【ジャガー Eタイプ・ゼロ】世界で最も美しいEV仕様・スペック

この記事は2分で読めます

【ジャガー Eタイプ・ゼロ】世界で最も美しいEV仕様・スペック

あわせて読みたい記事:【イーグル スパイダーGT】ジャガーEタイプをハイスペック販売

あわせて読みたい記事:【ジャガー Eタイプ】 1963年GT優勝モデルの価格が凄い!

あわせて読みたい記事:【スクランブル(OVERDRIVE)】あらすじ・登場車種リスト

イギリスの高級スポーツカーブランドのお「ジャガーカーズ」は9月7日、イギリスのロンドンで開幕した「Tech Fest 2017」において、「ジャガー Eタイプ・ゼロ(Jaguar E-type Zero)」を初公開しました。この「ジャガー Eタイプ・ゼロ(Jaguar E-type Zero)」は、そのモデル名に含められている通り「ジャガー」の名車として知られる『Eタイプ』に、最新のEVパワートレインを搭載したワンオフモデルです。開発コンセプトは「世界で最も美しいEV」を目標として開発されました。

実際にベース車両となったモデルは、「世界で最も美しい車」の一台に挙げられる1968年式の「シリーズ1.5」と呼ばれる「ジャガー Eタイプ」のロードスターモデルです。その車体にEVパワートレインは、「ジャガー」のEVコンセプトカー、『I-PACE』のシステムをベースに開発されました。パワースペックに注目するとモーターは最大出力300hpを発生する仕様となっています。二次電池は蓄電容量40kWhのリチウムイオンバッテリーで、オリジナルの「ジャガー Eタイプ」の直列6気筒エンジンと、大きさと重量が同じものを設計したということで、凄まじいこだわりが見られるポイントでもあります。モーターはバッテリーのすぐ後方の元ギアボックスの場所にレイアウトされています。「ジャガー カーズ」社によると、いつでもオリジナルの「ジャガー Eタイプ」に戻せるようにしておくためだということです。

またポテンシャルは、1回の充電での航続は270kmとなっています。さらに車両重量は、オリジナルの「ジャガー Eタイプ」よりも、46kg軽量化されておりハンドリングが向上したセッティングが施されています。前後重量配分は、オリジナルを維持しているということです。0~100km/h加速は5.5秒と、オリジナルの「ジャガー Eタイプ」よりも約1秒速いポテンシャルを備えています。エクステリアデザインにおける目立った変更点は、LEDヘッドライトが採用された程度で、オリジナル状態を保っています。


「ジャガー Eタイプ・ゼロ(Jaguar E-type Zero)」:スペック

  • ベースモデル:1968年式:「ジャガー Eタイプ ロードスター(シリーズ1.5)」
  • パワートレイン:「ジャガー I-PACE用EVシステム」
  • 最大出力:300hp
  • 航続距離:270km
  • 0-100加速:5.5秒
  • EV仕様のインテリアデザインへの変更、LEDヘッドライト、EV充電ソケット…etc。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。