【TVR グリフィス(Griffith)】新型のスペック・価格

この記事は2分で読めます

【TVR グリフィス(Griffith)】新型のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速ラップタイムランキング2017年版

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911 スピードスター】 991型の仕様・スペック

イギリスのスポーツカーメーカーである、「TVR」社は9月8日、イギリスで開幕した「グッドウッド・リバイバル」において、新型「TVR グリフィス(Griffith)」を初公開しました。

「TVR」社というは1947年に「トレバー・ウィルキンソン」氏がイギリスの国ブラックプールに設立した会社です。高性能なスポーツカーを少量生産する手法で成長しました。しかし、2006年末に経営破綻を喫してしまい姿を消すことになっていました。

新型の「TVR グリフィス」は、復活を果たした新生「TVR」社の最初のスポーツカーとなるモデルです。初代の「TVR グリフィス」は1963~65年に生産されており、そこから長き27年のブランクを経て、2代目となる「TVR グリフィス」が1992年に発売されていました。しかし、2001年に生産を終了したのでした。

そして、新型となる今回のモデルが、「TVR グリフィス」の2度目の復活となるモデルなのです。

新型の「TVR グリフィス」の設計には、著名デザイナーである「ゴードン・マレー」氏を起用しています。

イギリスのスポーツカーの伝統に則った2シーター車をデザインしています。

エンジンなどのメカニズム系は、「コスワース」社が手がけており高性能なセッティングが施されています。

そして生産は、イギリスのサウスウェールズ州の新工場で、2018年から行われる予定となっています。

「コスワース」社が開発した新型のパワートレインは、エンジンが排気量:5.0リットルV型8気筒ガソリンとなり、車両重量1トン当たり、400bhpのパワーを引き出すハイパフォーマンスな仕上がりとなっています。

また、車両重量は1,250kgに抑えられることから、パワーは500bhpレベルとなっています。

トランスミッションは6速MTを採用し、パワフルなエンジンと軽量ボディの組み合わせにより、0~96km/h加速4秒以下、最高速322km/h以上の優れた性能を実現し、高いポテンシャルを発揮します。


「TVR グリフィス(Griffith)2018」:スペック・価格

  • 2006年の経営破綻後、オーナーをかえ再出発するイギリスのスポーツカーメーカー「TVR」のニューモデル
  • 2001年まで製造していた「グリフィス(Griffith)」のモデル名を復活し、2018年から製造開始、2019年からオーナーにデリバリー予定
  • 初回分として500台の生産を予定

スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,314 × 1,850 × 1,239(mm)
  • エンジン:コスワース製V型8気筒 5L
  • 最高出力:500ps
  • トランスミッション:6速MT
  • 駆動:FR
  • 車重:1,250kg
  • 前後重量配分:50:50
  • 乗員:2人
  • 0-100km/h加速:4秒未満
  • 最高速度:321km/h以上
  • 車体はスチールフレームにカーボンファイバーパネルを組み合わせ、剛性と軽さを両立
  • フラットボトムとし、グランドエフェクトによりダウンフォースを獲得可能

「TVR グリフィス(Griffith)」:価格

新車価格:約1,300万円(円換算)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。