【ヤマハ(YAMAHA)】名車「SR」など9モデルが生産終了!

この記事は2分で読めます

【ヤマハ(YAMAHA)】名車「SR」など9モデルが生産終了!

あわせて読みたい記事:【ヤマハ RZ250改】 初期型4L3型カスタム仕様・スペック

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

ヤマハ発動機は9月1日、「SR400」や「ドラッグスター」、「セロー250」など、名車といわれている9車種の生産終了を相次いで発表しました。

生産終了が発表されたのは以下の9車種です。

  • SR400
  • セロー250
  • ドラッグスター400
  • ドラッグスタークラシック400
  • トリッカー
  • マグザム
  • VOX デラックス
  • アクシス トリート
  • BW’S

同日、公式Twitterとホームページにて発表された。ファンからは「古き良き思い出が消えていく」など悲しむ声や、「ヤマハどうした」と驚きの声も上がっている。ヤマハ」から下記のようなツイートが投稿されているようです。

本日は、ヤマハ バイク生産終了のお知らせを多数しました。欲しくてたまらなくなった方は、在庫を販売店にお問合せのうえ、お早めにお買い求めくださいm(__)m

いま所有されているオーナー様は、大事に乗り続けていただけると嬉しいです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

(出典:yamaha)

今回、生産終了が発表された機種の中でもっとも歴史が長いのは、名車:「YAMAHA SR400」です。

同機種は、1978年に“ビンテージ・アクティブ・カジュアル”をコンセプトに発売開始しており、2008年に販売30周年を迎えましたが、自動車排出ガス規制強化に対応できず、同年9月に一時生産を終了しました。翌2009年に排ガス規制に対応した設計を加え、販売再開しました。新しいSRにとって最大の変化は、フューエルインジェクション(FI)と排気触媒の採用です。厳しい環境性能が求められるなか、空冷単気筒4ストロークエンジンという、シンプルで普遍的なメカニズムを持つSRで走り続けるには、SRも進化しなければなりませんでした。しかしデビューから30年以上もの年月を経ても、多くのファンに支え続けられているSRの太い幹は変えてはならない。「SRであり続けること」。それが開発時のテーマでした。

販売当初から大きなデザインの変更がない、「ヤマハ」のロングセラー車種のひとつでした。規制に対応した新型車両が発売されなければ、約40年の歴史に幕を閉じることになります。

2015年7月に公布・施行された「バイクの排出ガス規制」強化により、国内メーカーの車、バイクのラインアップが大きく変化していました。

9月1日からは「平成28年排出ガス規制」対応適応となり、同日までに適応できない現行バイクは販売できなくなり、各社のモデルは岐路に立たされていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。