「KAWASAKI・750RS」 レジェンド・オブ・ゼット「Z」 

この記事は3分で読めます

「KAWASAKI・750RS」

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

「Z-2」「Z-II」「ゼットツー」「ゼッツー」。言わずと知れたカワサキが誇る日本の「レジェンド・オブ・ゼット」です。

正式名称は「カワサキ・750RS」そして、「Z750FOUR」です。

そして、モデル名の「RS」とは「ロードスター(roadster)」を意味し、当時のカワサキの4ストロークモデルのシリーズ呼称を指しています。

 

  • 「デビューを阻んだ規制」

kawasaki.nomaki.jp z2

(出典:http://kawasaki.nomaki.jp)

実は「Z-II」の登場は規制に阻まれ、カワサキが1972年に排気量903ccの「カワサキ・900 SUPER FOUR」である通称「Z-1」をデビューさせ、国内でも同様に「Z-1」を販売する予定でしたが、国内では750ccを超えたバイクは販売が許可されていなかったために、ボアをサイズダウンさせてデビューさせる予定でした。

しかし、結局のところボアとストロークを両方をサイズダウンさせ746ccとして1973年4月にデビューすることになりました。

また1973年モデルの「750RS」から1977モデル「Z750FOUR(A5型)」までの形式名が、「Z2」「Z-II」です。

1978年モデルの「D1型」からは、「Z750D」というのが形式名となっています。

 

  • 「スタイリングデザイン」

fuji.xsrv.jp z2fuji.xsrv.jp z24

(出典:fuji.xsrv.jp)

流麗なフォルムを持つタンク形状からテールデザインは美しくも頼もしいデザインで、そのデザインは後にデビューする「ゼファー」のモチーフになるほどです。

fuji.xsrv.jp z23fuji.xsrv.jp z22

(出典:fuji.xsrv.jp)

タンクやテールのカバーなど生産年ごとに「火の玉カラー」「タイガーカラー」「タマムシカラー」など、カラーリングも特徴的です。

マフラーも4本出しマフラーで「縦フィン」と呼ばれるマフラーは特にリアビューを引き立てるデザインです。

また「Z-IIテール」や「Z-IIミラー」など、「Z-II」専用デザインのパーツが現代でも人気を呼んでいます。

 

  • 搭載されたエンジン

fuji.xsrv.jp z21

(出典:fuji.xsrv.jp)

ベースモデルの「Z-1(903cc)」に搭載されていたエンジンは、ボア×ストロークが、66mm×66mmのスクエアエンジンです。

実は、このエンジンは排気量アップを1200cc程度まで上げることができるように設計され、技術的余裕を持たせていた耐久性に優れたエンジンでした。

この耐久性のあるエンジンをボア×ストローク「64mm x 58mm」へとサイズダウンさせて搭載しているのです。

そのため排気量746ccとし、空冷 4サイクル 並列4気筒 DOHC 2バルブのエンジンのポテンシャルはカタログでは、圧縮比9.0:1から最大出力69PS/9,000rpm、最大トルク5.9kgm/8,500rpmとなっていますが、チューニングの可能性は絶大だったのでした。

また、この「Z2」のエンジンには、スターターモーターとバッテリーや充電系の信頼性への懸念からキックスターターが装備されていることも特徴です。

 

  • 「Z-2」と呼ばれるモデルとは?

「750RS」

年式:1973年モデル

www.jtrade-inc.com z2

(出典:http://www.jtrade-inc.com)

  • 型式:「Z2型」
  • カラーリング:キャンディートーンブラウン「火の玉カラー」

 

年式:1974年モデル

www.bike-passion.net z2

(出典:http://www.bike-passion.net)

  • 型式:「Z2A型」
  • カラーリング:キャンディートーンイエロー「緑 / 黄」
  • 変更点:「ヘッドガスケットの2pc化」「タコメーター」にテールランプ、ストップランプの球切れ警告装置が変更。

 

年式:1975年モデル

blog.kcg.ne.jp z2ab

(出典:http://blog.kcg.ne.jp)

  • 型式:「Z2A後期型」
  • カラーリング:キャンディートーンスーパーレッド「茶 / 金」・キャンディートーンスカイブルー「青 / 金」
  • 変更点:「シールチェーンの採用」

 

  • 「Z750four」

年式:1976年モデル

blog.kcg.ne.jp z2a4

(出典:http://blog.kcg.ne.jp)

  • 型式:「Z750-A4型」
  • カラーリング:ダイアブラウン / ダイアダークグリーン
  • 変更点:「最大出力69PS→70PSへ」「フロントダブルディスクブレーキ」「エアクリーナーケースデザイン変更」「サイドカバーデザインの変更」「バッテリー搭載位置の変更」「インジケーター周りデザイン変更」「キャブレター変更」「スピードリミッター装備」「最高速180kmメーター」「テールライト大型化」「ハザードランプスイッチの装備」

 

年式:1977年モデル

blog.kcg.ne.jp z2a5

(出典:http://blog.kcg.ne.jp)

  • 型式:「Z750-A5型」
  • カラーリング:ダイヤモンドワインレッド / ダイヤモンドスカイブルー
  • これまでの「Z2型」「Z2A型」「A4型」「A5型」は、マイナーチェンジのために社内で付けられた機種コード、運輸省(当時)の自動車型式指定規則によって付けられた型式が「Z2」となっています。

 

「KAWASAKI 750RS(Z-II)」スペック

  • 全長 x 全幅 x 全高: 2,200mm x 865mm x 1,170mm
  • エンジン形式:空冷 4サイクル 並列4気筒 DOHC 2バルブ
  • ボア × ストローク:64mm x 58mm 
  • 排気量 / 圧縮比: 746cc / 9.0:1
  • 最大出力: 69PS / 9,000rpm
  • 最大トルク:5.9kgm / 8,500rpm
  • サスペンション(F/R): テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R): シングルディスク / ドラム
  • 乾燥重量: 230kg

 

  • カスタム「Z-2」

www.top-ehd.jp z2

(出典:http://www.top-ehd.jp)

www.bikebros.co.jp z2

(出典:http://www.bikebros.co.jp)

imp.webike.net z2

(出典:http://imp.webike.net)

mistyfamily.com z2

(出典:http://mistyfamily.com)

「GTO:鬼塚英吉仕様」

ameblo.jp kenji

(出典:ameblo.jp)

「あいつとララバイ仕様」

 

  • 現在の「Z2」の中古車相場

オリジナルもカスタムもカッコいいですね。さすが、レジェンド・オブ・「Z」です。

しかし、現在では転売目当てや「750RS」を始めとするZ系専門を謳うショップの乱立、またブームに乗ったメディア等への露出の多さから日本国内モデルの価格は高騰しており、程度の良い「Z2」なら200万円から300万円以上となっています。

特に初期型でオリジナルパーツが装着されていると、とんでもない価格になっています。

 

まとめ

カワサキのバイクといえば、「Z-2」と言えるほど、カワサキをはじめ多くのバイクのモチーフ、あるいは一つの基準になったバイクです。

「スタイル」「エンジン」「音」「カスタム」どれをとっても最高のマシンです。

多くの伝説を築いてきた『レジェンド・オブ・「Z」』は、永遠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。