【メルセデス AMG プロジェクトワン】F1超えのスペック!価格

この記事は3分で読めます

【メルセデス AMG プロジェクトワン】F1超えのスペック!価格

あわせて読みたい記事:【ブガッティ・シロン】 最新スペック 世界最速のスピードとは?

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017年版

「メルセデス・ベンツ」社は、2017年の「ドイツ・フランクフルトモーターショー(IAA)」で「メルセデス-AMG プロジェクトワン」を公開しました。

この「メルセデス-AMG プロジェクトワン」とは、F1ハイブリッド技術を備えた2シータースーパースポーツコンセプトカーで、「AMG」の50周年のハイライトを代表するモデルです。F1直系のハイブリッド技術により、優れたレースパフォーマンスと効率の良い日常の使い勝手を兼ね備えていることが最大のポイントです。

実にそのポテンシャルはというと、「メルセデス-AMG プロジェクトワン」の最大出力は、1.000馬力を超え、最高時速は350km/hを超えるということです。また、0km/hから200km/hまでの加速を6秒以内に行うことができるポテンシャルを備えているのです。

そのパワーの原動力となる、「電動ターボチャージャー(MGU-H)」を搭載した内燃機関と「クランクシャフト(MGU-K)」の電動機との熱効率は40%以上と、市販のガソリンエンジン車(約33~38%)に対し、効率の高さも兼ね備えています。実際に「メルセデス-AMG プロジェクト ワン」のパワートレインでは、F1マシン譲りの1.6リットルV型6気筒ターボエンジンをミッドシップに搭載しており、ピストンやクランクシャフト、電装システムが専用設計となり、エンジンは1万1000rpmと非常に高回転まで回るのが特徴です。そして、最大出力は680hp以上を発生する仕様となっています。

また、この1.6リットルV型6気筒ターボエンジンに、フロント2個(163hp×2個)、ターボチャージャーとエンジンにそれぞれ1個の合計4個のモーターを組み合わせたハイブリッドとし、加速時などにエンジンのパワーをアシストする構造となっています。ハイブリッドパワートレインは、システム全体で1000hp以上のパワーを引き出すセッティングが施されています。

EVモードも備えており、最大で25kmのゼロエミッション走行が可能ということです。そして、トランスミッションは「AMG」製の専用設計8速の「AMGスピードシフト8」を搭載しています。また駆動方式は4WDを採用することによって強力なパワーを路面に伝えるようにしています。

しかし、「メルセデスAMGプロジェクトワン」の目的は現在のF1ハイブリッド技術を用いて、トップクラスのスポーツ走行性能と日常遣いを兼ね備えた究極のドライビングマシンになるだけではなく、パフォーマンス指向のプラグインハイブリッドドライブ技術、サスペンションレイアウトのさらなる開発、そして将来のメルセデス・AMGに役立つ車載エレクトロニクスの拡張性など、広い知見を得ることでもあるということです。

「メルセデス-AMG プロジェクト ワン」はAMG内のコード「R50」で、密かにドイツ本社のあるアッファルターバッハとイギリスのブラックリーの間で開発が進められて来たモデルです。

また275台を限定生産予定とし、価格は約3億円とのことですが、顧客への事前のセールスによりすでに完売しているとのことです。


「メルセデス-AMG Project One」:スペック・価格

  • メルセデスAMGの50周年を記念し製作した新型ハイパーカー
  • F1マシンに採用されているものと同型のV型6気筒1.6Lターボエンジンを搭載
  • 275台を限定生産予定とし、顧客への事前のセールスによりすでに完売
  • 2018年から生産を開始し、1日1台製造

「スペック」:

  • エンジン:V型6気筒 1.6Lターボ + 電気モーター×4 ハイブリッド
    「W08 F1」カーのパワートレインを専用チューニング。
    電気モーターは前輪左右に1基ずつ、電動ターボに1基、エンジンクランクケースに1基の合計4基。
    熱効率は43%を達成。
    アイドリング回転数は、F1マシンの4000rpmから2000rpmにチューニング。
    エンジンは5万km走行後にリビルドが必要になる
  • システム最高出力:1000馬力以上
    エンジン最高回転数はF1マシンの14,500rpmから抑えられた11,000rpmに
  • トランスミッション:8速シングルクラッチ自動変速(AMG製スピードシフト)
  • 車重:1315kg未満
  • 0-200km/h加速:6秒
  • 最高速度:350km/h以上
  • 駆動:ミッドエンジン4WD
    トルクベクタリングシステムを搭載
  • EVモードにより25kmの走行が可能
  • 高い性能を持つマルチリンクサスペンションをフロントとリアに採用
  • パワートレインを冷却する大きなカーボンファイバールーフスクープを装備
  • インテリアに10インチ高精細ディスプレイを1台搭載
  • ステアリングホイールは上下フラットなデザインとし、運転モードやサスペンションの設定などが可能
  • バックウインドウがないことを補うリアビューカメラのほか、エアコン、パワーウィンドウも装備
  • カーボンファイバー半カバーを備えた専用鍛造ホイール
  • タイヤ(F/R):
  • フロント 10.0J×19インチ・285/35ZR19 ミシュランパイロットスポーツカップ2タイヤ
  • リア 12.0J×20インチ・335/30 ZR 20 タイヤミシュランパイロットスポーツカップ2

「メルセデス-AMG Project One」:価格

  • 価格:約3億円(円換算) 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。