【トミーカイラ R33型GT-R】生産34台の希少モデルが存在

この記事は2分で読めます

【トミーカイラ R33型GT-R】生産34台の希少モデルが存在

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

あわせて読みたい記事:【R34スカイラインGT-R】最強モデルZ-tuneのスペック

あわせて読みたい記事:【アクティブ R32GTR】フルカーボンワイドボディ仕様のスペック

1989年に衝撃の復活を果たし、大ヒットとなったBNR32スカイラインGT-Rの後を継ぐ形で、1993年8月にR33型スカイラインが発表された直後の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表された(市販モデルでは主にフロント周りが改修される)後、標準車の販売開始から遅れて1年5か月後に発表。そして、1995年にデビューしたのがBCNR33:スカイラインGT-Rでした。BNR32に比べて大きくなったボディは賛否両論でしたが、聖地ニュルブルクリンクで8分の壁を破る(BCNR33のプロトタイプモデルが7分59秒のタイムを記録したことで、BNR32型に対してのタイム差から「マイナス21秒ロマン」と銘打ったキャッチコピー)などその性能は確実にアップしており、今なお人気を博している名車です。

そのBCNR33スカイラインGT-Rを「トミーカイラ」がチューニングしたのは1995年末のことでした。比較的、大人しい印象があったノーマル車のエクステリアデザインを攻撃的なイメージなフロントバンパー、カーボン製リアウィング、リアバンパー、サイドステップ、各種カーボンパーツなどフルエアロにより、大幅にイメージを変えたエクステリアは、このBCNR33:GT-Rが只者ではないことをアピールしていました。
メカニズムもエクステリアに負けないようにチューニングされ、大型インタークーラーやコンポジットラジエータ、エキゾーストシステム、専用タービン、専用ECUなどで最高出力:400ps、最大トルク:42.8kgmを発生しました。

そして、この貴重なモデルが日本の中古車サイトにて、販売中なのです。今回、古車サイトにて販売中の「スカイラインGT-R BCR33」は、グランツーリスモとフォルツァ・モータースポーツが、有名なチューナパーツだけを取り寄せた僅か400台のみの内の1台となる希少モデルとなります。しかも、トミーカイラがラインナップするチューニングパーツを全て採用したカスタムモデルは、僅か34台のみと更に希少と言われています。

エクステリアデザインとしては中々にアグレッシブなスタイリングを持っていて、大型リヤウィングや青銅色の5スポーツ・ニスモ・ホイール、テールランプのブラックシュラウド、ユニークなレッドグラフィックスとカスタム外装パーツを装備しています。

パフォーマンスを向上させるために、特別なトミーカイラチューンによるターボチャージャー化やカスタムECU、新たなインタクーラーやラジエータ、ダクト、クラッチ、Ohlinsコイルオーバーサスペンションなども設定しています。

なお、価格帯しては約500万円と非常に高額ではありますが、海外での「GT-R」人気は相当に高く(ランボルギーニやフェラーリ、ブガッティと肩を並べる程)、恐らくこの個体も600万円以上の価値があるかもしれません。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。