【ホンダ VFR400R】F3レーサーレプリカV型4気筒モデル

この記事は2分で読めます

【ホンダ VFR400R】F3レーサーレプリカV型4気筒モデル

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【ヤマハ RZV500R】カスタム:「オートスタッフ末広」仕様

あわせて読みたい記事:【スズキ RG400Γ】 クオリティーワークス仕様・スペック

1982年から製造販売されていたロードスポーツモデルのVFシリーズが、1986年4月に実施したフルモデルチェンジでモデル名を「VFR」に変更して登場しました。開発コンセプトは、F-3ワークスレーサーRVFの最新技術をフィードバック、走行性能ならびに「ライダーの快適性と人車一体感を追求したスーパーエアロフォルム」が目指す快適性とクオリティを高次元で調和、111件の新技術・新機構の特許出願というものでした。1986年に世界耐久チャンピオンマシンのTT-F1レーサーRVF750と、F3レーサーRVF400からフィードバックした最新テクノロジーを満載するかたちでニューモデルのVFR400Rが登場したのでした。90度V型4気筒エンジンはレイアウトこそVF400Fと同じではあるものの、クランクとカムの間に2個の歯車をはさみカムを駆動させるカムギアトレーンとなり、軽量高剛性のピストン、バルブ、コンロッドの採用、キャブ挟み角を72度から52度へと変更しストレートインテーク化が行なわれるなど、ポテンシャルを大幅に引き上げたのでした。フレームはエンジンをメンバーの一部とするアルミのツインチューブダイヤモンドで、軽量かつ高剛性を達成。空気抵抗を減少させるだけではなく、内側に空気を取り込んだのち後方に逃すインナーエアロダイナミクスも考慮したフルカウルなど、ライバルを追撃する体制を整えていました。このニューモデルの誕生を援護するように、ほとんど無敵といえる強さのRVF400は、1986年(山本陽一選手)、1987年(田口益充選手)と3年連続でF-3チャンピオンを獲得し、サーキットでもV4新時代を印象付けました。1986年4月1日発売された販売価格:659,000円 


 

「ホンダ VFR400R(NC21型)」:スペック

  • シャスタホワイト×ファイティングレッド
  • ブラック×モンツァレッド
  • エンジン型式:水冷4ストロークV型4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量:399cc
  • ボア × ストローク:55.0 × 42.0(mm)
  • 最高出力:59ps/12,500rpm
  • 最大トルク:3.7㎏-m/11,000rpm
  • 圧縮比:11.0
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高:2,010×705×1,125[1,010](mm)
  • 軸距離:1,375(mm)
  • 乾燥重量:163[159](kg)
  • 燃料タンク容量:16L
  • タイヤ前・後:100/90-16・130/70-18
  • [ ]はVFR400Z 

「ホンダ VFR400Z(NC21型)」

  • ブラック×モンツァレッド

カウルを装着せず、丸目のデュアルヘッドライトを装備した「VFR400Z」は、ネイキッドバージョンでしたが、オイルクーラーが装着されていない廉価版という一枚格下のモデルで、主に教習車のベース車両となったモデルでした。1986年4月15日発売、販売価格:629,000円 

  • シャスタホワイト×ファイティングレッド

「ホンダ VFR400R SPECIAL Edition(NC21型)」

1985年山本選手がF-3チャンピオンを獲得したRVF400をイメージした専用色の記念のスペシャルエディションのモデルです。1500台の限定発売で1986年7月19日発売:669,000円。

  • シャスタホワイト×ウィスタリアブルー×ローザンヌブルー×ファイティングレッド

「中古価格」

中古価格:ASK(現存数:極少)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。