【日産・サニーエクセレントクーペ】B110ロータリーコンセプト

この記事は2分で読めます

【日産・サニーエクセレントクーペ】B110ロータリーコンセプト

あわせて読みたい記事:【B110型サニーGX-5】高回転OHV搭載しTSレースで活躍

あわせて読みたい記事:【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

あわせて読みたい記事:【ケンメリGT-R】C110型スカイラインレーシングのスペック

「日産・サニー」が、ボーイズレーサーとして大人気となったのは2代目モデルのB110型からといえるでしょう。当時、「ツーリングカーレース(TSクラス)」のベース車としても大きな成功を収めており、生産中止後も長期に渡ってレースフィールドで強豪モデルとしての地位を保ち続けたことでも知られています。特に「GX」シリーズは、スポーティモデルとして人気でしたが、中でも1972年8月に発表された「1200GX」シリーズに5速MT搭載車「GX5」は、「56A型トランスミッション」を搭載していることが特徴で、1速が左手前に来るシフトパターンで、5速もオーバードライブでは無く、1.0:1.0となるクロースレシオであり、「5速直結」、「GXミッション」などと通称され、レーシングパターンのトランスミッションを搭載していました。110型のサニーに搭載されたエンジンは、A型エンジンですが、レース用にチューニングされたA型エンジンは、燃料噴射装置の効果もあり、自然吸気のOHVで排気量:1,300ccながら、そのレース末期には最高出力:175ps / 約10,000rpmを搾り出していたといわれています。OHVというエンジンながら超高回転のエンジンフィーリングであり、実用向けの原設計からは想像しがたいほどの驚異的なポテンシャルを発揮していたのでした。またB110型は、シャシーも軽量で運動性が良く、エクステリアデザインは空気抵抗が少なく、リーフ式サスペンション(リーフスプリングに吊られたリジッドアクスル)ながら、高いトラクションとコーナリング性能を発揮する足回りなどとの相乗効果で新鋭のDOHCマシン(KP47型:トヨタ・スターレット)を下すレースも多くありました。こうした、功績から「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」の最大のライバルだった「マツダ・RX-3 / ロータリークーペ」が搭載していた「ロータリーエンジン」を日産でも搭載する開発が進められていました。


「日産・ロータリーエンジン」

  • (出典:webcartop.jp)

日産のロータリーといえば、1975年に登場した2代目シルビアに搭載される予定だった、という噂が有名ですが、実は1972年に開催された第19回東京モーターショーに実際にロータリーエンジンを搭載した車両が出品されていました。それが、B110型のサニーに搭載されたロータリーエンジン仕様コンセプトモデルなのです。ベースモデルとなったのは「B110型:サニーエクセレントクーペ」で、500ccの2ローター、ペリフェラルポートを採用し、ダウンドラフト4バレルキャブレターにツインプラグなどの仕様と発表されていました。コンパクトなボディ、空気抵抗に優れたエクステリアデザイン、レースにおいて実績のあるパワートレインなど非常に魅力的な「ロータリーエンジン」との組み合わせでしたが、第一次石油危機などの影響もあって市販されることはありませんでした。まさに幻のモデルとなったのでした。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。