「SUZUKI・GS400」 クラス初「DOHC」搭載の名車

この記事は3分で読めます

「SUZUKI・GS400」 

middie-edge.jp gs400

写真は「GS400E」(出典:middie-edge.jp)

言わずと知れたスズキの名車である「SUZUKI・GS400」は、「湘南爆走族」や「特攻の拓」などの漫画や映画でも活躍し、今ではプレミア価格で取引されているマシンです。

関連記事:【湘南爆走族】 キャラクターと伝説と呼ばれる名車たち まとめ

1976年にデビューした「SUZUKI・GS400」は、当時の400ccクラスにおいて初のDOHC(ツインカムヘッド」エンジンを搭載したモデルとして注目を集めました。

ライバルの「HONDA・CB400four」もシングルカムの「OHC」だったために高性能なエンジンとして知られることになります。

 

「流麗なデザインフォルム」

carcast.jp gs400

(出典:carcast.jp)

タンクからテールエンドにかけて綺麗なラインを描く「GS400」のデザインは、美しく時代を経ても色褪せることがないデザインです。

シンプルながらも長細くデザインすることで搭載エンジンを大きく見せ、結果として車体自体も大柄に見せることができています。

サスペンションは、フロントがテレスコピック、リアにスイングアームを採用し、ホイールは18インチのスポークホイールとしていました。

ブレーキは、フロントにディスクブレーキを採用し確実なストッピングパワーを確保していました。

 

「搭載されたクラス初DOHC」

uematsu.co.jp gs400

(出典:uematsu.co.jp)

 

当時の主流となっていたエンジンは、今では考えられませんが高出力に重きが置かれていたために2STエンジン搭載車、「カワサキ・マッハ(SS/KH)」「ヤマハ・RD」などのミドルクラスに多く見られました。

そのような中、登場した「SUZUKI・GS400」に搭載されていたのは、「DOHC(ツインカム)」エンジンだったのです。

しかも、排気量 398ccの「空冷4サイクル並列2気筒 DOHC」エンジンは、圧縮比「8.5:1」から最大出力36PS/7,400rpm、最大トルク2.72kgm/6,600rpmを発生し、DOHCならではのレスポンスと伸びのある吹け上がりをみせる特性でした。

その後、1978年に「GS400-II」となり、カムシャフトのチューニングやエキゾーストパイプの配管変更によって1PSアップし37PSへと向上しました。また同年に「GS400E」となり、スポークホイールからキャストホイールへ変更、エンジンにはギア駆動のバランサーが装着されました。

 

「年代別スペック」

 

1978年モデル:「GS400」

moto.webike.net gs400

(出典:moto.webike.net)

  • 全長 × 全幅 × 全高 × ホイールベース:2,080 × 835 × 1,125 × 1,385(mm)
  • 車体重量:185kg
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列2気筒DOHC
  • 排気量 / ボア×ストローク:398cc / 65 × 60(mm)
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:36PS / 7,400rpm
  • 最大トルク:2.72kgm / 6,600rpm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):シングルディスク / ドラム

 

1978年モデル:「GS400-II」

www.theclassifiedsplus gs

(出典:www.theclassifiedsplus)

  • 全長 × 全幅 × 全高 × ホイールベース:2,080 × 835 × 1,125 × 1,385(mm)
  • 車体重量:172kg
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列2気筒DOHC
  • 排気量 / ボア×ストローク:398cc / 65 × 60(mm)
  • 圧縮比:9.0:1
  • 最大出力:37PS / 9,000rpm
  • 最大トルク:3.3kgm / 7,500rpm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):シングルディスク / ドラム

 

1978年モデル:「GS400E」= 変更:キャストホイール

chaze.blog.fc2.com gs400

(出典:chaze.blog.fc2.com)

 

カスタム

www.bbb-bike.com gs

(出典:www.bbb-bike.com)

www.zeta-one.com gs400

(出典:www.zeta-one.com)

1make.net gs

(出典:1make.net)

www.cj-performance gs400

(出典:www.cj-performance)

www.geocities.jp gs400

(出典:www.geocities.jp)

どのカスタムもカッコいいですが、私は、やはり「湘南爆走族」の「江口洋介仕様」が大好きですね!

 

現在の中古車相場

現在では、70万円~となっており、極上の個体のものは200万円オーバーの価格で取引されている「GS400」は、これからさらに価格は高騰していきそうです。

 

まとめ

400ccクラス初のDOHCエンジンを搭載し、秀逸なデザインから時代を超えても色褪せることなく輝き続けている「GS400」は、「湘南爆走族」で使用されたりと活躍したモデルです。間違いなく日本の名車として名を残していくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。