【コブラジェット・マスタング】フォードが68台限定モデルを発表

この記事は2分で読めます

【コブラジェット・マスタング】フォードが68台限定モデルを発表

あわせて読みたい記事:【フォード マスタング】映画ブリット劇中車が北米オートショーに

あわせて読みたい記事:【エルビス・プレスリー】所有していたベンツ280SELが販売に

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 映画に登場のインプレッサWRXが競売に

実は2018年は「フォード」社の「コブラジェット・マスタング」の誕生から50周年に当たるプレミアムな時となっています。そして当然のことながら、「フォード」社はこれを祝して、ドラッグレース仕様の現代版の「コブラジェット・マスタング」を生産すると発表しました。生産台数は68台限定で(68の意味がお分かりだろうか? これは、初代コブラジェットが「NHRAウインターナショナルズ」でデビューを果たし、優勝に輝いた1968年に因んでいる)、ボディ・カラーはレース・レッドとオックスフォード・ホワイトの2色が用意されています。「マスタング」の市販モデルで史上最速となる新型の「コブラジェット」は、クォーターマイル(0-402m/h)を8秒台半ばで走り切り、その時の速度は240km/hを超えるということです。2016年モデルのクォーターマイルも8秒台とされていたが、おそらく8秒台後半だったと思われます。この速さは、搭載するスーパーチャージャージド「コヨーテ」V型8気筒エンジンによるものです。今回は従来よりも排気量が200cc拡大され、5.2リッターとなっています。「フォード・マスタング」の独立懸架式リア・サスペンションはドラッグレースに合わせ、9インチのソリッド・アクスルを備える4リンク式サスペンションに替えられています。パワフルなダッジ「チャレンジャー SRTデーモン」とは違い、購入したら手を加える必要なしに、そのまま「NHRA(全米ホットロッド協会)」のレースに出場可能な「コブラジェット」は、NHRA公認ロールケージとFIA公認レーステック製レーシング・シートを装備しています。さらに、ドラッグレース仕様のコイルオーバー・サスペンションと特別にデザインされた50周年バッジ付きのウェルド製レーシング・ホイールも装着されています。ただし、「コブラジェット」は「チャレンジャー・SRTデーモン」のように公道を走行することはできません。「車両識別番号(VIN)」が付与されておらず、登録することができないからです。それでも間違いなく、フォードが製造する68台は全て完売してしまうだろうと予測されています。また価格はまだ発表されていないが、2016年モデルは10万ドル(約1,070万円)以下であったため、今回も同じような価格帯になると予想されています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。