ハイラックス】RN20系の2代目はアメリカンデザイン

この記事は2分で読めます

【トヨタ ハイラックス】RN20系の2代目はアメリカンデザイン

あわせて読みたい記事:【日産 サニートラック(サニトラ)】「510ブル」仕様カスタム

あわせて読みたい記事:【トヨタ ハイラックス(HILUX)】国内で復活のピックアップ

あわせて読みたい記事:【最も盗難される車ベスト10】なんとアメリカでは日本車が上位!

ピックアップトラックの名車といえる「トヨタ ハイラックス」ですが、2代目となる「トヨタ ハイラックス(RN20系型:(Toyota HI-LUX Pickup Truck)」は、1973年~78年まで愛知県で製造され北米へ輸出されていたモデルです。

2代目 ハイラックス:RN20系(1972年-1978年)」

  • 1972年5月に登場に登場した2代目「ハイラックス」ですが、先代モデルからの変更点は、リアコンビネーションランプを横型から縦型のコーナーランプに変更、シャシーにおいてはホイールベースが、ショートデッキモデルは45mm延長、ロングデッキモデルは10mm延長していますが、デッキの寸法や最大積載量などの変更は行われていません。エンジンは従来の「12R型」に加え2.0Lの「18R型」を搭載した「ハイウェイ」も設定されました。
  • トランスミッションはフロアシフト3MT、フロア3ATが設定されていましたが、「ハイウェイ」にはハイラックス初のフロア3AT車を選択できるようになっていました。フロアシフトモデルはセパレートシート2名乗車設定となっています。また高まる安全性への要望に応えてマスターバック付きタンデム・マスターシリンダー式ブレーキシステムが標準装備となっています。ロード・センシング・プロポーショニング・バルブなども採用しています。3種類あったエンジン設定は、1975年10月に「昭和50年(1975年)排ガス規制」に対応するために、排気量:1,600ccの「12R-J型(最大出力:80ps」エンジンのみの設定となりました。
  • 1975年10月にマイナーチェンジでフロントグリルが変更され、「ハイウェイ」は廃止され「ハイラックス」のATモデルも1983年のフルモデルチェンジまで一旦中止されることになりました。

「スペック:一覧」

グレード:デラックス

  • 型式:RN20-JD
  • 車両重量:1,090kg
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,275mm × 1,580mm × 1,580mm
  • ホイールベース:2,580mm
  • エンジン型式:12R
  • エンジン形式:水冷直列4気筒 OHV 8バルブ
  • 排気量:1,587cc
  • ボア × ストローク:80.5mm × 78.0mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最大出力:80ps / 5,400rpm
  • 最大トルク:12.5kgm・f / 3,000rpm

グレード:ロングボディーデラックス 

  • 型式:RN25-JD
  • 車両重量:1,115kg
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,680mm × 1,580mm × 1,585mm
  • ホイールベース:2,795mm
  • エンジン型式:12R
  • エンジン形式:水冷直列4気筒 OHV
  • 排気量:1,587cc
  • ボア × ストローク:80.5mm × 78.0mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最大出力:80ps / 5,400rpm
  • 最大トルク:12.5kgm・f / 3,000rpm

グレード:ハイウェイ

  • 型式:RN22-JD
  • 車両重量:1,110kg
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,275mm × 1,580mm × 1,590mm
  • ホイールベース:2,580mm
  • エンジン型式:18R
  • エンジン形式:水冷直列4気筒 SOHC
  • 排気量:1,968cc
  • ボア × ストローク:88.5mm × 80.0mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最大出力:105ps / 5,500rpm
  • 最大トルク:16.5kgm・f / 3,600rpm
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。