【ポルシェ カレラ4GTS】「ブリティッシュ・レジェンド・エディション」シリーズ

この記事は2分で読めます

【ポルシェ カレラ4GTS】「ブリティッシュ・レジェンド・エディション」シリーズ

あわせて読みたい記事:【ポルシェ911 GT2 RS】ニュルブルクリンク最速記録樹立

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 917】伝説のマシンが競売へ予想6億円のスペックは 

ドイツの自動車メーカーである「ポルシェ」が、同社の「カレラ4GTS」に「ブリティッシュ・レジェンド・エディション(British Legends Edition)」を追加することを発表しました。「ポルシェ」は、「ル・マン24時間耐久レース」においてもっとも多くの勝利を築き上げたメーカーとして知られますが、今回の限定モデルは、その19回の勝利に貢献したイギリス人ドライバーが運転したレーシングカーをモチーフにしたシリーズとなります。

これらは1970年優勝の「リチャード・アトウッド(Richard Attwood)」氏、1981/1982/1986/1897年優勝の「デレク・べル(Derek Bell)」氏、そして、2015年優勝の「ニック・タンディ(Nick Tandy)」氏の車からデザインインスピレーションを得ており、「ポルシェ・グレートブリテン」と「ポルシェ本社」のカスタム部門「エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」との共同プロジェクトで仕上がったモデルとなっています。

それぞれの車体には「イギリス」らしさを表現するためにユニオンジャックのマーク、そして各ドライバーのサインが入るとのことで、英国人にとっては相当に価値の高いコレクションとなることが予想されています。

インテリアにおいてはステアリングコラムまでもアルカンタラ仕様で仕上げられており、レーシーな仕上がりとなっており、フロアマットはカーボンファイバー製(アルカンタラのトリム付き)となっています。

エクステリアデザインの変更点は、ドアミラーハウジングがサテンブラック仕上げになっていますが、これらの変更はドアミラーは市販車の象徴のようなものだから隠したいとのデザイン重視のスタンスが表われています。さらにはボディサイドにル・マン優勝車のカーナンバーが入っています。

なお、いずれの個体も製造は「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」による職人の「手仕上げ」ということで、大変なこだわりが感じられるモデルです。

エンジンやトランスミッションに変更はなく3リッターフラット6ツインターボは450馬力を発生し、0-100キロ加速は3.6秒となっています。そこに、トランスミッションはPDKが組み合わされます。


「ポルシェ 911カレラ4GTS British Legends Edition」:特別装備・価格

  • ル・マン24時間レースで優勝した3人のイギリス人ドライバーをフィーチャーした「911カレラ4GTS」の限定モデル
  • 「リチャード・アトウッド」モデル
  • 「デレック・ベル」モデル
  • 「ニック・タンディ」モデル

「特別装備」

  • 各ドライバーが勝利したマシンの配色を採用
  • ユニオンジャックとドライバーのサインが入ったプレートを装備
  • サテン仕上げブラックドアミラー
  • アルカンターラ インテリアトリム

「スペック」

  • エンジン:水平対向6気筒 3Lツインターボ
  • 最高出力:450ps
  • 最大トルク:56.0kgm
  • トランスミッション:7速MT or 7速DCT

「ポルシェ911カレラ4GTS British Legends Edition」:価格

  • 販売価格:約1900万円(円換算)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。