【スズキ GSX-R400】4ストレプリカ時代を切り開いた系譜

この記事は8分で読めます

【スズキ GSX-R400】4ストレプリカ時代を切り開いた系譜

あわせて読みたい記事:【ホンダ VFR400R】F3レーサーレプリカV型4気筒モデル

あわせて読みたい記事:【ヤマハ FZ400R / N】F3レーサー同時開発のレプリカ

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

1983年3月にレプリカのブームの先駆けとなった2ストの「RG250Γ」が発売され、10月の東京モーターショーには「GSX-R(発表時の名称はGSX400R)」が参考出品されました。実際に1984年3月に市販が開始された「GSX-R」のエンジンは、水冷4気筒DOHC4バルブの「GSX400FW」の最終型がベースでパワーの変更はなかったものの、400クラスとしては初採用のアルミフレームとなったMR-ALBOXや集合マフラーなど、各部の徹底した軽量化が行われた結果、乾燥重量152㎏という当時の概念を打ち破る数値を達成し、運動性能が大幅にアップしていました。ブレーキキャリパーも市販車としては世界初採用となる前後合計10のピストンキャリパー(DECA-PISTON)を装備、クイックな旋回性能を狙ったフロント16インチホイール、クラス初となるレーサーらしさを強調したデュアルヘッドライトなど、ハイメカニズムをレーシーなスタイルに包み込みこんでいました。


「GSX-R(GK71B型)」

1984年3月発売・販売価格:629,000円 

カラーリング:「レッド×ブラック」

カラーリング:「ホワイト×ネイビー」


「GSX-R(GK71B型)1984年」:スペック

  • エンジン型式:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量(内径×行程):398cc(53×45.2㎜)
  • 最高出力:59ps/11000rpm
  • 最大トルク:4.0㎏-m/9000rpm
  • 圧縮比:11.3
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:2090×710×1185㎜
  • 軸距離:1425㎜
  • 乾燥重量:152㎏
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤ前・後:100/90-16・110/90-18

「GSX-R(GK71B型)」:HB仕様モデル

1984年発売・販売価格:629,000円 

1983年の東京モーターショーに展示された「HB(ハーベー)イエロー」を限定発売(発売月日、限定数共に不明)しており、このカラーリングは1983年世界耐久選手権のチャンピオンとなったモアノー・ウバン組の「GS1000R」をイメージしていました。


「GSX-R(GK71B型)」:1985年モデル

1985年4月1日発売・販売価格:629,000円 

車体色を変更しメーターパネルも黒から白に変更されています。

カラーリング:「ホワイト×ブルー」

カラーリング:「ホワイト×レッド」

1985年8月5日に「ブラック×レッド」を追加し3色のラインアップになっていました。


「GSX-R(GK71F型)」

1986年3月発売・販売価格:669,000円

長方形の角形ヘッドライトとオイルクーラー冷却のためのダクトがエクステリアデザインの特徴である通称:「Ⅲ型」モデルは、もっとも熱を出すヘッド部を水冷、それほど高温にならないシリンダーブロックは空冷、ピストン裏側へはオイルをジェット噴射する油冷と、適材適所の冷却をおこなう「SATCS(Suzuki Advanced Three-way Cooling System)」と、スズキ独自の「TSCC(Twin Swirl Combustion Chamber=2渦流燃焼方式)を」さらにバージョンアップしたニューTSCCを採用した新型エンジンを搭載してフルモデルチェンジしていました。さらにSUタイプ2バレルキャブ、DC-ALBOXフレーム、E-フルフローターサスなども新たに採用されると共に、前後タイヤはワイドな17インチに変更と早くもフルモデルチェンジしていたのです。

カラーリング:「ブルー×ホワイトツートン」

カラーリング:「レッド×ホワイトツートン」

センターカウルとアンダーカウルのないハーフフェアリング仕様も新たに設定されていました。販売価格:639,000円。


「GSX-R(GK71F型)1986年」:スペック

  • エンジン型式:水油空冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量(内径×行程):398cc(56×40.4㎜)
  • 最高出力:59ps/12000rpm
  • 最大トルク:3.8㎏-m/10500rpm
  • 圧縮比:11.5
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:2055×680×1155㎜
  • 軸距離:1400㎜
  • 乾燥重量:153[151]kg
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤ前・後:110/80-17・140/80-17
  • [ ]はハーフフェアリング仕様

「GSX-R400(GK71F型)」

1987年6月発売 699,000円

ややレーシーさに欠けたスタイリングが不評だっために、「BORN IN CIRCUIT」をコンセプトにモデルチェンジしエクステリアデザインやパワートレインも見直しとなっています。角形ヘッドライトはイエローバルブの丸形のデュアルヘッドライトへと変更され、車名も「GSX-R400」となっています。円筒型サブチャンバー付き「SPES(Suzuki Power
up Exhaust System)」マフラー、ウエスト部を絞ったバルブなど吸排気系や、中空3本キャストホイール+ラジアルタイヤなど足まわりをリファインし、レッドゾーンが従来モデルより1000rpm上回る14000rpmになりました。ラジエターはダブルコアに変更され、エンジンにムラなく冷却空気を送り込むSCAIなども新採用しています。ちなみに、角形ヘッドライトの前モデルも「GSX-Rシングルライト仕様」という名でしばらく併売されていました。

カラーリング:「ブルー×ホワイトツートン」

カラーリング:「レッド×ブルーツートン」

カラーリング:「ブラック」


「GSX-R400(GK71F)」:スペック

  • エンジン型式:水油空冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ 
  • 総排気量(内径×行程):398cc(56×40.4㎜)
  • 最高出力:59ps/12000rpm
  • 最大トルク:3.8㎏-m/10500rpm
  • 圧縮比:11.5
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:2055×680×1125㎜
  • 軸距離:1405㎜
  • 乾燥重量:153㎏
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤ前・後:110/70-17・140/60-18

「GSX-R400 SP(GK71F型)」

1987月下旬発売・販売価格:719,000円 

「TT F-3」に新たに設定された改造範囲の狭い入門者向けの「SP(スポーツプロダクション)」クラスへの参戦用として、クロスミッションを標準装備した「SP(スポーツプロダクション)」仕様として新たに設定したモデルです。現在発売されているようなレースベース車とは異なり、もちろんナンバーを取得して公道走行も可能で、500台が限定発売されました。


「GSX-R400(GK73A型)」

1988年3月21日発売・販売価格:699,000円

斬新なアイデアだった水油空冷のパワーユニットから、スタンダードな水冷へと大きくフルモデルチェンジしたモデルです。新エンジンはボア径を1.5㎜拡大し、4連スリングショットキャブやストレートに外気を導入する「SCAI(Suzuki Condenced Air Intake)」など新採用しています。新DC-ALBOXフレームによって、50%の剛性アップと低重心化とマスの集中を実現していることもポイントです。ニューリンク式のフルフローターサス、異径4ポッドキャリパー、超扁平ラジアルタイヤなど、よりサーキットを強く意識した仕様となったモデルでもあります。エキゾーストは社外品に変更されることを見越してという訳ではないだろうが、4in1の集合管ではなく左右2本出しとなりました。

カラーリング:「ブルー×ホワイトツートン」

カラーリング:「レッド×ブルーツートン」

カラーリング:「ブラック」


「GSX-R400(GK73A型)」:スペック

  • エンジン型式:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量(内径×行程):398cc(56×40.4㎜)
  • 最高出力:59ps/12000rpm
  • 最大トルク:3.9㎏-m/10500rpm
  • 圧縮比:11.8
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:1995×695×1110㎜
  • 軸距離:1375㎜
  • 乾燥重量:160㎏
  • 燃料タンク容量:15L
  • タイヤ前・後:110/70-17・140/60-18

「GSX-R400 SP(GK73A型)」

1988年3月21日発売・販売価格:739,000円 

6速クロスミッション、シングルシートカウル、伸び側10段階、圧側12段階、スプリングレート8目盛り調整機構付きインナーロッド式フロントフォーク、リアは伸び側4段階、圧側19段階調整可能なリザーバータンク付きサスを装備したSP仕様モデルです。価格:ブルー×ホワイトツートン」のみとなっています。


「GSX-R400(GK73A型)」:1988年モデル

1988年5月発売・販売価格:699,000円 

ゴールドの文字の黒と青の2色を追加し全5色のラインアップになりました。金文字の黒バージョンは兄弟車の750と250にも設定され「憧憬の"R"BLACKS」というキャッチコピーも付けられていました。


「GSX-R400R(GK73A型)」:1989年モデル

1989年1月25日発売・販売価格:729,000円 

1988年の世界耐久選手権でチャンピオンとなったGSX-R750レーサーの技術をフィードバックし、サブフレーム付きスイングアーム、リア17インチ化とラジアルワイドタイヤで足まわりをメインにモディファイしたモデルです。車名もさらにRを追加し「GSX-R400R」となったことも大きな変更点でしょう。

カラーリング:「ブルー×ホワイトツートン」

カラーリング:「ブラック×グレーツートン」

カラーリング:「レッド×シルバーツートン」


「GSX-R400R(GK73A型)」:スペック

  • エンジン型式:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量(内径×行程):398cc(56×40.0㎜)
  • 最高出力:59ps/12000rpm
  • 最大トルク:3.9㎏-m/10500rpm
  • 圧縮比:11.8
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:1990×695×1105㎜
  • 軸距離:1375㎜
  • 乾燥重量:165㎏
  • 燃料タンク容量:15L
  • タイヤ前・後:120/60-17・150/60-17

「GSX-R400R SP(GK73A型)」:1989年モデル

1989年1月25日発売・販売価格:819,000円 

「SP」仕様モデルは、従来からの装備である6速クロスミッション、減衰力調整機能付きサス、シングルシートに加え、エンジンに圧入式バルブスプリング、4into1マフラーや大容量エアクリーナー、ゴールドチェーン、アルミ鍛造チェンジペダル、アルミマフラーブラケット、小型化されたテールランプとウインカーも新たに採用していました。


1989年1000台限定モデル

1989年月6月15日・販売価格:699,000円

「SP」仕様モデルをベースにしながら、クロスミッションではなくノーマルミッションのSPⅡを1,000台限定で販売していましたが、車体色は黒×ゴールドのみとなっています。


「GSX-R400R(GK76A型)1990年」

1990年2月28日発売・販売価格:739,000円 

1989年F-3チャンピオンマシンGSX-R400Rと、TTF-1チャンピオンマシンGSX-R750の直系マシンとしてフルモデルチェンジしたモデルでした。1989モデルより8度増しの前傾24度にセットされたエンジンは完全新設計の新型ユニットでした。特に動弁系は徹底した見直しがおこなわれ、軽量化や1バルブ1ロッカーアームの採用などにより4.0㎏-m/10,000rpmを発揮しており、高性能化で増加した熱対策は水冷オイルクーラーやラジアルフローラジエターで対応させていました。フレームはTTF-1マシンや耐久レーサーと同じレイアウトを持つアルミダブルクレードルとなり、フロントフォークには倒立式が採用されていました。

カラーリング:「ブルー×ホワイトツートン」

カラーリング:「ブラック×シルバーツートン」

カラーリング:「ブラック×グレーツートン」


「GSX-R400R(GK76A型)」:スペック

  • エンジン型式:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ 
  • 総排気量(内径×行程):398cc(56×40.4㎜)
  • 最高出力:59ps/12500rpm
  • 最大トルク:4.0㎏-m/10000rpm
  • 圧縮比:12.0
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:1995×710×1060㎜
  • 軸距離:1375㎜
  • 乾燥重量:167㎏
  • 燃料タンク容量:16L
  • タイヤ前・後:120/60-17・160/60-17

 「GSX-R400R SP(GK76A型)」

1990年2月28日発売・販売価格:789,000円 

「SP」仕様モデルは、6速クロスミッション、シングルシートなどSP仕様ではおなじみの装備の他、新たに強化クラッチ、専用設計の電子制御システム「SECS(Suzuki Electric Control System)」、クイックリリース等を追加して同時発売しており、カラーリング:「ブルー×ホワイトツートン」のみとしていました。


「GSX-R400R(GK76A型)」:1991年モデル

1991年2月14日発売・販売価格:789,000円 

カラーを変更し、フロントフォークアウターチューブとフロントディスクハウジングをゴールドアルマイト化しています。スタンダードモデルのリアショックにもリザーバータンクが装備されたことが大きな変更点です。

カラーリング:「ブラック×ピンクツートン」

カラーリング:「ブラック×レッドツートン / ブルー×ホワイトツートン」


「GSX-R400R SP/SPⅡ(GK76A)型)」:1991年モデル

1991年2月14日発売・販売価格:797,000円

「SP」モデル、「SPⅡ」モデル共にカラーチェンジしており、「SP」と「SPⅡ」の外観は同じとしました。カラーリング:「ブルーホワイトツートン」のみの車体色と価格も「SP」モデル、「SPⅡ」モデル共に同じとしていました。


「GSX-R400R(GK76A型)」:1992年モデル

1992年1月22日発売・販売価格:789,000円 

車体色を変更しています。

カラーリング:「ブレードシルバーメタリック」

カラーリング:「ホワイト×レッドツートン」

カラーリング:「ブラック×レッドツートン」


「GSX-R400R SP(GK76A型):1992年モデル

1992年2月10日発売・販売価格:797,000円

「SP」仕様の車体色を変更しています。それまで黒ゼッケンがSP仕様の外観上見分るポイントであったが、この年からスタンダードと同色になったため、「SP」仕様のみの装備であるクイックファスナー、ゴールドチェーンが外観上の識別ポイントとなりました。カラーリング:「ホワイト×レッドツートン」のみとなっており、「SPⅡ仕」様は1992年モデルからは設定されなくなっていました。


「GSX-R400R(GK76A型)」:1993年モデル

1993年1月29日発売・販売価格:739,000円

動弁系等の軽量化やバルブタイミングの変更によって中低速域を向上させたモデルですが、最高出力は自主規制値の変更により最高出力が53ps、最大トルクは3.8kg-mとスペック上はパワーダウンしヘッドライトは常時点灯式になりました。

カラーリング:「ライトパープルメタリック」

カラーリング:「パールスズキミディアムブルー」


「GSX-R400R(GK76A型)」:スペック

  • エンジン型式:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量(内径×行程):398cc(56×40.4㎜)
  • 最高出力:53ps/12000rpm
  • 最大トルク:3.8㎏-m/9500rpm
  • 圧縮比:12.0
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:1995×710×1060㎜
  • 軸距離:1375㎜
  • 乾燥重量:169㎏
  • 燃料タンク容量:16L
  • タイヤ前・後:120/60-17・160/60-17

「GSX-R400R SP(GK76A型)」:1993年モデル

1993年1月29日発売・販売価格:797,000円 

「SP」仕様ですが、1993年モデル同様の変更を受けるがバルブタイミングの変更は受けず、最大トルクは3.7㎏-m/10000rpmになっており、最高出力はスタンダードと同じ仕様となっていました。カラーリング:「パールスズキミディアムブルー」のみです。


「GSX-R400 (GK76A型)」:1995年モデル

1995年3月22日発売・販売価格:797,000円

車体色を変更したのみとなっており、このカラーが400系GSX-Rの最終型となりました。なお「SP」仕様は設定されていませんでした。カラーリング:「パールスティルホワイト×パールスズキミディアムブルー」のみでした。


「中古車相場」

中古車相場:35万円~45万円

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. An impressive share! I’ve just forwarded this onto a friend who
    was doing a little homework on this. And he in fact ordered me dinner because I discovered it for him…
    lol. So allow me to reword this…. Thanks for the meal!!

    But yeah, thanx for spending the time to talk about this topic here on your internet site.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。