【ポルシェ】不変のデザインとフラット6エンジンの空冷~水冷の系譜

この記事は3分で読めます

【ポルシェ】不変のデザインとフラット6エンジンの空冷~水冷の系譜

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

あわせて読みたい記事:【ポルシェ911 GT2 RS】ニュルブルクリンク最速記録樹立

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911RS(964型)】生産台数11台の貴重モデル

「ポルシェ」といえば、世界中で熱狂的なマニアもいるほどのメジャーなスポーツカーブランドです。その中でも「911」シリーズは別格の存在として確固たる地位を築いているモデルです。このシリーズは創始者である「フェルディナント・ポルシェ」博士が設計した「フォルクスワーゲン・ビートル」のコンポーネンツを流用してスタートした「ポルシェ 356」シリーズの後継モデルとして1960年代初頭から開発を進められていました。そして、1963年にフランクフルトモーターショーで発表された新型車が、その後半世紀以上生産を続けることとなる「ポルシェ 911」となっています。その歴代モデルを振り返ってみるとブレのない不変のエクステリアデザインを持ち、徹底的にドライバーを高揚させるパワートレインの開発を進めてきたことを知ることができます。


「901型(初代モデル):1964年~」愛称は「ナローポルシェ」と呼ばれる初代モデル

フランクフルトショー翌年の1964年から販売を開始した初代モデルの「901」型ポルシェです。初期のモデルは全幅も1,700mm以下で、フェンダーフレアもほとんどないことから、「ナロー」ポルシェと呼ばれています。開発コードは「901」であるものの、真ん中に「0」を挟んだ「3桁」の数字全てを「プジョー」が商標登録していたため、「911」という車名となりました。そのため型式上は「901型」となります。またビッグバンパー時代になっても、NAモデルは1977年まで引き続き「901型」のモデル型式となります。


「930型:1974年~」愛称は「ビッグバンパー」、マイルバンパーを装着したモデル

アメリカの法規により5マイルバンパーが義務付けられ、1974年モデルよりバンパーが大型化された通称「ビッグバンパー」が登場します。そして、「ポルシェ」史上初のターボモデル登場は1975年となります。ところが前述の通りNAモデルは引き続き型式が「901型」となるため、厳密には「930型」は1975年からということとなります。排気量は徐々に拡大し、最終的には販売価格:3.3リッターまで排気量も拡大され、急激にハイパワー化が進んだモデルです。


「964型:1989年~」ハイテク技術が詰め込まれ、熟成に向かったモデル

1989年に登場した「964型」は、スーパーウェポンといえる「ポルシェ 959」で培った技術を用いて4WDモデルの「ポルシェ カ レラ4」からスタートしました。リア駆動の「ポルシェ カレラ2」は1年遅れて登場しています。その他パワーステアリングやABS、さらにティプトロニックと呼ばれるマニュアルモード付きATなど、新技術も数多く導入されたモデルでした。エンジンの排気量も3.8リッターまで拡大された熟成に向かったモデルでした。


「993型:1993年~」初めてシルエットが変更された「空冷エンジン」最終モデル

1993年に登場した「993型」モデルは、リアに初となるマルチリンクサスペンションを導入し、リアフェンダーも「964型」より拡幅していました。キャビンこそ同形状ながら、フロントフェンダーの形状やヘッドライトの傾斜角などが変更となり、初めて全体のシルエットが変わることとなったモデルでした。エンジンの改良も進み、ついにターボモデルは最大出力:400馬力を超えるパワーを有するモデルとなりました。


「996型:1997年~」エンジンが水冷化され、「911」シリーズ史上初の大幅モデルチェンジ

長い「ポルシェ 911」シリーズ史上において、初めて本格的なモデルチェンジが行われた1997年デビューの「996型」ですが、エンジンはついに「水冷化」され、ボディも大型化され大きくエクステリアデザインを変更しました。フロントウインドーも5度傾斜角を増加し、空気抵抗も改善されました。エンジンは、DOHC化され、水冷化によってパワーアップを果たしています。独特なデザインのヘッドライトには賛否両論あったモデルでした。


「997型:2004年~」 911(997型)996型の不評を受け、再び丸いヘッドライトに

2004年発売の「997型」は、シャシーこそ「996型」と共通ながら、ボディ剛性を大幅にアップし、実に80%以上の部品を刷新したモデルです。不評だったヘッドライトは従来の丸型が復活し、これまで通りの「ポルシェらしさ」を強調しファンは一安心でした。さらに2008年からは新設計の「直噴型エンジン」を採用し、「PDK」と呼ばれる「デュアルクラッチトランスミッション」を採用し、最新技術をどん欲に取り入れて走行性能が向上していったモデルです。


「991型:2011年~」走行性能に磨くために軽量素材を導入し軽量化を実現したモデル

ボディの外板にアルミニウムが多用され、「997型」モデルに対して60kgの軽量化と剛性アップを実現し走行性能全般が向上したモデルです。再びフロントガラスの傾斜角が寝かされたデザインも特徴です。ボディサイズはほとんど変わらないものの、ホイールベースは100mm延長され、フロントのトレッドも拡大されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。