【ランボルギーニ ウラカンスーパートロフェオEVO】スペック

この記事は2分で読めます

【ランボルギーニ ウラカンスーパートロフェオEVO】スペック

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ ウラカンRWDスパイダー】MR仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】センテナリオのクーペ&オープン比較 ド級の価格

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017年版

「Automobili Lamborghini(オートモーティブ・ランボルギーニ)」社のモータースポーツ部門である「Lamborghini Squadra Corse(スクアドラ コルセ)」が、新型のサーキット専用マシンとして「Huracán Super Trofeo EVO(ウラカンスーパートロフェオEVO)」を発表しました。

実に3年前に発表されたサーキット専用モデルである「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」は、「ランボルギーニスーパートロフェオ」の規定に合わせて作られたワンメイクレース仕様でしたが、今回発表されたモデル:「ウラカンスーパートロフェオEVO」は、グランツーリスモチャンピオンシップや耐久レースにも出場するとのことです。

ちなみに2018年から実戦投入予定となるようです。

新型モデルとなる「ウラカンスーパートロフェオEVO」のボティキットは、全て再設計されたカーボンファイバー製で出来ており、「フラットフロア」「フロントスプリッター」「リアディフューサー」のみ変更されず、従来モデルと同じ高いダウンフォース性能を維持していることが最大のポイントです。

大きな変更点とおなっているのは、リアフードの取り付けられたシャークフィンと給気口です。

この2点は「ウラカンスーパートロフェオEVO」から採用され、シャークフィンは、オーバーステアの減少とリアの安定性が増し、吸気口はサイドからリアフードに変更したことでデザインを再設計することになったが、空気力学的に大きな効果があるということです。

搭載されるエンジンは、「ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ」と同じ、排気量:5.2L V型10気筒エンジン(自然吸気)が搭載されています。そして、エンジンスペックは、最大出力:610psから最大出力:620ps に引き上げられています。

販売価格:235,000ユーロ(約3,144万円)となっています。


「ランボルギーニ Huracan Super Trofeo EVO」:スペック・価格

  • 「ウラカン」シリーズに設定するサーキット専用モデル
  • ワンメイクレースの「ランボルギーニ・スーパー・トロフェオ・シリーズ」に参戦可能
  • イタリア「モンツァ・サーキット」にて、前型-1.5秒となる1:43.3を記録

「スペック」

  • エンジン形式:V型10気筒 5.2L
  • 最高出力:620ps
  • トランスミッション:6速シーケンシャル
  • レーシングコンストラクタの「ダラーラ」と協力し開発することで、前型同様の高いダウンフォースを獲得しながら、8%空気抵抗を減らした新型カーボンファイバーボディキットを装備。
    新型空力パッケージは前型の所有者にも販売

「ランボルギーニ Huracan Super Trofeo EVO」:価格

  • 価格:約3,300万円(円換算)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。