【MINI エレクトリックコンセプト】フランクフルトでデビュー

この記事は2分で読めます

【MINI エレクトリックコンセプト】フランクフルトでデビュー

あわせて読みたい記事:【BMW i3】航続距離を大幅に伸ばした性能・グレード価格は?

あわせて読みたい記事:【BOLLINGER B1 ボリンジャー】EV仕様4WDモデル

あわせて読みたい記事:【ファラデー フューチャーFF91】最速の自動運転モデルの性能

「BMW」グループの「MINI」が8月30日に「MINI エレクトリックコンセプト」の概要を明らかにしました。実車は9月12日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される予定です。

「MINI」は2019年、市販EVをラインナップする計画ですが、「MINI エレクトリックコンセプト」は、この市販EVモデルを示唆したコンセプトカーとなるとのことです。「MINI」は2008年に、「MINI ハッチバック」ベースのEV仕様、「MINI E」を設定したことがありました。しかし、この「EVモデル」は試験車両的な意味合いが強く、航続や重量などの性能面に課題があったのでした。

しかし、この「MINI E」の技術が、「i」ブランドの市販EV『i3』の開発に生かされることになりました。「MINI エレクトリックコンセプト」のスペックは公表されていないものの、過去10年間で蓄積してきた「BMW」グループの電動車両のノウハウが導入されることは間違いないでしょう。

「MINI エレクトリックコンセプト」は、3ドアハッチバックボディとなっています。

エクステリアデザインで特徴的な六角形のフロントグリルは、空力特性を追求するために、閉じられたデザインとなっています。

これは、電気駆動ユニットが冷却のための空気を、内燃機関ほど必要としないためのようです。

また、このフロントグリルをはじめ、ドアミラーやボディサイド、ホイール、ルーフには、イエローのアクセントを配しており、「MINI」によると、これは「MINI E」を彷彿とさせるデザインとするものだということです。


「MINI エレクトリックコンセプト」:概要

  • 2019年の市販を予定する「MINI」の電気自動車コンセプトモデル
  • 同グループのBMWの電気自動車ブランド「BMW i」の技術を取り入れ開発されています。
  • 3ドアハッチバックボディを採用しています。
  • フロントグリルは空力特性を追求したクローズドデザインに
  • レーシーなサイドスカート、テールスポイラー、デュフューザー、19インチホイールを装備
  • ユニオンジャック アクセント LEDテールランプを採用
  • パワートレインには、MINIらしい”ゴーカート感覚”を楽しむことができる強力な電気モーターを搭載
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。