【ワイルドスピード9・10】最新作にヴィン・ディーゼルがコメント

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード9・10】最新作にヴィン・ディーゼルがコメント

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ最新作「9」「10」は公開日が延期

あわせて読みたい記事:【日産 シルビア(S15型)】ワイルドスピード「モナリザ」仕様

あわせて読みたい記事:【映画:ボーダーライン】登場車種の旧車カスタムがカッコ良すぎる

世界中で人気のカーアクション「ワイルドスピード」シリーズですが、第9弾と第10弾をもって幕を閉じると伝えられていることは明らかになっています。主人公の「ドム」こと「ドミニク・トレット」を演じる俳優:「ヴィン・ディーゼル」による最新作についてのコメントが届いています。「ワイルドスピード」シリーズの功労者で8作のうち4作でメガホンを取った「ジャスティン・リン」監督がシリーズに監督として返り咲くというのです。「ヴィン・ディーゼル」は現地時間25日、自身のFacebookで満面の笑みを浮かべながら、ライブストリーミングを行い「トップシークレット」と言いながら、シリーズ最新作の舞台セットをチラ見せしているようです。「監督は誰だと思う?」とカメラに向かって呼びかけ「『ワイルド・スピード』シリーズ4作の父」、「『ワイルド・スピード』のサガ、神話の立役者」「この素晴らしいシリーズの復活を支えた人物」とヒントを与え、リン監督を映すと「ジャスティン・リンだ」と宣言しました。

しかし、本件について米ユニバーサル・ピクチャーズからはコメントが出ていないようです。

 「ヴィン・ディーゼル」は、「ジャスティン・リン」監督について「『ワイルド・スピード』神話のDNAが刻まれている」と表現し、誰よりも早くセットに乗り込むことに意欲的だったということです。さらに「ヴィン・ディーゼル」は画面の中にミア役の女優:「ジョーダナ・ブリュースター」を迎え入れ、彼女の復帰を発表しています。「ジョーダナ・ブリュースター」が演じる「ミア」は、「ドム」の妹で亡き「ポール・ウォーカー」演じる「ブライアン」の妻の役柄です。「ポール・ウォーカー」のシリーズ最後の出演作となった7作目『ワイルド・スピード SKY MISSION』で、「ブライアン」が家族を優先し、グループを去ることに決めているため、8作目の『ワイルド・スピード ICE BREAK』には登場していませんでした。

『ワイルド・スピード』シリーズについては、「ヴィン・ディーゼル」と「ルーク・ホブス」役の「ドウェイン・ジョンソン」、「ドウェイン・ジョンソン」と「ローマン」役の「タイリース・ギブソン」の確執などが取り沙汰され、キャストの不協和音が心配の種になっていました。シリーズの最終章にふさわしく、「ジャスティン・リン」監督と「ジョーダナ・ブリュースター」が復活するのであれば、朗報以外の何ものでもないといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。