【BMW ミニ JCW GP】 コンセプトモデルの仕様スペック

この記事は2分で読めます

【BMW ミニ JCW GP】 コンセプトモデルの仕様スペック

あわせて読みたい記事:【BMW Z4】トヨタ スープラの共同開発のニューモデル初公開

あわせて読みたい記事:【MINI エレクトリックコンセプト】フランクフルトでデビュー

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速:ランキング2017】市販車で最速は?

「BMW MINI」から過激なコンセプトモデルとなる「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP コンセプト」が発表されました。実に待望の「BMW ミニ」の過激でホットなプロダクションモデルの登場を示唆するクルマなのです。これまでも「JCW GP」モデルは、「BMWミニ」の第1世代では2006年に、第2世代では2012年に発表されていました。いずれもモデルサイクルの最後期に登場していることから、第3世代については2019年にローンチされるものと考えられています。

「BMW ミニ」は、「このGPコンセプトが、今後生産化されるのかは決定しておりません。今回発表したものは、あくまでデザインスタディです」とコメントしています。

大きな特徴の「巨大なエプロン ルーフスポイラー」

しかし、「BMWミニ」を率いる「ピーター・シュヴァルツェンバウアー」取締役は、以前「AUTOCAR」の取材に対して、「JCW GPはミニブランドの重要な要素です。彼らは大変わたし達に尽くしてくれ、GP仕様が再び登場しない理由が考えられません」と語っていたということです。

「ミニ・ジョン・クーパー・ワークス GP コンセプト」の過激なスタイリングは生産型には採用されないといわれているものの、「前後の巨大なエプロン」、「サイドスカート」、「大きなルーフスポイラー」は、大変魅力的なエクステリアパーツといえます。

テールデザインの特徴は、テールライトの「ユニオンジャック」

とりわけ、英国起源のブランドを象徴するユニオンジャックの半分を模したリアLEDランプが印象的なデザインとなっています。

インテリアデザインは、「レーシングスパルタン仕様」

インテリアデザインとしては、ロールケージや低く設置されたバケットシートを搭載しています。ステアリングにはパドルシフトを備えておりスパルタンな仕様に仕上げられています。


「BMW MINI ジョン・クーパー・ワークスGP コンセプト」:スペック

  • 前型にも設定されていた「MINI JCW GP」の現行型スタディモデル
  • 現行型後期の2019年に市販化されると見られている
スペック
  • 前後のカーボン製大型エアロパーツ、サイドスカート、アグレッシブなルーフスポイラーを装備
  • ユニオンジャックデザインリアLEDランプを採用
  • ロールケージ、バケットシート、レーシングハーネス、パドルシフトを装備
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。