【ポルシェ911 GT2 RS】ニュルブルクリンク最速記録樹立

この記事は2分で読めます

【ポルシェ911 GT2 RS】ニュルブルクリンク最速記録樹立

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017年版

あわせて読みたい記事:【Next EV NIO EP9】 世界最速のEVマシンとは?

あわせて読みたい記事:【ファラデー フューチャーFF91】最速の自動運転モデルの性能

市販スポーツカーのベンチマークといえるサーキットタイムアタックの「ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)」の最速タイムが更新されました。ニューレコードラップの6分47秒3をマークしたのは、排気量:3.6リッターツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ911 GT2 RS」です。

ラップタイムは「6分47秒30」ということですが、さらにこの記録は、公道走行可能モデルとして「ニオEP9」の6分45秒90に次ぐ2番目のタイムでもあります。

ちなみに「ポルシェ」のターゲットタイムは、7分5秒であったそうだが、それを18秒も上回る記録となったということです。グリーンヘルに「ポルシェ」が投入したのは2台の「ポルシェ 911 GT2 RS」です。

そして、ドライバーは下記の通りです。
・ラース・カーン(テストドライバー)
・ニック・タンディ(レーシングドライバー)
このうち、「ラース・カーン」が今回のレコードを記録したということです。

ポテンシャルとしては、0-100km/h加速:2.8秒、最高速:340km/hという市販車最速を誇る「ポルシェ 911 GT2 RS」の心臓部であるツインターボエンジンは、最高出力:515kW(700馬力)、最大トルク:750Nmというスペックです。2シーターの軽量化されたボディは車両重量:1,470kgということですが、ニュルブルクリンク最速を実現したときのオンボード映像は、まさに異次元のスピード感となっています。


「ポルシェ 911GT2 RS」:スペック・価格

  • ポルシェ「911」シリーズの頂点として設定するモデル
  • ゲーム「Forza Motorsport7」のカバーカーとしてサプライズ公開し、今回正式発表
  • 限定1000台は事前受注で完売済み
  • インテリアと同デザインの腕時計などのオプションも用意

スペック

  • エンジン形式:水平対向6気筒 3.8Lツインターボ
  • 最高出力:700ps
  • 最大トルク:76.5kgm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ(MT設定なし)
  • 駆動:RR
  • 車重:1470kg
  • 0-100km/h加速:2.9秒
  • 最高速度:340km/h
  • タイヤサイズ:F 265/35 ZR 20、R 325/30 ZR 21
  • 新開発の「ウォータースプレー冷却インタークーラー」を装備
  • リヤアクスルステアリングにより高速域での安定性を向上
  • セラミックブレーキを標準装備
  • カーボン製のボンネット、フロントエアロ、リアサイドインテーク、リヤエンドを採用
  • マグネシウムホイール、カーボン製のアンチロールバー、ルーフ、フロントアクスルとリアアクスルエンドリンクなどを採用し30kg軽量化する「ヴァイザッハ・パッケージ」も設定
  • スマートフォンなどに使用されている高強度の「ゴリラガラス」を採用し軽量化
  • フロントの大開口ダクト、リアフェンダーエアスクープなどで冷却性能を向上

「ポルシェ 911GT2 RS」:価格

  • 価格:約3300万円(円換算)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。