【FIAドリフティングカップ】ドリフト世界一決定戦!概要・詳細

この記事は7分で読めます

【FIAドリフティングカップ】ドリフト世界一決定戦!概要・詳細

あわせて読みたい記事:【スクランブル(OVERDRIVE)】あらすじ・登場車種リスト

あわせて読みたい記事:【トヨタ スプリンタートレノGTV】 ドリキン(土屋圭市)仕様

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGT-R】ワイルドスピード仕様R34の価格

8月21日、文京区の護国寺で世界初の「国際自動車連盟(FIA)」公認ドリフト世界大会「FIA Intercontinental Drifting Cup」の概要発表会が行われました。

「FIA Intercontinental Drifting Cup」は、日本から世界に広がったドリフト競技を統一したルールの下で行い、世界一を決めるというもの。これはF1やWECなどを管轄するFIAが正式に公認した世界大会で、9月30日から10月1日、東京のお台場で初開催されます。

この「FIA Intercontinental Drifting Cup」のプロモーター権を獲得した株式会社サンプロスの齋田功さんは、冒頭の挨拶でFIA制作のビデオ映像を紹介。「この映像は、FIAが世界各国213の自動車連盟に配布したもの。ここでFIAは『ドリフトをみなさんの国でも始めませんか』と伝えています」と説明。つまりFIAはドリフト競技を入門しやすいモータースポーツカテゴリーとして普及を目指している、ということなのです。

FIAではパリの本部にドリフト部会(FIA Drifting Working Group)を設置し、世界大会の開催とドリフト競技の普及を真剣に考えているとのこと。

そのFIA Drifting Working Groupから代表のプラサアト・アピプンヤさんがFIAを代表しての挨拶。この中ではFIAがいかにドリフト競技に期待しているかが語られました。

そしてFIA会長のジャン・トッドさんのビデオメッセージも披露。これだけでもFIAが本気で取り組んでいることがうかがえます。

また注目の出場選手も発表され、15カ国から計26選手が参戦します。日本からは川畑真人選手、藤野秀之選手、齋藤太吾選手、横井昌志選手が参戦。

発表会には川畑真人選手と参戦マシンである日産GT-Rも参加。実は川畑選手はこのGT-Rとともに前日の20日にD1グランプリ第6戦エビスを戦ってからの発表会参加。

発表会後半にはゲストを招いてのトークショーも行われ、その中でドリフト競技の第一人者である土屋圭一さんは「30年前は『ローリング族』とか『暴走族』とか言われてニュースなどで(悪い方に)取り上げられていましたが、そこから2000年にサンプロスと一緒に「彼らを日の当たる場所に出そう」「モータースポーツとして認めてもらおう」とJAFに働きかけて2002年からD1GPを始めて、そこから17年かかってFIAにも認めてもらった。もうこれ以上の幸せはありません」とコメント。

またゲストとして参加した日産自動車商品企画部チーフプロダクトスペシャリストの田村宏志さんは「日産は過去にはこのジャンル最大のシェアを誇っていたので大いに期待しています」とコメント。

将来的には世界選手権も目指すという「FIA Intercontinental Drifting Cup」。その記念すべき第1回は9月30日から10月1日、東京のお台場特設会場。どんな戦いが繰り広げられるのか、今から楽しみでなりません。


「ドリフトの魅力とは?」

後輪からモクモク白煙を噴き出し、ハイスピードで車体を真横に滑らせすっ飛んでくるドリフト走行。いったいナゼそんな走り方ができるのか。

ドリフト競技で走るマシンは、エンジンの改造やより大きなターボの装着などで、どのマシンも裕に600馬力を越し、中には1000馬力以上というマシンもある。かの有名なスーパースポーツカーのNISSAN-GT-Rのノーマルが570馬力ということを考えれば、これがどれほどすごい馬力かおわかりだろう。

そんなマシンに履かせているタイヤは、市販されているハイグリップスポーツラジアル。つまり誰でも普通に買えるタイヤだ。とはいえ、一般のクルマにこのタイヤを装着してもグリップ力が強く、通常はとても滑らせる様なことをできるシロモノではない。いずれもメーカーを代表する最高のハイグリップスポーツラジアルタイヤだ。そこへドリフト競技車は、とてつもないパワーとスピードで、強烈にタイヤを滑らせていく。しかも、そんなマシンたちがテール・トゥ・ノーズでコーナーめがけ突入してくる様は、客席から観ていてもワクワク感とクラッシュ寸前のドキドキ感で鳥肌モノなのだ!

ドライバー達は皆スタートと同時にフル加速をし、少しでもアドバンテージをとり、加速状態でドリフト走行に持ち込む。これぞ非日常が生まれる瞬間だ。FIAドリフトはそんな非日常を誰でも体験することができるイベントなのだ。

(出典:fiadriftingcup.com)


「開催概要」

名称:FIA Intercontinental Drifting Cup(FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ)
開催日時:9月30日〜10月1日
開催場所:東京都・台場特設コース
実施内容:FIA(国際自動車連盟)が新たに承認したモータースポーツ「ドリフト競技」の初めての世界大会
公認:FIA、JAF
主催:株式会社サンプロス、FISCO Club


「出場選手」

“日本発”の国際大会に全15カ国から26名の選手が集結。日本からは川畑真人、斎藤太吾が登場!

ブラジル
C.Andre Silva(アンドレ・シルバ)
Brazilian Championship of Drift ’14 ランキング6位, ’15 ランキング3位

中国
Zhang Shao Hua(張少華)
Chinese Drift Championship ‘13 チャンピオン

台湾
Feng Jen Chih(馮仁稚)
China Drift Championship ‘11 チャンピオン

フランス
Mesili Sebastien(セバスチャン・メジリ)
Korea Automobile Racing Association IDC selection 1位

香港
Charles NG(チャールズ・ウン)
Chinese Drift Championship ‘13 ランキング3位

イラン
Shahab Pishani Dar(シャハブ・ピシャニダール)
Formula Drift Pro Championships in Iran ’10 to ’17 チャンピオン

イタリア
Guidetti Riccardo(ギデッティ・リカルド)
King of Italy Drift Match Verona race ’16 1位

Manuel Vacca(マヌエル・バッカ)
King of Italy Drift Match Verona race ’16 2位

日本
藤野秀之
D1 Grand Prix ’17 ランキング1位

川畑真人
D1 Grand Prix ’07, ’13, ’15 チャンピオン

斎藤太吾
D1 Grand Prix ’08, ’16 チャンピオン

横井昌志
D1 Grand Prix ’17 ランキング2位

韓国
Kim In Sung(キム・イン・サン)
Korea Automobile Racing Association IDC selection 2位

Kim Dong Wook(キム・ダン・ウ)
Korea Automobile Racing Association IDC selection 3位

リトアニア
Aurimas Bakchis(アウリマス・バッキーズ)
Formula Drift ’14 ランキン4位 ’15 ランキング5位 ’16 ランキング4位

マレーシア
Muhammad Zaiham Hamdan(ムハマド・ザイハム・ハムダン)
Federal Open Drift Challenge ’13 チャンピオン, King of Asia ’16 チャンピオン

Ser Meng Hui(セル・メン・ヒ)
D1 Grand Prix Malaysia ’06 Rd4 3位, D1 Grand Prix Thiland ’12 Rd3 2位

Djan Ley(ツンクー・ジャン・レイ)
D1 Grand Prix Malaysia ’06 チャンピオン, Formula Drift ASIA ’09-‘10 チャンピオン

ロシア
Georgy Chivchyan(ジョージ・チヴシャン)
Russian Drift Series ‘15 チャンピオン

Arkady Tsaregratsev(アルカディ・サレグラセブ)
Russian Drift Series ’13,’14,‘16 チャンピオン

タイ
M Auttapon(アタポン・プラコブコン)
D1 Grand Prix Thailand ’12,’13 ランキング3位

Chanatpon Kerdpiam(チャナッポン・ケードピアム)
D1 Grand Prix Thailand ’13 2位, King of Nation Thailand ’16 チャンピオン

Daychapon Toyingcharoen(デチャポン・トイングチャレン)
D1 Grand Prix China ’16 ランキング6位, D1 Grand Prix Thailand ’12 ランキング3位, ’13 ランキング4位

イギリス
Steve Biagioni(スティーヴ・ビアジオニ)
King Of Europe ’13 チャンピオン

アメリカ
Michael Essa(マイケル・エッサ)
Formula Drift ’13 チャンピオン

Matt Field(マット・フィールド)
Formula Drift ’16 Texas and Irwindale 1位


※エントリーリストは暫定です


「FIA Intercontinental Drifting Cup イメージガール」

白いワンピースは鈴菜さん。SUPER GTではグッドスマイル 初音ミク AMGのレースクイーン「2017レーシングミクサポーターズ」を務めるだけでなく、海岸の保全などを目的に活動する「2017年なぎさイメージガール」としても活躍しています。

鈴菜

height:168
bust :80
waist:56
hips:88
shoes:24.5

Career

資格
・赤十字水上安全法救助員Ⅱ(ライフセーバー)
・PADI ADVANCED OPEN WATER DIVER

2代目2017年なぎさイメージガール
2代目なぎさイメージガール
京急スポーツフェスタ!ビーチバレーボール大会イメージキャラクター
FIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップイメージガール


イメージガール
・2017年なぎさイメージガール
・FIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップイメージガール
・SuperGT GSR&team UKYOレーシングミクサポーターズ2016〜2017
・京急スポーツフェスタ!ビーチバレーボール大会イメージキャラクター
・枻出版社 「クラブ・ハーレー」イメージキャラクター

TV
・CTC 「元木大介がセレクト!隠し球企業2017」レギュラーMCアシスタント
・日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」
・フジテレビ「キスマイBUSAIKU!?」

ショー
・ 2017 Ai Swimwear Collection
・「KID Group 2016」ヘアショー
・photo next2016 HASSELBLADモデル
・Up Style Hair Collection2017
・DREAM PLUS 2017『ALORT』宮村浩気氏 ステージ

雑誌
・枻出版社 「クラブ・ハーレー」2017年8月~
・集英社「週刊プレイボーイ」グラビア
・三栄書房「ギャルズパラダイス」2017年6月23日号表紙・巻頭グラビア

WEB
・カメラマン荻庭桂太氏監修WEBマガジン「Your Eyes Only」掲載中
http://keitahaginiwa.com/
・カメラマン魚住誠一氏オフィシャルWEBサイト「Model Talks」掲載中
http://www.zoomic.jp/

その他
・納涼船イベント一日船長
・江の島東浜海水浴場1日親善大使

(出典:EYES INC)

 

黒いワンピースは太田麻美さん。2015 ZENT sweetiesとしてSUPER GTで活躍。今年はレッドブル・エアレース・ワールドシリーズ 2017年千葉大会でエアレースクイーンとして「フランソワ・ルボット(No.12 FLV レーシング チーム)」のチームガールを務めました。

太田 麻美

height:170
bust:85
waist:58
hips:87
shoes:24.5

Career

FIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップイメージガールに決定LEON RACING LADY 2017に決定
『LEON RACING RADY 2017』
zoomic.jp魚住誠一オフィシャルWEBサイト「Model Talk」掲載中
『Model Talks 「太田麻美」vol.1』


イメージガール
・FIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップイメージガール
・LEON RACING LADY 2017
・RIZINガール2016
・SuperGT ZENTSweeties2015

TV 
・フジテレビ「キスマイBUSAIKU!?」

雑誌
・BLENDAモデル2012〜
・Edgestyle2013〜 
・Fine
・VIVI109book
・tity&Coヴィジュアルプレス

WEB
・MUSE&Co.ファッション通販サイト
・zoomic.jp魚住誠一オフィシャルWEBサイト「Model Talk」掲載中
『Model Talks 「太田麻美」vol.1』


ショー
・2017 Ai Swimwear Collection
・「KID Group 2016」ヘアショー
・DREAM PLUS 2017『ALORT』宮村浩気氏 ステージ

その他
・ミスユニバース東京⼤会2015ファイナリスト

(出典:EYES INC)

まさに世界大会にふさわしいお二人。

この二人が9月30、10月1日に行われる世界初のFIA公認ドリフト世界大会「FIA Intercontinental Drifting Cup」をアピールしていきます。当然大会当日も大活躍することでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。