【ランボルギーニ ミウラP400】車番3165はコンクール受賞

この記事は2分で読めます

【ランボルギーニ ミウラP400】車番3165はコンクール受賞

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ ミウラSV】45年の時を経て完成!貴重な1台

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ ミウラSV】2億5000万円以上の希少モデル

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ ディアブロ】ジャミロクワイの希少な愛車が競売

自動車史の歴史に残る名車といわれる「ランボルギーニ ミウラ」。このほど「ランボルギーニ・ポロストリコ」によるレストレーションを終えた「ランボルギーニ ミウラP400」が、英国で開催された「サロン・プリヴェ」のコンクールで、表彰されました。

所有するのは「ジャン・パオロ・ダラーラ」氏であり、所有する個体は「ランボルギーニ ミウラP400(シャシーナンバー:3165)です。そしてこの個体は、「エボリューション・オブ・ザ・スーパーカー・ピンナップス」カテゴリーで最優秀賞を受賞しました。

なんとレストア完了から1カ月で、他の8台のエントラントを退けて栄冠を手にしたのです。注目すべきは軽量シャシーで0.8mm厚のフレームです。

そして、この個体の経緯としては、1963年から1969年まで、ランボルギーニのテクニカルディレクターを務めた「ジャン・パオロ・ダラーラ」氏は、「パオロ・スタンツァーニ」氏、「マルチェロ・ガンディーニ」氏とともに、「ランボルギーニ ミウラ」の父と呼ばれており、「ジャン・パオロ・ダラーラ」氏がこの個体を手に入れたのは2016年のことでした。

そして、この個体の特徴ともいうべき「ボディナンバー:68(軽量シャシー/フレーム厚0.8mm)」、「エンジンナンバー:1400
」という特別な車両を彼は覚えていたということです。

さらに、14カ月、3000時間を費やしたフルレストアですが、「ランボルギーニ・ポロストリコ」は、ボディカラーをホワイトにペイントし、ブラックの内装という車体のフルレストレーションを依頼され、14カ月、3000時間におよぶ作業の末、今年7月に「ジャン・パオロ・ダラーラ」氏のもとに納車を済ませたとのことです。

レストアを終えて「ジャン・パオロ・ダラーラ」氏は、「このクルマとは、気持ちが繋がっていると感じています。まさにわたしの人生の素晴らしい時期を象徴するモデルです。忠実にレストレーションされ、オリジナルの状態になりました。はじめてのコンクール・イベントに出場したことで、わたくし達の心と自動車の歴史に新しい思い出が刻み込まれました。」とコメントしています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。