【ポルシェ 911RS(964型)】生産台数11台の貴重モデル

この記事は2分で読めます

【ポルシェ 911RS(964型)】生産台数11台の貴重モデル

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911 RWB仕様 】964型のタルガトップの価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911(930型)】「RWB」チューン1号機の価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 959 S(スポーツ)】生産29台の価格・スペック

生産わずが11台のみの「964型」の「ポルシェ 911RS」がオークションに登場予定とのことです。この「964型」は、1989年にデビューしましたが、「930型」のデザインを踏襲したエクステリアデザインではあるものの、80%ものパーツを新製するといった手の込んだ手法を採したモデルなのです。その結果、「カレラ」のボディの空気抗力係数Cd=0.32となり当時としては優れた空力特性であり、空冷エンジン搭載の911シリーズでは最も低い値となっているのがポイントです。

そして、パワーユニットとなるエンジンは、ボア:φ100mm × ストローク:76.4mmで排気量:3,600ccに拡大され、圧縮比:11.3と高圧縮仕様にツインプラグ化され、最大出力:250馬力/6,100rpm、最大トルク:31.6kgm/4,800rpmを発生します。また4WDシステムに対応するためフロアセンターは高くなっていますが、ボディワークにより見た目は分からない様になっています。リアスポイラーは電動格納式を採用し、ボディータイプは当初よりクーペ、タルガ、カブリオレの3種が提供されました。また変更点として注目できるのは、パワーステアリング及びABSの搭載、サスペンションをトーションバースプリングからコイルスプリングに変更されていることでしょう。これによりリバウンドでのセット荷重が負荷できるようになり、走行性能が向上しています。

さらに、「カレラ4」は従来の「RR」の問題点を解決するために「959型」で得た技術をフィードバックする形で導入した「4WD」となっており、直進時や旋回時の安定性の向上に貢献しています。そして、「カレラ2」は、「911」は「RR」というマニアの要望を満たすべく1年後に発売された「2WDモデル」となります。「カレラ4」よりも100kg軽い車重を活かし軽快に走ることができるだけでなく、「カレラ2」にはティプトロニックATを搭載したモデルも存在しています。また「ポルシェ」は新車時に「RS」に対し「スポーツ(ライトウエイトとも呼ばれる)」「ツーリング」を設定していますが、その顧客のほとんどが「スポーツ」を選択(そのため964RS=ライトウエイト、という印象すらある)しているということです。

今回オークションにかけられるのはイギリス向けの右ハンドル仕様ですが、11台のうち右ハンドルは6台しか存在しない、とのことで大変、貴重なモデルということができるでしょう。

「964型」の「RS」は同世代の「カレラ2」のハードコアバージョンで、エアコンやオーディオ、セントラルロッキング、パワーステアリング、遮音材など快適装備を取り外して120キロの軽量化を行い、そして足回りを固め、10馬力だけ標準よりパワフルなエンジンで最大出力:260馬力/6,100rpm、最大トルク:32kgm/5,000rpmを発生するエンジンとなっています。またチューニングされておりフライホイールも軽量なものへと置き換えられてレスポンス向上が図られ、エンジンマネジメントシステムも変更しているということです。「964型」のスペシャルモデルはいずれも高価ですが、やはりこの「カレラRS」も例に漏れず、予想落札価格は最高で3000万円程度ではないかと見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。