【西部警察】R30型スカイラインRS-3(情報分析):スペック

この記事は3分で読めます

【西部警察】R30型スカイラインRS-3(情報分析):スペック

あわせて読みたい記事:【スーパーZ(S130Z)】 西部警察:大門専用車両のスペック

あわせて読みたい記事:【西部警察】R30型スカイラインRS-1(指令車両)のスペック

あわせて読みたい記事:【西部警察】R30型スカイラインRS-2(情報収集):スペック

1980年代の刑事ドラマにおいて人気を博した「西部警察」は、登場するスペシャルマシンにも注目が集まりました。大門軍団の特殊車両は、当時人気だった「DR30型:スカイラインRS」シリーズをカスタム。この「スカイラインRS」は、「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」以来のサーキットへのカムバックした「スカイライン スーパーシルエット」が非常に大きなインパクトを与え人気となったモデルです。その「スカイラインRS」を「RS軍団」としてカスタムしたのが「RS-1」「RS-2」「RS-3」です。今回、紹介するのは、情報分析車の役目を持つ「RS-3」です。実は、この「RS-3」は、「RS-1」、「RS-2」はブランニューで開発されたのに対して、「RS-3」だけは「西部警察 パートII 第5話:ニューフェイス!! 西部機動軍団」で「スーパーZ(S130型:フェアレディZ)」と共に登場した「マシンRS」を改良して仕上げられているのです。主に運転席に北条卓刑事を演ずる「御木裕」氏、後席には平尾一兵刑事を演ずる「峰竜太」氏のコンビで乗ることが多かったマシンです。


「西部警察 RS-3:エクステリア」

  • (出典:autoc-one.jp)

「RS-3」のベース車両は「RS-1」や「RS-2とは異なり「マシンRS」の改良モデルということもあり、「FJ20E(NAモデル)」型エンジンを搭載した「スカイラインRS」です。エクステリアは、「マシンRS」時代は比較的シンプルな仕様だったものの、「RS-3」化に伴って「FET極東(エアロクラフト)」、「オリジナル」、「AD three」のコーディネイトによるエアロパーツや大型パトライトなどを装着しています。基本は「RS-1」、「RS-2」に準じたデザインとなっていますが、細部を見るとモーターで開閉可能なエアスクープや同じ「FET極東(エアロクラフト製)」ながら形状の異なる「リアスポイラー(1ピース)」やフェンダープロテクターレスなど、随所に「マシンRS」時代の面影も残されたエクステリアとしています。タイヤ&ホイールは、「西部警察 パートIII 第16話:大門軍団フォーメーション」では、「マシンRS」用のゴールドのAMEホイールに15インチタイヤのままだったものが、すぐに「RS-1」、「RS-2」と同じ16インチのエンケイ製のメッシュ4に変更されました。タイヤは205/55R16と同サイズながら、「RS-1」、「RS-2」のブリヂストン・ポテンザRE91ではなくアドバンHFタイプDを装着しています。さらに「RS-3」のみ「レッド/ブラック」の2トーンカラーにオールペイントされているようです。元色は「ガンメタリック/ブラック」の2トーンカラーのようです。これはTV放送で乗り降りのシーンを注意深く見ていると、ドア開口部の色が違うことが確認できるようです。当時の関係者によると、製作時にクルマの手配が間に合わなかったためだと言うことです。


「西部警察 RS-3:インテリア」

  • (出典:autoc-one.jp)

インテリアは基本的には「マシンRS」からの変更はないようですが、このモデルのみ後付けのパワーウィンドウが装着されています。前後にコンピューターを搭載していることから、「RS軍団」の中では最もハイテク感が強いマシンとしています。フロントには「特殊無線機」や後席コンピューターにアクセス可能な「ドライブコンピューター」を搭載しています。また「サーチライト」や「ビデオカメラ」は、初代特別機動車両「マシンX(スカイラインジャパン)」から受け継がれたアイテムでもあります。

  • (出典:autoc-one.jp)

さらにTV放送では一度も使われることがなかったものの、助手席に「ハンマー」と「レスキューキット」が内蔵されています。「情報分析車」ゆえに、後席の「コンピューター(東芝製)」は「スペクトルアナライザー」や「声紋分析」、「自動車総合管制システム(ナビゲーションシステム)」などを搭載しています。そして、細部のアイテムはエクステリアのパーツ同様に旧「マシンRS」時代から受け継がれており、ナルディ製ステアリング、フロントシートはケーニッヒ製のリクライニング式シート、リアはコルビュー製の一体式シートを搭載しています。


「特殊装備:使用例」

「西部警察 パートIII 第47話:戦士よ、さらば…」では、本庁から盗難されて悪事に使われたマシンXの自動運転制御を解くために、「RS-1」、「RS-2」、「RS-3」連携によるパスワード解除時も、「RS-3」の分析能力が活かされていました。


「西部警察 RS-3:ポテンシャル」

パワートレインは「RS-3」のみベースモデルが自然吸気エンジンの「FJ20E(150ps/18.5kgm)」型を搭載しています。専用チューンにより最高速は250km/hとターボエンジン搭載の「RS-1」、「RS-2」に引けを取らない設定となっているものの、実際には「NA仕様の排気量:2,000ccのままでは現実的には厳しい」との事のようです。さらに「RS-1」、「RS-2」のパワートレインは点火系以外にカスタムされている箇所はありませんが、「RS-3」のみ「等長エキゾーストマニホールド」と「スポーツマフラー(ANSA製)」が装着されています。


「西部警察:スカイライン RS-3」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4.595 × 1.665 × 1.360mm
  • エンジン型式:FJ20E
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 等長エキゾーストマニホールド装着、スポーツマフラー装着
  • 最高出力:150ps / 6.000rpm(ベースモデル)
  • 最大トルク:18.5kgm / 4.800rpm(ベースモデル)
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク
  • ホイール:エンケイメッシュ4
  • 最高速度:250km/h アフターバーナー作動時(ベースモデル:212km/h)
  • 車体重量:1.325kg
  • 主要装備:情報分析コンピューター、特殊ビデオ装置、レーダー装置

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。