【カワサキ Z900RS】Z1オマージュモデルの価格・スペック

この記事は2分で読めます

【カワサキ Z900RS】Z1オマージュモデルの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【映画】 「High&Low」に登場のカッコいいバイク まとめ

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

「川崎重工業」は、10月25日に二輪車の新型となる「Z900RS」を発表し、「東京モーターショー2017」で世界初公開しました。名車「Z1」への尊敬を込めて開発したというレトロスポーツとなります。12月1日に発売し、価格は132万8400円(税込)の予定です。排気量:900ccクラスの並列4気筒エンジン(最大出力:111PS、最大トルク:98Nm)やティアドロップ型フューエルタンクなど、1970年代に販売した名車「Z1」への強いこだわりを持って開発したというモデルです。クラシカルなエクステリアデザインの一方で、トルクフルで吹け上がりのよいエンジン、軽量化したフレーム、トラクションコントロールなど、最新の技術が盛り込まれているということです。開発には様々な最新技術を投入することで、低中速回転域はトルクフルに、高速回転域までの吹け上がりは4気筒らしい上昇感が与えられたエンジンとし、先進の解析技術によりフレームの大幅な軽量化を実現しました。さらに、各部のセッティングや作り込みに膨大な時間を費やすことで「操る悦び」に深みを与えています。



  •  さらに、「カワサキ」においては初という排気系のサウンドチューニングも施し、低く厚みのある迫力あるエキゾーストサウンドを実現しているということです。サウンドにもこだわり、全体の形状やプリチャンバー構造に加えてグラスウールの長さや密度までも調整することで、ライダーのココロを昂ぶらせるエキゾーストサウンドを実現しています。また、水冷式4気筒エンジンとスーパースポーツモデルゆずりの足まわりや最新のトラクションコントロール装備により、ひとたびライダーが望めば、パフォーマンスブランドであるZのスピリットを引き出し、思うままにスポーツライディングが楽しめます。強いこだわりを持って創りあげられた「Z900RS」は、「Z1」同様に時代を超えて愛される魅力に溢れています。

「カワサキ Z900RS」:スペック・価格

  • 商品名:Z900RS
  • 発売予定日:2017年12月1日
  • 年間予定販売数:2,500台 
  • メーカー希望小売価格※:1,296,000円(消費税込) / 1,328,400円(消費税込)
  • カラー:メタリックスパークブラック / キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ
  • ※メーカー希望小売価格には、諸経費等を含みません。価格は参考価格です。 
  • エンジン形式:水冷4ストローク並列4気筒 DOHC 4バルブ
  • 排気量:948cc
  • ボア × ストローク:73.4mm × 56.0mm
  • 最大出力:82KW(111PS) / 8,500rpm
  • 最大トルク:98Nm(10.0kgf・m) / 6,500rpm
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,100mm × 865mm × 1,150mm
  • シート高:800mm
  • 車両重量:215kg
  • 燃料タンク容量:17L
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。