【マクラーレンF1】未走行未登録・ワンオーナーの中古車価格は?

この記事は2分で読めます

【マクラーレンF1】未走行未登録・ワンオーナーの中古車価格は?

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017 後編

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

先日の驚きのオークション価格で、アメリカ上陸第一号の「マクラーレンF1」がオークションに登場し、落札価格:17億円という「マクラーレンF1最高額」での落札を記録しました。しかし、なんとさらに、それを上回る額であろう「マクラーレンF1」が販売中ということが明らかになりました。

中古車ではあるものの、この「マクラーレンF1」はなんと「未走行未登録」の個体で、「ワンオーナー」ということなのです。
つまり当時の購入者が乗らず登録せずにずっと保管していた、ということになります。

「ワンオーナー」というと、これだけでも大変、貴重であり価値がありますが、「未走行未登録」というのは、新古車ということなり、もはやこの個体以外にはこれほどの状態の個体は出てこないでしょう。

気になる販売している店舗は、現在エキゾチックカーディーラーである:「TOM HARTLEY」にて販売中ということです。販売している地域がイギリスということで「イギリス仕様」つまり本国仕様かと思われます。といっても、センターハンドルなので、ハンドル位置では仕様地を判別できない、それもまた価値を上げる一つの要素なのかもしれません。ちなみに北米仕様だと法規の関係で変更が行われており、設計した通りの仕様ではありません。

「マクラーレン F1」のスペックを振り返ってみましょう。まずはサイズですが、「マクラーレン F1」の全長:4,287ミリ、全幅:1,820ミリ、全高:1,140ミリ、重量:1140キロという軽量かつコンパクトに収められたエクステリアデザインとなっています。

軽量なのは、カーボンモノコックシャシー採用しているためです。パワーユニットとなるエンジンはBMW製のV型12気筒、最大出力:636馬力仕様のエンジンスペックでした。

「マクラーレン F1」は、レーシングカーデザイナー、「ゴードン・マレー」氏が「やりたいことを思いっきりやった」車であり、コストは度外視した究極のスポーティモデルです。重心の最適化を考えて「センターシート」を持つことは有名ですが、トランクはホイールベース内、後輪前にあることも特徴(前後オーバーハングに荷物を載せたくなかった)です。

販売されている、この車体は64台製造されたうちの60番となり、製造が後ろの方、ということで「マクラーレン F1」としては「後期型」になるのかもしれません。ちなみに製造自体は1993年から1998にかけて行われており、「ロードカー:64台」、「プロトタイプ(XP):5台」、「HDF:2台」、ほかにも競技用の「GTR(生産台数28台と言われる)」、「F1-LM:5台」、「GT:3台」等が存在する、と言われます。いずれにしても希少モデルです。

販売されているこの個体のエクステリアに注目したいのは、放熱製が良いという理由だけでエンジンフード裏面には金箔を貼りとなっています。また軽いという理由で車載工具はチタン製という”こだわり”が発揮されています。

内装は、極上のコンディションを維持するために養生されたままとなっています。

コレクション目的で購入したのだと思われるものの、今まで「この「極上コンディションを維持しした状態で保存していた」というのは驚くべきところです。

メーターパネルを覗くとオドメーターの示している走行距離はわずか「239キロ」となっています。これはテストのために「マクラーレン」社が走行させた距離だと思われます。

金箔張りのエンジンフードがゴージャスです。

車載工具はチタン製(金メッキ)の工具となっています。

ラゲッジセットも当然ですが未使用のままとなっていました。

「マクラーレン F1」専用バッグも未使用となっています。

「タグ・ホイヤー」製の腕時計含む付属品も未使用状態となっています。

「ファコム」製のツール、そしてツールチェストも付属しています。

「マクラーレン F1 LM」仕様のエキゾーストシステム、また「マクラーレン F1 GT」仕様のステアリングホイールも付属します。

これほどの超極上のコンディションが保たれているために「価格は17億円以上は確実」ではあるものの、残念ながら価格は非公開(ASK)となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。